オフロードバイク+++上上

のりさん・にゃださんツー@埼玉!!!

トランポの中に差し込む光で目を覚ますと、ちょっと頭が痛い・・・

昨日の夜の余韻に苦しみながら、2日目スタートです。



かすにんです


RIMG0002.jpg

みんな早起き!どうやら昨日の夜の疲れは残ってないみたいですね(^^;;;

けど、いま朝の六時やでぇ・・・




早朝一発のブリブリを終え周りを見渡してみると、

昨日の夜からメンバーが増えているようです。


昨日からの宴会メンバーは7名

のりさん mちんさん さとやん HARAさん 石○(仮)さん あくりさん 私、

 

夜間到着のメンバーは6名

ちぇいさん、ジクリバーさん、クワトロさん にゃんださん きむ吉さん ヨシボウさん



全部で13名!?

いやぁ~~スゴイスゴイ

普通の週末なのに、集まったねぇ~(^^;; 

それだけ家庭に居場所が無い男たちがこのツーリングに期待が集まってるんですね!


流石倫友です!!



ところで、いつものメンバーなのに見慣れないモノが置いてある事に気づきました。

どうやらmちんさんの新兵器のようです。ぴかぴかな車体が謎のオーラをかもし出しています。
RIMG0005.jpg

早速クワトロさんが視察www

XRにゾッコンなのに他のバイクに興味津々な所は、男のサガな訳で(^^;;;

私もコソコソ敵情報をGETします(^^;;;








ふむふむコイツがフサベルTE250か





100kg台の車重!?

               ・・・ま、こっちは90kg台ですから、若干有利ですぞ(--;;;




2st250ccですと!?

                ・・・馬鹿なっ、125ccで怖い位なのにソコまでのパワーが必要なものかっ!!



サスペンションはWP製の前後、その他の装備はKTMと同じか・・・うーん手ごわそうだ。

今、ネットで調べてみるとタイヤの太さにも違いがあるし、本当に戦闘力がありそう。




こうして見ると、コンパクトなボディの感じはそのままなので

125か250かって、判断しにくいですが

チャンパーの太さがちょっと違う、ラジエータの大きさがちょっと違うので見分けられそうです。

今日の走り、楽しみにしていますよ!!




さて、全員準備万端。予定時間に出発
RIMG0007.jpg




昨日の夜から雨が降っていないので、移動区間のアスファルトは完全にドライ。

ただ、森の中には昨日降った雨がしみ込んでいますから、

昨日の走行と同じようには走れませんでした。

なんとなく、車体が左右にふれる気がする、横に流れる気がします


CIMG1818.jpg


これって昨日の酒が残ってるって訳じゃないよな~ とか考えながら(^^;;;


ちょっと慎重に走っていると、後ろから煽られまくりwwww


うっきゃー、結構土質になれているからペースは保っている気がするんだけど?

流石のこのメンバーは容赦ねーやwww



昨日と殆ど変わらないようなペースでガンガン進む一行。最初の難関に到着です。

この場所は、危険度は全く無い単なる林道ですが

今日のコンディションだと最悪な状況が想定される、苔むす岩肌です。


CIMG1824.jpg

私の前は2台。

ノリさん、これはかなり前に前に走って行ってよく見えませんが軽くクリア!

さとやんも続きます

速度が一度落ちるけど、止まらず粘る。タイヤと両足を使って、上手いなぁ。


そんで持って私。


アクセルは開けるけどすぐ閉じて、滑る路面の薄いトラクションをかき集めるように走ってクリア!

MX31は良いねぇ 少しでも岩肌に取っ掛かりがあったら噛むから

全く進まないと言うわけではない。 この微速でも進み続けるところが大切だね。

KTM125EXCにとって、完全停止状態からの発信が一番難しいからね~!



その後も次々とメンバーがアタックして、時には押して、全員クリアしました!!
CIMG1820.jpg
<ふひゃー 息が上がります!!>


先に走りぬけられたので、メンバーの走りを確認できたのですが

mちんのフサベルって

あまりエンジン回転数を上げないでもスイスイ上がってゆけるのね。

コレが250cc・・・これが連邦のモビルスーツかっ!!



低回転からトルクがあるから、いろんなシチュエーションから加速へと繋がるようで

見ていて乗りやすさを感じました。


KTM125excの場合はハンクラを使ってやんわり出発しなければならないのにな・・・くそぉ(--;;






押しの入ったメンバーのペースも考えながら

休憩と歓談もツーリングの楽しみの一つです。

CIMG1930.jpg
<汗で酒が抜けるーーー調子が上がってきたwwwww>

久々に会ったメンバーもいて、互いの近況と

ちょっぴり豪華になったバイクの自慢とか?で盛り上がります。

新型バイクを見ても楽しいけれど、今なお色あせないXR250Rには感心するばかりだし

WR-Rのポディションって、絶妙なんだなって話になりました。


CRF-Lが発売されたけれど

「何をするための、どんな人に向けてのバイクなのか」をハッキリ打ち出さないと

駄目な気がしましたね。

オフばっかり乗っているウチのメンバーでさえ


「アレを持ってたら何をしようか」という問いが・・・疑問になっちゃってましたから。



HONDA頑張れ!!




休憩を終えて走りだすルートは、本日スペシャルな場所。

のりさんに案内されたルートはシングルトラックを突き進む系のルートでした。


じつは私、数ある苦手の中でも

枝葉の多い場所を走るのはペースが上げられない苦手シチュエーションなんです(><;;


理由は多々あるけれど、KTMのハンドル幅が広いから

迫っている枝葉にハンドルガードが当たっちゃうのデス。



もちろん、竹ぐらいなら当たっても車体が振られる程度ですが

木に当たったときはね・・・大変でしたよ(^^;;;;



CIMG1904.jpg
<ちょっとした枝なんてウィリーでクリアさ!!>



そんな中、ペースを上げるてくるのが

本日2台目のニューマシン、GASGASランドネです

CIMG1848.jpg
<見慣れないアクション、派手な動きは無いが、トコトコ着実に止まらず走破する。>

ややアタック多目、油多目の林友ツーリングにおいて、

このマシンこそ最終兵器と言えるであろうランドネ

この車両は、トライアル車両を公道に持ち込んだという表現がぴったりなマシンです。



出発前に試走させて頂いた際には、

さとやんさんのTLRに近い感覚にフロントタイヤ?スロットル?が

ちょっと滑らかになったような乗りごごち+パワーという感覚を受けました。


シート・ステップの位置などは長距離ツーリングには向かないが

そもそも林友ツーリングは森の中のため、マイナスポイントにならないので

用途もバッチリハマっている様子。



それに、地味だけど軽い。ハンドルの切れ角が多い

これらが藪を縫うようにして走る際に大きなアドバンテージになっているようです。




コイツは林道ツーリングに対してのGASGASからの回答です。

我がKTMからの回答はあのバイク・・・誰か早く持ち込んでくださいね!!(^^;;;







さて、アタック箇所をめぐるように走り続けて数時間。

二日目と言うこともあって

体力がそがれ、ヘルプに行く足取りが重くなって来ました。


暴れ、滑るKTMを押さえるのも止めて、だらだらとこなす走りになってきた私ですが

こういう時間帯からハッキリとした走りの差が出てくる方々が居ます。


バイクに人間が勝ってる系の方々です。(私の勝手な呼び方です)



どんなバイクであっても、操作するのは人間だし

コンペじゃない林道ツーリングにおいては、性能の上限を決めるのも殆どが人間です。

シッカリとした操作を正確に、時にアグレッシブに。

長時間バイクの性能を維持し続けることを可能とするライダーはそう居ません

  CIMG1912.jpg



ツーリングが終って、動画を見ていてもわかります。

難所でもステップに足を乗せ続けているとか、変に前かがみになってないとか。

言うのは簡単だけど、高いハードルに感じます。


きっとこういうライダーが大きな怪我をせず楽しく走り続けることが出来るのでしょうね・・・

バイクを趣味にするなら、本当に大切にしたいところです。















・・・。


RIMG0026.jpg








・・・ ・・・。 


ss.jpg



だ め だ こ い つ ら 早 く 何 と か し な い と 。







---ヤンチャなだけだった   orz


無限のHPによって、アタックポイントでのチャレンジ回数、数知れず。

見ている私たちの方が疲れている不思議

ついてゆけましぇ~~ん゜(゜´Д`゜)゜

けど、おかげで良い写真が沢山取れましたヨ


私の腹回りの贅肉と、彼らの筋肉を是非交換して頂きたいです。






きむ吉さんがエアリアルを決めた広場で昼休憩を終える頃には、

アスファルトも、林道も、割りとシッカリとした手ごたえに変わって来ました。


午前中の走りを見たのりさんは、

このペースなら逝けると判断したようで

玉埼のポーイーントのアータックで、今日のバンメーをベーコベーコにする事に決定したようでした。

  12-22-garasu2_20120609165422.jpg







最初のアタックポイントはモンヒルです。

モンスターヒルって事らしいです。ただ、例によって写真でご紹介することは出来ません(^^;;



私はこの場所は3度目にあたる(先見、土曜、日曜)のですが、

今まで一度も上りきったことがありません。 OTZ




にゃんだ隊長曰く、「登れないのは仕方ないね、コンディションや~ね」


      ちぇい氏「そすっか(・・・ホッ)」
      HARAさん「ふぅ・・」
      きむ吉さん「ぬぅ・・・」
      石○(仮)「むむっ」
      ヨシボウさん「はぁ~」
      あくりさん「へー」
      ジクリバーさん「パワーが・・・」
      かすにん「まぁ・・・ね」



    にゃんだ隊長「僕は登ってるけどねw」



ちぇい氏 HARAさん きむ吉さん 石○(仮)さん ヨシボゥさん あくりさん ジクリバーさん かすにん
            「オラたちのことかー!!!」
     




モンヒルは一回/一人だけ。

そんな話があった事も忘れて、各人チャレンジを繰り返します。


しかし、既に体力が無い私は、足プルプルで即効ダウン。

その後ろを爽快に駆け上ったクワトロ氏

  トラタイヤは不利な状況だった筈だろーーー
゜(゜´Д`゜)゜

でも、粘って粘って・・・上まで行っちゃいました。


本当に上手い。 

止まりそうな速度でも、足・腰・タイヤ・・・XRとシンクロしているよ。

もうちょっと荷物積んでハンデつけよう、ね?







続いてさとやん!・・・も、登る登る登る登る!?





登ったーーーーーーーーー
(怒   


なぜだーー


神よぉぉぉーーーーー
(涙

WR-Rってそんなに粘るんかぁぁああい。 バランス取りが上手すぎるww





これを追うように、ちぇいさん!!






一度XRの加速具合と間合いを確認して・・・


登る?

登ってしまうのか!?しまうのか!?





一段目を超えたところで失速ゥゥゥ---




  aaaaa.jpg

ようこそ、地べたへwww  <(^Д^)> ナカーマ






倫友メンバーの度重なるチャレンジ・・・それゆえの斜面の荒れ。

このあたりからリアタイヤが土で埋まってしまう程となってきました。

登坂に失敗してもどる足取りも緩々で




---って、この段階から


ちーーん!!
(フサベル用特別カラーでお送りします)
      だふぁせ


物凄いパワー。物凄いパワーだってばよ!!


KANさんのご友人からGASGAS 300cc 2stの話をご友人から聞いていましたが

大排気量2stは前に滑るように走るんだ。

パワーバンドに入ると失速が無いんだ。

ぐぎぎぎぎ・・・ 岩場に行けば岩場に行けばぁぁぁあああ”あ”あ”





むぅ・・・あやつらは肛門様などではない

曲者じゃ!であえ、であえーーー!!

   CIMG2083.jpg


速度十分、角度OK、体力100%できむ吉さんが飛び出しました。

ブルジョア連中には負けられない。

エログランドのケツにパイルダーオンですぞ!!






2速ホールド?で一つ目の坂を上ったけど、勢い余ってリアが振れる



振れる                   



                      ・・・・けど耐えた!!




すぐに1速にチェンジ


アクセル全開!


       中腰のまま登る、登る、、るる、、、る、、、、るーーーー!!!





あと数メートルの場所まで行きましたが、

路面の影響を受けて?木々を避けようとして?


とにかく、左に車体がそれて転倒。


僕らの夢は破れました・・・OTZ






意気揚々と坂道を降りてくるXR、のんべぇ、王室御用達を眺めながら

次こそは・・・と、にゃんだ隊長越えを心に誓うZ戦士たちでした。




ただ、まだあと一つ。あと一つスポットがあるのです。


うへぇ~~~
(体力が0で引きづられてイル気分www)





今度のヒルは、スパヒルです。

ココもまた、私は2回目のチャレンジなんですけど

体力が続かんて、早々にギブアップ




サーセンwwwwwホント。ごめんなしゃーい(><;;;

足に。腕に。首に。 全てにトドメが刺さっていました。



念のため(マシン的に、路面的に楽な可能性を考えて)登坂を試みたけれれど

案の定、助走の段階でリアタイヤが左右にふれてトラクションを生みません。


こんな時、たけオヤジさんだったらーーー

こんな場所、まんぐたんならーーーー


同じスペック(私の方が有利だけど)を持つ林友メンバーの攻略方法を想像して

二度目のチャレンジを行いますが、

だめでした





加速区間である中間ポイントに立って、上を見上げると

モンヒルを制覇したメンバーがカメラを構えている姿が見えます。

悔しい、

悔しい。。。。





けどさ、仕方ないよね。


今の私にはタイヤが駄目なんだろう。


1日目でタイヤを使い切ったからトラクションが生まないんだよ・・・。




ションボリしたけれど、心を切り替えて次のメンバーのアタックを見るようになりました。








トトト・・・・     キュッ






4stのキレイなエンジン音が、断続的に発生しては止まる。

そんな音から私と同じような境遇にいるのであろうメンバーが

中間地点を目指しているのが判りました。


ちぇいさん、HARAさん ヨシボウさん、ジクリバーさん 皆さんが上がってきます。



さらに後ろにはジムニーが15台いますwww



息を整えながら、バイクを降りた私は

皆と歓談しながら、ジムニーの頑張りを眺めていました。



心は、ツーリングはココで終わりだと思っていたのだと思います。




転倒した彼らを引っ張り上げたあと

しばらくの間、ジムニーを眺めていると

のりさんが下ってきて一言



ちぇいさんが登ったよ
 って・・・







正直、本当に、驚きました。



私は、彼の一回目のチャレンジを見ていて

音が登坂途中で途切れたから失敗したことを知っていました。そして戻って来るところも見ました。



けれど


彼はあれからチャレンジを繰り返していたそうです





早々に無理だと判断して

チャレンジをやめた私。



登坂を信じて、試行錯誤した彼。





思いは成果につながり、結果、手の届かない場所へ行ってしまいました。






2度も登った坂なのに、


今は山頂がどんな景色だったか思い出せません。




どんなコンディションでも持てる力の100%。

分母が削れても良い、その時の100%。 もしかしたら120%。


それが結果に繋がるし、そうしないと前に進めないことを感じました。






スパヒルを下った駐車場で、フツフツと煮えた私の脳が出した結果は

帰り道の残りの林道で、120%を出すことでした。





結果は皆さんの知っているとおり、師匠アクリさん(セロー)にちぎられるものでしたが

指先まで攣りながら走った区間は

今日学んだ事が確かにあって、また一つ早くなれたと確信するに足る物でした。


   ※師匠アクリさんはクワトロさんと同レベルのスキルメンバーだよ!!すごいよ!!
    あと、DQNの私から見ると、人として学ぶことが多いお方です。







トランポまで戻る道すがら、

ちぇぃさんがマフラーを落とす体を張ったギャグを見せましたが(^^;;

100_0240.jpg



今日のヒーロー

かっこよかったです。













のりさん・にゃんださん埼玉ツー

楽しかった。満足した。・・・そして、気づかされました。


CIMG1946.jpg

ここで気づけてよかった。

いつでもチャレンジャーであること、大切です。






これからアクリ師匠とクローズドを走ったり林道を走ったりしたいし

これからも林友メンバーとツーリングへ行きたい。

でも、

いつでもミンナで盛り立てよう、励ましあおう。

そして、

チャレンジしよう。自分に。







                                    つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

よし! 合格じゃ!!

ちなみにオラのタイヤは去年の秋の長野タケボッチツーから履いているタイヤじゃよ。

山なくなって来たよー 怖いよー クソハイパワー


m珍 | URL | 2012-06-09 (Sat) 21:36 [編集 ]


「悲しいけど、これが淋友(漢字違う?)なのよね~!!」

と、スレッガー中尉が言いました。ガンダムネタありがとう。オイラのシャア専用XRも喜んでいます。

昔は白タンクで連邦側でしたが、不慮の事故で割れたため、今は赤タンクのジオン側に寝返ってます。タンクからガソリンが噴き出す姿は、もう見たくないです。

オイラも五分山くらいのタイヤです。ダート重視のMX71だけど、かすにんさんが31をステマするんで、51を買ってみようと思います


体力が折れるか、心が折れるか。どっちが先に折れるのか、これって重要だよね。経験から言えば、先に心が折れます。

体力が先に折れたのなら、まだまだ頑張れると思うよ。メンタルはなかなか鍛えられないから。

また、リベンジしにおいで。天気が安定する秋から初冬は狙い目です。

長編ツーレポお疲れ様でした。オイラは明日から沖縄に行ってきます

のりを | URL | 2012-06-09 (Sat) 23:42 [編集 ]


No title

今回のプログ(報告書)は気合いが入ってます。
いなくとも、感じてきます。仕事中考えたな!

2stは元気で走るもんです。
気合い一発

たけオヤジ | URL | 2012-06-10 (Sun) 01:47 [編集 ]


No title

>mちんさん
合格ありがとうございます! 
土曜日まで仕事だったけれどちょこちょこ書き溜めていました。
待たせた分、ボリュームがあるので許してください(^^;;;

#ちなみにオラのタイヤは去年の秋の長野タケボッチツーから
#履いているタイヤじゃよ。

えーー!?そうだっけ、結構山があったよねっ。



>のりさん
ノリさんのおかげで楽しく走れました。改めてありがとう。

#オイラも五分山くらいのタイヤです。ダート重視のMX71だけど、
#かすにんさんが31をステマするんで、51を買ってみようと思います

全然話し聞いてないよね!!!31だよ31wwwwww!!
100%さとやんのタイヤ見てるじゃん゜(゜´Д`゜)゜


#リベンジしにおいで。天気が安定する秋から初冬は狙い目です。

嫌がられても行きます。GPSでルートも取ったしね!?
そうそう、のりさんへ返却するのこぎり買いました。だから買わないでね。
100円ショップじゃないから、良くきれると思うよ!


>たけオヤジさん
#いなくとも、感じてきます。仕事中考えたな!

バイクが忙しくて仕事が手につかない、そんな状況ですね(^^;;;
2stらしく走られられるよう、体力をつけないと駄目そうだわーー

かすにん | URL | 2012-06-10 (Sun) 16:17 [編集 ]


No title

ツーレポおつかれさまです!

ヒーローだなんて(*^_^*)
スパヒルはまぐれで登れただけですよ(>_<)

今日とれたマフラーも溶接してなおしました(^-^)

ちぇい! | URL | 2012-06-10 (Sun) 20:39 [編集 ]


No title

お疲れ様でした( ´ー`)!
丹念なツーレポ!見事!
吾輩のツーレポ集からリンクさせていただきますね(´ε` )

さとやん | URL | 2012-06-10 (Sun) 22:14 [編集 ]


No title

 トルク不足感じるなら

 迷わず行けよ150

 上のみ交換ね

 キャブセッティングのみで対応可能な筈

 ハスク125はオプションで150キットあるし

 普通だよ


 廊下で寝てしまった 頭 イタイ ・・・



mちん | URL | 2012-06-11 (Mon) 00:10 [編集 ]


>ちぇいさん
まぐれじゃないよ、やっぱり実力。
バランスとるの上手いって、
もっとまえから皆いってたもんね!

次からは、私も頑張りを見せますヨ

>さとやんさん
アザッス!
まぐれで登ってゆけない事、よ~分かりました。
51履いたWR-R、あるんで、違いとか見てみようと思います。

かすにん | URL | 2012-06-11 (Mon) 07:06 [編集 ]


>mちんさん
150かぁ、、、
またパワーに翻弄される可能性があるから
今はちょっと。けど、良い感じのレベルアップですね。

かすにん | URL | 2012-06-11 (Mon) 07:10 [編集 ]


No title

先日はお疲れ様でした。

ツーレポ大変面白いです。
なんだか、凄く良く書いてもらってるんで恐縮です。
私なんかまだまだですよ。もっとスマートに乗らないとね。

師匠のアクリさんの林道の速いこと速いこと。あれは走り方の次元が
ちっょと違います。いいもの見せて頂きました。

またご一緒しましょう。

クワトロ | URL | 2012-06-11 (Mon) 09:16 [編集 ]


ししょーのアドバイスはレベル高くても
分かりやすいです。身につけられるかは
別の問題だけどね(-_-;)

近いうちにk山はしりたいですね!

かすにん | URL | 2012-06-12 (Tue) 00:46 [編集 ]


 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
[続きを読む]

| 2012-06-10 (Sun) 13:59