オフロードバイク+++上上

WR250Rのクラッチ交換作業

先週のデコボコランドで、ドロドロになった2台。

現地の高圧洗浄機で、大まかな泥は落としたつもりですが

それもまぁ・・・気休めだったかな  orz

 

 

かすにんです

 

 

 

 

マディって凄いですね。

コレまで経験したことがないほどWR20RもKTMも汚れていました。

 

エンジン下(ガードとの隙間)などの、高圧洗浄機の水が直接届かない場所はもちろん

フロントサスペンションのガードの周り、

スイングアームとフレームの隙間

ブレーキキャリパーの隙間

などなど、ありとあらゆる場所にびっしりと土が残っていました。

 

 

家で細かいところは洗いなおすつもりだったけれど、まさかココまで土が残っているとはね。

ちりとりで3回分は土が取れました。ちょっとした花を育てられそうです。

 

     DSC_0056.jpg
?    <道路が一面濡れてるwww>

     <道路に泥が流れすぎたので、道路を掃除する必要があるぐらいです。>

 

正直、元のバイクが汚れすぎていたので

一度の洗車で新品ピカピカ!!って大満足です(^^;;;

 


?

 

 

さて、バイクの洗車を終えたら

今日一番の目的「WR250Rのクラッチ交換」に着手です。

先週は時速60kmを維持するのが難しいほど滑ったクラッチです。

どんなモノが出てくるのか!? うふふ、楽しみです(^^;;

 

 

まず最初に、エンジンオイルを抜きます。

なんと・・・驚くほど真っ黒なオイルがでてきました。

?  DSC_0057.jpg
?  <作業用のベニヤ板があるからオイルがタレても大丈夫!>

 

たしかWRのオイル交換は年明けに1度やっていたし、

その後もWRで走ることは殆ど無かったはずなのですが・・・結構な黒さです。

 

触ってみて粘度を確かめてみると、オイルには粘りが残っていて

エンジン内部にダメージを引き起こすようなことは無さそうでしたが、ちと心配。

    ???   DSC_0058.jpg
?    <透かすと・・・ややこげ茶色?に見えるのかな。>

 

これ以上のことは

エンジンクラッチを開けてみたら良く判るだろうし、とりあえずクラッチカバーを外す事にします。

本来であれば、バイクを優しく倒して作業すればオイルは漏れないので

オイル交換は不要なんですけどね・・・抜いてみてよかった。

WRからのヘルプ信号かもしれないから、注意深く見てゆきたいです。

 

 ?   DSC_0059.jpg
? ?  <バイクを寝かして、1分ぐらいでオイルは反対側にいっちゃうよ。>

 

クラッチのカバーを外すのは、カバーの周りのネジを外すだけですが

1点、リアブレーキのフットペダルが邪魔でねじが外れない場所があるので

ブレーキマスターとフレームを固定しているネジを外して作業を行います。

  ???  DSC_0060.jpg
?   <リアブレーキマスターをフレームから外せば、フットペダルの稼動範囲が大きくなる>

 

?         DSC_0061.jpg
?   ? <指一本で全てのボルトへアクセスできるようになります>

クラッチを見た様子では、オイルが黒くなっている原因は見当たりませんでした。

指で触ってみても、汚れが残っているようには見えません。

うーん、何が悪いんだろう。

 

 

少しドキドキしながら作業を進めます。

 

 

クラッチのフリクションプレートを取り外すために、バネを取り外します。

バネが外れたら中央のねじも取り外します。

     DSC_0062.jpg
  ??   <くぱぁ>

クラッチは、あまりネジが緩まない場所にあたるので(回転方向的な意味で)

ここのバネとネジは、片手で十分な力で止めてありました。

この辺はNSRやRS、GP-MONOなんかと同じなんですね。

取り付けるときにオーバートルクでアルミのパーツを壊さないよう気をつけないとね!

