オフロードバイク+++上上

長野強化月間のご報告2nd

はっしーツーで、長野に慣れたら、

長野強化月間2週目は八坂オフロードミーティングに挑戦だ!

 

 

かすにんです

今回も下道を使わず長野へ。もうなんていうか、単なる作業(^^;;;;

 

 

2週連続・・・その狙いは八坂への組み立でした。

練習量の足りない私がまともに走る事を考えると、

当初の計画では3週連続だったのですが・・・流石にソレはね、仕事で断念。

そのかわり、きむ吉ツーでたどり着けなかった毛無峠で体をほぐします。

 

DSC_0001.jpgDSC_0003.jpg
 <土曜日の朝4時には現地に到着していました。おかしい?>

 

 

 

 

毛無峠はコンディションによって大きく異なる場所、だそうなので

今日の天気予報にある「雨」は

サラサラの土を締めるのでプラス効果がある。だからべスコンなのだ!!

 

 

とはいえ、

 

 

 

早朝から降り注ぐ雨は弱ることを知らず

DSC_0004.jpg

 

 

 

 

 

山頂は風も強く

 DSC_0005.jpgDSC_0007.jpg

 

 

 

 

 

そして一人・・・・

    DSC_0008.jpg

 

 

 

 

正直、心が負けそうでした(^^;;;

  DSC_0010.jpg
   <もうなんていうか、濡れてる。>

 

携帯も満足に繋がらない場所ですが、やることは沢山ありました。 

朝食をとったら元気が出てきたので

朝7時ごろからモソモソと行動を開始。

 

タイヤを履き替えたり、

 

フロントフォークの突き出しを代えたり、

 

チェーンをオイル漬けにしたり、

 

家で出来なかったバイクの整備を続けます。

 

この辺を妥協しちゃうと、ずっと気になってレースにならなくなる。そういう性分なんですよね。

そういえばずっと前、ミニバイクで育ったライダーと大型バイクで育ったライダーの違いは

前者がセッティングにうるさく(過敏)になり後者が慣用に(無頓着)になる、というような意見を

ネットで見たことがありますが、私もその通りのようで

 

 

 

整備の途中、

なにが目的だかわからない軽自動車が1台来て、何もせず戻っていきました。ちょっと怖い。

 

それ以外はずっと一人での整備となり

mちんからの連絡もなかったので、ただ静か。

ゆっくりと明日の八坂のイメージ(妄想)を膨らますことができました。

    DSC_0009.jpg
    <とんでもない県境だなこれは。毛無峠は独立国家GUNMAにある>

 

 

整備を開始して4時間後、フロントも組みあがった時にmちん登場。

すっかり雨にぬれたまま整備を続ける私に苦笑い(^^;;

こんなコンディションでも走ってくださることに感謝感謝。

 

 

さて、毛無峠のコンディションは当然ながらのウェット。

ですが、粘土質やアスファルトでのウェットとは間逆で

しっかりタイヤに食いつく地面が怖さを感じさせません。

DSC_0011.jpg
 <最初のくだり。俺はリアブレーキがヘタなんだよね・・・>

 

この状況で一番怖いのは、視界の悪さでした。

八坂を迎える前に気づくことが出来て本当に良かったと思いますが

①霧が濃くて先が見えない ということに加え

②ゴーグルに水滴ができて先が見えない という状況となり

ゴーグルを外しての走行を強いられるのでした。

 

mちんが前を走ると、当然ながら石が飛んできます。

これが体に当たるので、顔に当たるかもしれないと、怖くて近づけなかったり

林の中では枝が顔に当たって、まともに走れなくなるのですよね・・・。

翌日の八坂、どうしようかなぁ~~~って。

 

 

 

 

さて、毛無峠ヒルクライムの戦績ですが

ノーマルヒル(降りてきたところを登る)のは、当然ながら一発クリアです。

だめなのは中央のロングヒル。 あれはパワーが食われてしまって失速~転倒してしまいます。

DSC_0012.jpgDSC_0013.jpg
 <ノーマルヒル>               <ロングヒル(中央)>

 

2速ホールド、3速ホールド、3-2の混合でチャレンジしましたがどれも駄目。

天候も、翌日の八坂もあるし、1時間の走行で終りましたが

いつかまた別の突破口を探してみたいです。

 

 

 

さてさて、バイクを収容して八坂まで移動した後は

前夜祭なのですが・・・

 

 

それはまたあとで。今日は眠くなっちゃいました。

 

 

 

                             つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<緊急速報>

Xperia故障のため、ドコモショップヘ持ち込むものの、電源が立ち上がらない重病へ。

代替機として受け取った

  レグザフォンの性能が良すぎて号泣

 

約二週間後、Xperiaは修理を終えて戻ってくるそうだ。

その際に、感じる絶望感が・・・今は怖い。

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック