オフロードバイク+++上上

ココはもう寒いっすわツー

「もう秋だなぁ。」というような文章を

ブログに3度も書けば1カ月は経過しているものですね。

山の上の寒さは一桁。我慢できる限界に近付きつつあり

冬の到来を告げていました。

1111_20171002222525632.png 
<どうだ!?ニューマシン>


かすにんです


手負いのKTM250EXCはとりあえず放置して

KTM125EXCを担いで向かうのは日本の山。


総勢12名の大所帯になりましたが、久々に見る顔もあったりして( ^ω^ )

ホッコリたのしいツーリングになりました。

てんやわんやでも、私は元気です。

すみません、忙しすぎて今週は軽レポです



4輪レース業界への道をあきらめた

かすにんです


Fは面接落ち、D選手権もダメだったよ( ・´ー・`)




先輩が自〇してしまいてんやわんやな平日ですが

先週の土日はDとFに走りにいってきました。土日です。


KTM125EXCと250を引っさげて、復活の狼煙をあげよ!!ってかんじで。

でもね、KTM250EXCが「また、キャブが被る」症状がでたのよ。


KTM125EXCも完璧だが台風

この3連休は台風が丁度通過するタイミングになってしまい

会社の休暇も組み合わせた4連休なのですが思うように走れない・・・( ・´ー・`)クスン

P_20170915_230759_vHDR_Auto.jpg
<windowsの壁紙みたい・・>


かすにんです



いつものメンバーと三連休を走り切る予定もありましたが

台風が直撃ということで予定はキャンセルされたので

この週末を家族サービスに使うことにしました。

福島の実家まで家族を連れて行って墓参りをして・・・結構疲れました。

KTM250EXCが治った( ^ω^ )ニッコリ

土曜日にKTM250EXCの半日稼働テストを行いました。

P_20170910_193933_vHDR_Auto.jpg 
<KTM125EXCのレリーズも届いた!!でも今日は組付けられない>


かすにんです



結論から言うと、クランクシールの交換は必要無かったんじゃないかと

思っているところもあります。(パワーがあがったと感じられないから)
1111_20170910195649bf0.png 
<テストはK山で。倒木整備に精をだします。>

しかし、キャブレターのフロートのセッティングを誤ると

クランク内にが生ガスがはいって・・・ということを体で学び

キャブレターのセッティングについて

まじめに考えるいい機会になりました。


今ではシールの交換もドンとこいです!!( ・`д・´)b
1111_2017091019583020c.png 
<turingさんと久々に会う。オフ啓蒙ご苦労様です(`・ω・´)シャキーン>


さぁ、次はだれのシールが抜けるかな!?

予備パーツは豊富ですぞ(笑




山価格で儲け、それを元手に会社を興すか・・・( ˘ω˘ )Zzz


そんな夢を見ながら

つづく

この週末は・・・30%

私はまだ、2段階の変身を残しています。

P_20170903_061346_vHDR_Auto.jpg 
<これは250>

かすにんです


この週末、

モンド・モトさんから受け取ったKTM125EXCをハイエースに乗せて

遠く、高速片道5000円以上の場所へ行ったのですが

これは私の判断ミスでした。



バイクを受け取った時に

「オイル漏れが止まらないんだよね」と言っていたクラッチレリーズ※が

ますます深刻になっていたという事実を

走りたい気持ちで上書きして、見なかったことにした。

都合よい未来を想像してしまいました。

  ※注意:安く済ませるために、傷ついたパーツを流用したものです。



結果、午前中で帰る羽目になりました。

クラッチレリーズのシリンダー内側まで続いた亀裂が

「正しい位置にボルトを締めなおした反動で亀裂が広がる」という事態になり

ピストンのシールごと壊れてしまいました。


自業自得ですな。


でも、午前中を走ったフィーリングでは

KTM125EXCは明らかに低速トルクの盛り上がりを取り戻しており

クランクシールおよびベアリング交換の効果をひしひしと感じることが出来たので

まるっ!!