 

ぜんぶバネが外れたら・・・フリクションプレートを取り外します。

何も引っかかりはなく、スルッと取れます。

  ???  DSC_0063.jpg
  ???  <真っ直ぐ上に引き上げるように。>

 

全部フリクションプレートを取り外した先には・・・キレイなクラッチハウジングが見えました。

各部を指で触って見ましたが、段べりや筋傷などは見当たらなかったので

今回はフリクションプレートの交換だけで良さそうです。

 ??   DSC_0064.jpg
????   <ぴかっぴかっ (^q^) >

ただ、汚れの元らしい黒い汚れが確認できました。

どうやらオイルに混ざっていて指で触ると簡単に取れる程度の汚れ

オイルとフィルターを頻繁に交換すれば改善されてゆくと思います

 

 

ふむ、ふむ。。。と、汚れた範囲を確認していて

取り外したパーツに汚れがついているのか確認すると

 

 

 

 

コイツが原因だ!!

  ??  DSC_0065.jpg
?  ??? <ぎゅばーーーwwww>

ぎゃーーーwww真っ黒ぉぉおおおおーー

クラッチハウジングの外側の部分が銀色だったので騙された。一枚めくれば、真っ黒くろ

フリクションプレートやアルミのプレートからは焦げ臭い匂いがプンプンします。

そして、例の汚れたオイルにまみれている

触ると、指に黒く汚れが残る。

 

どうやら こいつがオイルを汚した原因のようです!

 

 

 

 

本日交換しようと考えていた新品のプレートと比較すると、激しさがわかります。

  DSC_0066.jpg
? <WR250Rクラッチ ブラック (磨耗)>
? 
DSC_0067.jpg
? <WR250Rクラッチ ホワイト (新品)>

?ポケモンかよ!!

 

まぁ、言いたかっただけなんですけどね(−−;;

 

 

 

クラッチプレート用意してあって良かった〜。まんぐたんさんありがとう。

クラッチを交換すればオイルの汚れも直りそうです。

 

ただ、汚れたオイルが回っちゃっているから

数回は速いペースでオイル交換しないとなぁ〜〜。

フィルターの交換はオイルがきれいになってからかな(^^;;;

 

 

  DSC_0068.jpg
?  <キュアブラック & キュアホワイト。二人はクラッチ。△ゆかな。>

 

バネとか、クラッチハウジングの蓋の内側に付着している黒い汚れは

ブレーキクリーナーを使って落とし、

新品のクラッチには新品のオイルを塗り込んでバイクに組み込みます。

 

組み込む順番は特に無に気にしないけれど

アルミのプレートは、外周が面取りしてある方を手前にしてそろえます。

 

それと、フリクションプレートを入れてカバーをかけた後に

中央のネジでクラッチのキレる位置を調整します。

DSC_0069.jpg

このネジは

クラッチレバーを握った際に押し出されるプッシュロッド?の先についているネジで、

クラッチが切れる位置を調節する部分です。(うーん、上手く説明できてない?)

 

 

 

まぁ、何をすればよいのか。ってことですが

クラッチワイヤーと、クラッチレバー付近のワイヤー長調節を

「自分が理想とする位置」に設定した後このネジを見ると

飛び出している長さが変わっているはずです。

それが、貴方のWRのクラッチがミートする場所となっています。

 

そこまでできたら、 ねじをツマミ出すように引っ張りあげ

クラッチハウジングの外側カバーに、ネジに付いている六角ボルトがはめ込むまで引っ張り

その状態のまま、ワッシャーと六角ボルトで締め込みます

クラッチが減ってきたら、クラッチワイヤーを調節してクラッチミートさせるように調節しましょう。

 

ここまでできたら、あとはカバーを締めるだけ。

カバーのトルクは1.2とか1.5とかその辺なんだろうなぁ。

私は手ルクで締め込んで様子を見ることにしました。

WR-Rよ、次の出番まで眠れーーーー

?     DSC_0072.jpgDSC_0071.jpg
        <ぴっかぴか!!>

 ※そのほかのWR-Rの整備メニュー
?  ・フロントタイヤの曲がり修正
?  ・ハンドルバー角度変更
?  ・リアタイヤチューブの位置修正
?  ・チェーングリスアップ
?  ・バッテリー充電
?  ・リアブレーキフルード交換

 

 

おっとっと! 

KTM125EXCだって基本整備はしましたよ。

泥汚れを落としてチェーンをグリスアップ、エアクリも清掃していきました。

来週の戦闘準備は完了ですね!!

       DSC_0070.jpg
       <チェーンの輝き・・・たまらねぇ>

 

KTMのトラタイヤが6部といったところかな。

WRのAC10が9部山か。

ここはKTMを一気に減らして、ジオマックス化させたいところだが・・・

今はちょっとケチケチしたい理由がある。

 

 

 

                             つづく

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

クラッチが擦り切れるほど走りこんでるんだなあ(遠い目
3月中に、君津じゃない廃ゴルフ場への上陸をしませう

touring | URL | 2012-02-27 (Mon) 14:38 [編集 ]


おいらのは全然気配ないですよ。
やっぱ、かけてる愛情の違い?
そうだろうなぁ(^∇^)

謎のタイ人 | URL | 2012-02-27 (Mon) 21:27 [編集 ]


かすにんさん、あのクラッチは新品ではないですよ!
確かアタックツー、レース含め9,000km近く使ってるはずです。
メンテサイクルが狂ったら大変なので、念のためお伝えしておきます。

まんぐたん | URL | 2012-02-27 (Mon) 22:18 [編集 ]


>ツールングさん
そんなことないよ、練習少ないし
ぶっつけ本番ばかりだよ(^_^;)
>タイ人さん
さわでいーかっぷ!
お菓子ーな、、私のほうが優しく扱って
メンテサイクルも短いのに‥‥まさか
しょ き ふ りょ !?
>まんくたんさん
え、、、、。
タコメーターで8000キロ弱なんだけど‥‥。

かすにん | URL | 2012-02-27 (Mon) 22:37 [編集 ]


>まんぐたんさん
9000kmはしっても綺麗なのに対し、
8000km(内1500は慣らし)で真っ黒。
なんか納得がいかないかも。
何ていうオイル使ってました?
フィルターは?
外見は汚いかもしれないけど
まんぐのWRは激務な訳だし、、、うーん。

かすにん | URL | 2012-02-28 (Tue) 12:13 [編集 ]


オイルは、ワコーズの業務用計り売り(工賃込みリッター1000円)、交換サイクルは500~1000km毎くらいです。
フィルターは当然純正ですね。
WR?Rは下から十分にトルク出てるので、半クラはほとんど使ってませんでした。

まんぐたん | URL | 2012-02-28 (Tue) 19:21 [編集 ]


>まんぐたんさん
ええっ!! 凄く頻繁にオイル交換してたんですね。
私は3000kmで交換していました。もしかしてズボラ!?
はんくらは使わないよう頑張ってみます・・・^^;;;

kasunin | URL | 2012-02-28 (Tue) 21:56 [編集 ]


雪上エンデューロの総合で優勝した人、千葉の人だったよ、それもTTR125で。下のクラスからの参加だったけど最上級クラスもブッチッ切ったみたい。転倒無しで淡々と走ったのが良かったんだね。
荒れればセローでも勝算あるね(^^)

mちん | URL | 2012-02-29 (Wed) 19:10 [編集 ]


どうせ出るんだったら、ぶっちぎりで優勝したいね
WRおさえてさw

かずやん | URL | 2012-02-29 (Wed) 20:06 [編集 ]


ヨシ分かった!!今後はかずやんの特訓(虐待)だ!!
かずやんが優勝できるように「袖の下」延ばしてくるよ!!
ゼローでガンバろう!!!
かす人さん、スピード バランス 思考力 体力 全て鍛えていこうね!(^^)!

mちん | URL | 2012-02-29 (Wed) 22:17 [編集 ]


4stのエンジンオイルは2stのミッションオイルに比べて遥かに劣化が速いです。
WRFでは2週間に1回のペースでした。
WRRはメーカー推奨6000km交換ですが、ゲロ遊びでこれ真に受けてたら冗談じゃなく壊れると思います。

まんぐたん | URL | 2012-02-29 (Wed) 22:25 [編集 ]


mちんさん
ジョークです 信じないで><
あくまでも独り言です
あ〜恐ろしや 恐ろしや((((;゚Д゚))))

かずやん | URL | 2012-02-29 (Wed) 23:09 [編集 ]


 

トラックバック