オフロードバイク+++上上

長野強化月間のご報告2nd G

さーて、八坂オフロードミーティング会場へ到着した私たちは

バイクの準備もそこそこに、前夜祭へと繰り出すのでした。

 

かすにんです

 

 

雨は降っていましたが、人々の熱さが感じられる場所でした。

DSC_0020.jpg

 

 

 

ま、

さ○○んさんが、女装しているひとにムラムラしていた話は放送禁止として

雨の中開かれた前夜祭は、テントの下に皆が集まれるよう工夫がされおり

予定より1時間ばかり遅れて開催となりました。

今年のエントリーは94台だそうで、去年よりは少ないようなのですが

私にとってはコレほどの草レースは見たことが無く、驚きました。

DSC_0021.jpg
<しかも、前夜祭に参加しない人もいるんですよね・・・多いなー>

 

始まってすぐ、花火まで打ち上げられました!

私の地元は花火も中止になったので、ちょっぴり感動。元気を貰いました。


DSC_0022.jpg
 <Xperiaの限界です、すんません!!もっと大きくて綺麗です>

 

さらにさらに、太鼓の生演奏まで。

太鼓が腹に響きます。なんか凄いですよね!祭りって感じで。

DSC_0026.jpg
 <結構ハードな動きしてるし、全員の息が合っている>

前夜祭には、食い放題・飲み放題と聞いて駆けつけたケムンパスさんも加わって盛り上がり

バイクのこととか明日のこととか、話題はつきません

 

DSC_0023.jpg

○とやん「アイツ男じゃんかーー、吐き気がしてきたーーー
       ↑
       ↑
      その後も、スタイル良いワーとか言ってる。

 

飲み始めて1時間ぐらいすると、

はっしーさんと、その同僚さん二人(うち一人はKTM乗り)が応援に駆けつけてくださいました。
 (すんません、写真がないっす!!)

DSC_0027.jpgDSC_0029.jpg
   <なんか彼方此方でイベントがやってる状態?すごいねーオフロードのノリ>

 

この頃から酒が回ってきて良く覚えてないのですが(^^;;;

すごい食べて、凄い飲んで、寝た気がします。

クワトロさんとも話せたし(先のツーリングよりもお話できたかも)

林友以外のひととも楽しく話せて楽しかったー。

大会の管理者さんたちも、皆良い人たちで、本当にホンワカしました。

 

 

そういえば

ケムンパスさんの寝床が(雨のため)無かったのですが※、

さとやんの車の中で寝るとのことで、凄く安心しました。
※毛無峠を走ったので、トランポ内が濡れており、寝られる状態じゃなかったんですねー
  助かりました。本当に・・・助かりました。

 

 

 

さて、翌日は朝6:00に目が覚めました。

平日いつも6:00に起きているので、体が覚えちゃったのかも知れません(^^;;

 

トランポの中で寝そべりながら、窓の外を眺めると

雨は降っていませんでした。

森の中は雨の影響は残るでしょう

・・・だけれど「降っていない」ということは、ゴーグルが曇ることは無いな。と喜びました

 

前日にバイクの準備は完了していたので、

エントリー手続きを済ませたあとは出発を待つだけ。

朝になって到着したジクリバーさんhaやまぞうさんも合流して、走る気満々状態です。

ジクリバーさん、このレースでランドネもってこなくて良かったわ~~(^^;;;

 

 

(すみません、ここから先は撮影機材が無いため・・・ごめんなちゃい)

 

 

さて、レースの内容ですが

私は59番 、さとやんさんが58番という順番であったことと

エントリー番号順に2台ずつスタートすることから

「どんな山道でも、自分より前に50台以上走ればもう・・・・ゲロでしょ」と諦めムードの二人。

ま、勝つ気でいるのもおこがましい初参加組みですけれど

単なるアタックになるのか、スピードレースになるのか、ちょっと気分は違いますよね(^^;;;

 

案の定、走り出してみて5分もたたず渋滞が。

渋滞にはまった途端、自分の息でゴーグルが曇って・・・・orz ガックリ。

ゴーグル無し状態で走るの嫌ぁぁぁ

 

SS1はハイスピードと想定していました、

雨でヌルヌル・・・を一気に飛び越えて轍が多く残る危険なコースへ。

けど、チュルチュルとかちょっとした障害とかは、ぬるい感じ。

スピードの出る場所で抜かれて、ちょっとしたポイントで抜き返して・・・を繰り返す感じ。

 

正直

お、体力さえもてば結構イケルかも!!

 

と、スケベ心が出たところでしょうかね

結構な減速の後、左旋回、下りのウッズに入り込むルートで転倒。

シフトペダルを失ってしまいました。

 

 

一週目のSS1でこれか---

 

 

一瞬がくっと来ましたが、

後ろからきた、抜きつ抜かれつの人が

「ドンマイ楽しもうよ!!」 といってくれました。

 

なんか急に元気でてきた

 

その後は、2速ONLYでガシガシ攻めたよ。

なんていうか、自分はチャレンジャーなんだって気分になって、おもしろさも出てきました。

アクセルオンオフ、クラッチで味付け。

単純な作業に変わったために、集中力を高めることも出来ました。

 

 

 

SS2もこのままの勢いで、2速ONLYで挑戦することとなりました。

短いながら、ウッズ区間は上下左右にラインが変わります

2速ホールドではまともに走ると進まない所が数多くあったウッズでしたが、

Tオヤジさんが教えてくれた

「土が詰ったらエンジンをふかして土を溝から飛ばす、

 そして断続的にアクセルを吹かしてトラクションを稼ぐ」ってことを思い出して

早い段階の足漕ぎを我慢して、ステップを踏んでグリップを維持しつつ

なんとか脱出することが出来ました。

 

 

 

1週目が終ったら、さとやんさん・ジクリバーさんと合流。

3週は無理だけれど、へばるにゃ早い

2週目突入です

 

 

さとやんさん提供のシフトペダルのお陰か、

1回目の走行でコース全体を把握したお陰か、

よく周りが見えてスイスイ進めるようになりました。

もちろん体力もそがれましたが、楽しめる範囲で感想できました。

このコース、晴れだったら三週出来たでしょうね。タイムは・・・だけど(^^;;;

 

途中まではさとやんさんやジクリバーさんを気にかけることが出来ましたが

SS2を待たずに、もう駄目、自分の事で精一杯にwwww

とくにヒザが笑っちゃって、坂道で立ってられないのよ。

さとやんさんは怪我してるっていうのに、すごいな~。本当に感心しました。

 

 

レースを終えたら、閉会式を待たずに帰路に着きました。

ドロドロのバイクをトランポに積み込もうとしていると、前夜祭で一緒に飲んだ人から

泥を取るためのシャモジを貸してもらえたり(^^;; ふふ、ちょっと良い感じ。

 

 

これから下道6時間の運転することもあり

タダの温泉チケットをもらっていたので、汗はここで落としました。

DSC_0031.jpg

 

出発したのが午後3時ごろだったこともあり、眠気も無いので

そのまま下道で碓氷峠を越えたところまで。

碓氷峠の駐車場で3時間ほど仮眠をとって、再び走り出し、千葉にはAM2時ごろ到着しました。

なんつーか、高速道路とあんまり変わらないんですね。

つか、

寝てる分、下道のほうが早かったね(^^;;;

 

 

 

 

そうそう、

 

温泉から出てきて、ふと手を見ると

痛くも無く、まめの皮がむけていました。

DSC_0030.jpg

 

 

これで8月の走行は終わり。

9月は仕事で殆ど走れないことが判っています。よって、コレが私の1年。

 

私がオフロード走り出して12ヶ月となったのですが

このマメの皮ぐらい小さいけれど

一皮向けることが出来たでしょうか。

 

 

そんなことを考えながら、また八坂で走るぞと決めました。

 

 

                                      つづく

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック