オフロードバイク+++上上

夏★モード

本日(日曜)は晴天なり

繰り返す

本日は晴天なり!!

 

土曜の真夜中のTVで、日曜日の天気予報が晴れだと知ったその瞬間

 

 

 

 

DSC_1092.jpg

私の体が茨城にあったんだ。

 

かすにんです

 

 

 

眠すぎ?

ここまでの記憶が無い。

 

 

 

 

 

財布の奥底にねじ込まれた

涙で濡れた青切符をボンヤリと眺めて--

ふと気付くと、日曜日の朝でした。

 

寝る前に白黒の憎い奴と口論になったような、ならないような。

記憶が定まりません。

 

心なしか財布も軽いし、

やっぱり風邪が続いてるのかも(+o+;;

 

 

朝飯をぱくつきながら

いつもの公園へ向かうと、既に何人か準備をしている人が!!

一緒に走る人ではありませんが、いつも顔を合わせている人たちです。

 

5名ぐらいのパーティーでしたが、オレンジ色ばっかり。

バイクの準備をしている間に

オレンジ色の笑い話やWRR売れよ的な勧誘談義で盛り上がりました。

こんど奥まで連れて行ってもーらおっと!

 

 

さてさて、今日K山で練習&お試ししたいことは3つあります。

クヨクヨなんてしいられない、元気UPで頑張りますヨ!!

 

 

試したいこと①

 初めてのメーカーのモトクロスウェアを着てみる!!

  DSC_1093.jpg
   <カッコいい!!夏ウェアーーー!>

先に用意しておいた、新しいウェアを下ろします。

コレは結構ウキウキです!! けれど重要な確認事項かと。

 

というのも、

 

メーカーによって股下の長さや腰周り・足回りの大きさが全然違うので

試着しているとは言え、

「本番」に使えるのかテストする必要があるのです。

 

今日試着したウェアは、どうやら足が短いみたい。   OTZ

少し膝周りがきついかなぁ。

足の長さにあわせると、ウエストがブカブカだし一長一短・・・欧米ェェェ

 

 

 

試したいこと②

 「つま先曲げ」+「上半身の派手なアクション」

 

こいつは、立ち乗りの練習に一工夫した練習です。

膝を曲げて、つま先まで使ってバイクを曲げてゆくことを

多少わざとらしくても体に覚えさせるためのものです。

 

私は今まで、座っていても立っていても、しっかりしたホールドを求めていました。

くるぶしから膝までをつかってバイクをホールドしていたのですが

最近、膝をフリーにすることによって

バイクの揺れをダイレクトに受けなくなる事に気付き

直進安定性を増した?のですが

膝までホールドされていないと、スピードがでているコーナーなどでは

バイクを押さえていられません。

強くステップを踏み込むことで対応しようとおもったのですが

ステップを踏んでも、後輪が滑るばかりで何も解決しませんでした。

使い分けが出来れば一番なのですが・・・一瞬で路面を読みきるのは難しくてね。

 

これより

 


・膝までのホールドで下半身がカチコチになってしまい、

 上半身だけの操作になってしままう。ことと、

・踝だけのホールドで、膝から上は自由に使って車体を曲げたり、加速や減速に耐える。

 ことを考慮して

怖さを感じないスピードまで落としたうえで、

立ち乗りライディングフォーム再設定のため

膝や腰を積極的につかって曲げる練習をしています。

 

 

身につけばいいけどー

グイッ!!っていうフロントの動きを感じやすくする為に練習あるのみ。

 

 

 

 

コレ関連で、

YOUTUBEの動画を見て気付いたのですが

・モトクロスの様にすばやい動作を要求されるオフロード走行ではつま先まで曲げは見られない。

・トライアルなどでは良く見られる。

ということがわかりました。

近い状況になったとき、参考にしたいですね(^^;;;

 

 

モトクロスにはステップを踏み変えるようなタイミングが無いのかな

コースのバンクをつかって曲げているから、そもそも必要ないか?

こんなことも考えたわ。

DSC_1094.jpg
<トンボは正直だね。心が澄んだ人のバイクにとまる>

 

 

 

試したいこと③トライアルタイヤで、「NOスリップ」「NOバンク」を目指す。

コイツはちょっと実験的なものなのですが

モトクロスタイヤで長い間走り続けたら

車体を斜めにしたり、滑らせる事が「好き」になっちゃったので

トライアルタイヤを履いてトコトン「滑らせず、傾けず」の経験地も上げる練習です。

 

DSC_1095.jpgDSC_1098.jpg
 <今日の転倒。結構ハードに壊れたなぁ。ステップは交換しないぞ!!>

トラタイヤは滑らせては駄目です。って言われていますけれど

色々な路面状況を読みきって、「滑らせず」ってのは難しいなぁ

路面に対して、トラクションのかかり具合を探るように、アクセルを開けるってところが特に。

尻に感じるトラクションや、足に感じるトラクションとか

乗り方によっても変わってくる。

 

 

 

今日は徹底的に上記3つを意識して走ったので、スピード的には遅め。

転倒も2回とおとなしかった(笑

  ※転倒は、仕方ない系。フロントトラタイヤは斜めの濡れた岩に弱いわ~

     DSC_1097.jpg
      <あっちゃっちゃーー(><;;;>

 

 

 

いろいろ走リ回った結果

「ちょっとしたきっかけでフロントアップ」とか余裕になりました。

岩とか、路面の窪み、エンブレなどをつかってクイクイッとね

エンジンパワーで上げてるんじゃないんですよ

 

イメージ的には

 ①体だけその場において、

 ②バイクが前に進む感じ

 ③でも重心が体と共に後ろにあるからフロントが上がっちゃってイヤン

みたいな?

 

 

他にもテスト・・・というか、チャレンジとして登ってみたら

トラタイヤでロンヒル余裕でしたwwww。

空転させないって素晴らしい!!

DSC_1100.jpgDSC_1101.jpg
  <しかし、失ったものは大きい・・・>

 

車体が進まなくなって

ズズ・・・ズ・・・って手ごたえになったときに

アクセルを戻すよりもステップに体重をかけたほうがキクってこととか

それでも駄目なときのハンクラとか

色々ありそう。

 

     DSC_1099.jpg
      <こんどはサイクラ・・・出費でかい>

 

 

 

                                       つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック