オフロードバイク+++上上

メンテナンスの失敗話

会社の友人とCB400のフロントフォークをOHしました。

 

かすにんです

 

 

 

OHは2時間で完了させ、ブレーキにステンメッシュ装着&OH、

エアクリ掃除,プラグ交換、そして軽く試走・・・とやりたかったのですが

 

フォークのOHで6時間もかけてしまいました・・・・OTZ

 

    DSC_0844.jpg

マジかよ・・・こんなの初めてだよ。

 

 

まず最初に、

私は本日メンテナンスするCB400について、初めて状態を認識したことが悪かった。

待ち合わせのコンビニエンスに止まっていたCBは、ひと目でヤバイと感じさせた。

フォークのオイルが漏れ続け、ブレーキにまで達しているだけではなく

それが長年放置されていて固着していた。色も変わるほど。

この時点で覚悟を決めればよかった・・OTZ

        DSC_0846.jpg
         <フォークオイルが付着し、変色して、アウターが黒くなっとる>

 

 

 

次に、

作業工程で思わぬトラブルに巻き込まれることを想定していなかったことが悪かった。

フロントフォークを外してオイルを抜く。そこまでに20分もかからなかったのだが

オイルを抜いて、インナーパイプを外そうとすると・・・外せない。

なんというか、固着してしまったゴムがアウターケース内側から外れないのだ。

作業内容は単純で、引っこ抜くだけなのに、ソレが出来ない。

 

 

結局、インナーパイプが抜けたのは午後2時過ぎ。

正直参った        \(^o^)/計画オワタ

 DSC_0847.jpg
   <とれたー!! 力技の連続でorz  正直OHしなさすぎでフォーク新ドル>

 

 

で、

ばらしたパーツの清掃を進めていたのですが

その汚さは語るまでもなし。

フロントフォークオイルが固形物に変わっていました・・・OTZ

 

その後にも、

交換用のワッシャー・・・じゃなくて、ボルトがないとか。

代わりに別車種のボルトを使ってみたら、

最終の組みつけのときに他の部品と組み合わないとか。

 

最後の反省点としては

必要な作業手順に想定される消耗品の準備が不十分だった。でしょうか。

まー、あれやこれやの試行錯誤で何とかですわ。

フロントOHの作業工程を最初から最後まで、4セットやったのかな(^^;;;;

お陰で、最後の1セット(転用したボルトのせいで開くするシャフトが入らない状態)は

20分でフルOH完了(オイル抜き、ボルト外し、清掃して組みなおして、オイル入れる)

すげwwww 手順が体にしみこんだwwww

 

 

ま、これは良くある馬鹿話になって、良い思い出になりそうですわ。

今日見た感じだと、際立って難しいパーツがついているわけでもなし

エアクリ、キャブ、フロントフォーク、ブレーキ、CB400なら一通り出来そうだわ。

乗り味は、ひっくーい所に重心があって、教習所マシン。

ピュアピュアですな。

 

五月に会社のツーリングに行こう!!と約束して今日の作業は完了。

ステンメッシュホースをプレゼントに用意したのだが、取り付けできなかったしね

ブレーキピストンもボロボロだったから、再作業でOHしないと。

それが安全を確保するための最低限ね。

 

 

 

古傷の右足の靭帯が・・・ガリッとなっちまった。

今も正座出来ない・・・OTZ

ちっとまずい雰囲気になってきたかも。

平日は体を休めないと。

 

 

                                              つづく

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック