オフロードバイク+++上上

固まってきた私のライディングスタイルと不明点

注意:私の文章力や表現力が足りなくて誤解させる可能性が高いので

    意見がある人は、優しく教えてください。具体的には下記の画像をダウンロードし

    自身の主張するライディングスタイルを図示し、教えてください。プリーズ。

 

         左側面.jpg
              <とりゃ!!基本姿勢!!びしっ!!>

 

膝を痛めたので

「ひざがなぜ痛んだのか」や、「負荷の低いライディングはあるのか。」などを

真面目にぐぐぐぅ~っと考えていたら、いろいろ一回転してしまいました。

 

かすにんです。

 

 

自分のライディングを思い返していて気付いたのですが

最近の私の乗り方が、固定化され始めているようです。

 

何でも楽しく吸収できる今の時期

悪い癖が体にしみこむ前に・・・ライディングを見直ししたいと思います。

 

・・・というか、

ちょっと前まで「時と場合によって、姿勢を変えて対応!」みたいなことを言っていたのですが

いざ走ってみると

一度でも成功した乗り方があったらなら、その乗り方に偏ってしまう

サボり的ライディングスタイルが出来てしまったのかも。

 

 

それじゃぁ進歩ないよなぁ~(^^;;;

 

 

 

一般的オフローダーと比べて、技術・体力・潜在能力で劣っている私には

成功例を体にしみこませる「基礎練習」に加えて

色々な場面にチャレンジする「応用練習」の2種類が必要です。

 

 

前者については、千葉近辺をベースにすることによって「同じ場所」を走ることが多くなるので

時間が解決してくれる問題だとおもっています。しかし、

後者については、なかなか機会が無く、「練習」と位置づけるほど経験を積むのは難しい。

 

なので、

「一日の走行で同じ場所を同じルートで走ってはダメ!」という制約を作って

あえて違うルートを通り、新たな経験を得ようとしていました。

 

 

 

ここまでの考え方はあっている・・・というか、いい方向へ向かうと思うのですが

先週末のイメトレで、実は「練習している気分になっていただけ」と気付きました。

 

 

というのも私の乗り方は、

「速度」で2パターン

シチュエーションで1パターンの乗り方に固定化してしまっており、

脳内で思い浮かべることができる「アタックポイントの攻略法」も

単一化してしまっていたのです。

  ※表現として、ユニフィケーションとするのが、私的にはぴったりな気がします。
    どのような場合(多項式)でも、根本は同じ方法だけで攻略(表現)しようとしているのが
    頭の中のイメージと一致するのです。

これではただ時間を浪費するだけ・・・伸びがありません。

 

 

 

それでは、私がいつも使っている(固定化した)ライディングをご説明しましょう。

 

 

まず、低速でのガレや凹凸を走行する際のライディングです。

左側面(立ち2).jpg

「お尻への直接的な衝撃を避けるため」という意味合いが強いですが

凹凸やガレを超えるのですから、車体のホールドを重視しています。

また、低速がゆえに前後にGは無く、膝のグリップだけでホールド(黄色線)が出来ることが多いです。

ノーマルのハンドルだと

低い位置にオフセットされていたため、腕が伸びてしまう弱点がありました。

今回新しいハンドルに変えたので、いくらか改善されているはずです。

 

 

 

次に、スピードを出しているときのライディングです。

岩・土関係無しに、スピードを出しているときにこのライディングスタイルになります。

左側面(立ち).jpg

乗り始めた頃は、膝をクッション代わりに使っていたのですが、

膝を曲げると縦加重が足に相殺されて

サスペンションが仕事をしてくれなくなることに気付き

以後は膝を曲げずにステップを踏み込むようにしています。

縦G・・・特に加速に対しては膝のホールドだけでは耐えられません。

腕で上半身を維持することも多いのですが、最近は前傾姿勢となることでGに耐えています

前傾姿勢へ移行する一瞬のタイムラグを惜しんで腕力をつかうと捲くれる危険性があります。

 

 

 

最後にコーナーですが、スピードの有無に関わらずシッティング(下記)のスタイルで乗っています。

左側面(ヘアピン).jpg

スタンディングでも、以前よりは曲がれるようになりました。が、

重心が低いことによる安定感を捨てきれないのが座っている原因です(^^;;;

また、ガツンと強烈にブレーキをかけたときに、スタンディングでは耐え切れていないのも原因です。

座位置についてですが、前に寄ったのは「経緯」があります。

オフロードはフロントの接地感がないことは判っていました。

ただ、オンロードから乗り換えた当初は、

「前輪の接地感が無い=>後輪の接地感に頼る」というリア乗りを徹底し

コーナーはケツを後ろにずらして対応していました。

が、

滑らないような能力を伸ばしても、どうにもこうにもなりません。滑ります。(^^;;;

一度、その頃の私の乗り方を見た人からは、

「オフロードで膝を出してバランスするのは妙技だが危険」とコメントを頂けました(笑

 

そのうち、 絶対的なフロント加重が足りないことに気付き

「前輪の接地感が無い=>前輪に加重を増やせばいいじゃない」と攻略法を変更。

「更なる速度を維持したままでのブレーキングによる加重確保」という寄り道のうえで

滑る事を許容(笑

「体重をフロントに乗せて加重を保つ」現在のライディングに落ち着きました。

 

きっと私がモタードホイールを手に入れたら

リア乗りから始めるのだろうなぁ・・・と思いますよ(^^;;;

 

 

と、長々と説明しましたが

現在の私は紹介した3つの乗り方をとっかえひっかえ繰り返している訳で

何気なーくアタックがクリアできてしまっている事もあり、成長がありません。

また、課題も進捗がありません。

     ↑ 必要に迫られてないってやつ?

 

どのライディングスタイルにも未完成な部分があるし、体力に比例して精度も落ちます。

単純なブレーキング一つ、コーナリング一つについても

もっと良いライディングがあるはず!!というか、

今まで目の当たりにしてきても、理解できないままに記憶が薄らいでゆくばかりです。

 

膝いためてジジイ状態ではありますが、今が、今が大切なのです。

誰か教えて~!!!

 

 

 

 

 

一つ一つ頭をひねって、体で覚えてゆくしかないかぁ~~~(-_-;;

 

課題①スタンディング状態で、加速・減速に強くなりたい
     ・スタンディング時のホールドってこれでいいの?
     ・スタンディング時の上半身ってこれでいいの?
     ・スタンディング時の頭の位置ってこれでいいの?

課題②スタンディング状態で、コーナーに強くなりたい
     ・スタンディング時のホールドってこれでいいの?
     ・スタンディング時の上半身ってこれでいいの?
     ・ライン取りとアクセルワークはどうするの?

課題③タイトコーナーで内足が出ないよ
     ・内側の足を前に出すと、ホールドが弱まってしまうよ
     ・そもそもタイトに曲がれないよ。バンク角つけるのとスライド、どっちが正解?
     ・リアブレーキどうする?左コーナー、右コーナー

応用
     ・一旦停止を伴わないウィリーの習得
        ・ウィリーの角度調整/継続時間維持
     ・2~3速からのウィリー
     ・急角度の登坂
     ・斜面での方向転換
     ・垂直への登坂アクション

 

 

 

 

 

                             つづく!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック