オフロードバイク+++上上

新ハンドル選び

新年度になって、ウチの会社の休暇数がリセットされた。(補填された)

年間で休める日数は少ないので、よほどの事がない限りは、4月から休む事はない。

 

かすにんです

 

「本日、早退させていただきます」

 

 

 

 

 

 

 

10分後、ライコランドに俺の影!!

 

         DSC_0832.jpg
         <ハンドルかったZEEEE>

 

 

金曜日、会社の健康診断の後、バリウムを流すための下剤を飲んだのですが

腹が痛くなる割には出るものが出ない(^^;;;;;

 

鈍い汗が止まらない状況で

「腹がいてーいてー」と、周りにHELP信号を出していました。

「そんな体調で大丈夫か?」と、温かくも終っているクソッタレ共の気遣いを受けながら

仕事に来たのだか休んでいるのだかわからない状況の私。

 

 

 
「食べると腹痛で死ぬ。

 でも、何か食べないと下剤が薄まらないのが原因で死ぬ。」

 

そう分析した私は、高校の頃から愛飲している万能薬を摂取。様子を見ることに。

         DSC_0825.jpg
         <エリクサー>

すると、痛みがだんだん小さくなり

昼休み中盤にはスッカリ盛り返し、体調が良くなった\(^o^)/ヤッタ

 

 

うーん、さすがヨーグルッペ。

これは根拠が無いが、ヨーグルトが胃をコーティングしているのではないだろうか。

どちらにせよ、最高のドリンクだ。

 

 

で、だ。

 

周りの雰囲気が

「かすにんやべー、体調悪そう。」

「午後、大丈夫かな」

という雰囲気に気付づく。

 

 

やるなら今しかない!!

 

そして私は早退した。

WRを修理するプロジェクトを進めるのだ!(^^;;;;;

 

 

 

家に帰ったのは2時ごろ。

途中、ライコランドで必要なパーツを取り揃えたので、早速修理へ。

 

最初は、もはや定番の鍛冶ww

      DSC_0827.jpg
       <トンカン トンカン>

 

慣れた手つきでナンバープレートを打ち付けていたが、

今回は新たな問題が。

ナンバープレートの穴が大きくなりすぎ&割れてるのだ

 

今まで使っていた穴(というか、標準で開いている穴)が使えないので

「FRP補強」や、「タイラップで装着」など、色々な対策を考えたが

どれもパッとしない。

 

なので、プレート中央に穴を開けて装着することにした。(^^;;;;

          DSC_0828.jpg
            <ナンバーが見えることを優先した結果。ど真ん中>

 

ま、これ以上の修理は難しいね。

というか、無理かなーって雰囲気になってきましたヨ。

 

 

次に、前回の走行で曲がったハンドルを交換します。

ハンドルの種類についてだいぶ悩んだのですが

ZITAのファットバーが全然入庫していないということで

他のメーカーを選びましたヨ

 

 

とりあえず現状の確認から。

 

       DSC_0829.jpg
          <どやっ!!>

 

おおっ、結構曲がってる(^^;;;;

この状態で良く走り続けられたなぁ。とくに右コーナー。ハンドルが足にあたっちゃうだろww

 

 

   ・・・!!

 

 

というか、それだけヌルイ走りって事か・・・OTZ

 

 

早く上手くならないと、パーツ代も馬鹿にならないぜ!?とか、考えながら

ハンドルはテキパキッと外します。

       DSC_0831.jpg
        <時間が無いから掃除やメンテはしていません。パーツ交換だけー>

 

時間が無いときに限って、写真にコダワル私。平行なラインと比較するとやばいよね。

体には全然ダメージが無かったのですが、よかったわー(^^;;;

 

 

 

次に、ファットバーを取り付けるためのおまじない。

       DSC_0836.jpg
       <じゃ、じゃーん!!>

 

ノーマルのハンドル取り付け部分にコイツをかませば

ファットバーが取り付けられるようになるパーツです。えっと、ハンドルクランプっていうのかな。

WR用のクランプは沢山ありますが、修理の際にパーツが手に入りやすい事を重視しました。

 

 

 

それじゃー早速、慎重にすばやく取り付け作業を進めます。

       DSC_0839.jpg
     <ねじの緩みを見るためのマーカー。こういう部分は省略してはいけない>

 

このクランプはノーマルのクランプの上に重ねるものなので

標準より2cmほどハンドル高が上がります。

ハンドルの検討に際に、「スタンディングで楽なように高く・・・」という要望がありましたが

この状態を想像しながらハンドルを選ぶ必要がありますね。

 

 

そんな状況で選んだハンドルは・・・・

レンサルFATBARの602だ!!

     DSC_0833.jpg 
      <手にシットリ吸い付く。まるで俺の体のry>

 

ZITAのハンドルバーが店に無かったときは、

下調べしたデータが使えないので頭がクラッとなりましたが、

 このサイトで数字の見方を学習しておいて良かった・・・(^^)v

すぐに修正して602を選びました。

 

 

ちなみに、数字的には下図のような関係になっています。

クランプの高さを考慮すると、983だと少し高すぎると考えました。

ハンドル斜度については「ほぼ純正」狙いです。

     無題.jpg

 

 

私がZITAのサイトを見たところ

モタードのハンドルは、低く、横に広く、平行。

トレールのハンドルは、高さはまちまち、横に広く、平行。

トライアルのハンドルは、高く、横に狭く、斜度前傾

モトクロスのハンドルは、低く、横に狭く、斜度前傾

でした。(まちがってたらゴメン)

 

 

モタードのハンドルが横に広く見えるのは、タイヤのグリップが高いからだろうと想像できます。

これはロードも出るにも良くあるタイプです。ハンドルをこじるのに、力が必要だからです。

モトクロスのハンドルとトライアルの斜度は理解できます。

スタンディングでのジャンプ(重心をフロント位置にしながらのアクション)が多いのでしょうから。

でも、ハンドルが横に狭いのはなぜでしょうか。

フロントタイヤから得られるグリップが横方向に強くなければ必要ないのでしょうが・・・。

 

そしてトレールが横に広いのはなぜでしょうか。

木に当たったりするので良くないと思うのですが・・・理解できない?

斜度が無く平行、というのは少し理解できました。

スタンディングが多いけれどモトクロスやトライアルのスタンディング状態の操作と

異なるからでしょう。

 

ここまで仮定を積み上げて、自分の望む走りを想像し最適なハンドルを考えましました

すると・・・・アタック

一心不乱のアタックを望んでいる自分が(^^;;;;

 

 

スピードよりは、テクニックでどうにかしたい。を実現したい

となると、トライアル系のハンドルを装備したほうが良いのでしょう。

そして、ZITAのハンドルがない状況なら、

純正の”モトクロスより”のハンドル位置を変えるべきではないと。

 

 

私がこだわった「高さだけの変更」については、

このハンドルバーはかなり正確に答えてくれていますので

新しいライディングになれるか、これで実証できるはずです。

 

 

 

次に、すでにクンニャリしていた純正のフットペグを交換します。

他人のオフ車に乗せてもらったときに、ワイドフットペグの素晴らしさには気付いていました。

DSC_0834.jpgDSC_0835.jpg

 

純正で十分なんですよ。十分。

けれど、既に形が失われていた事に加え

転倒すると曲がったまま戻ってこない状態になるから、ね。

時々ペダルが無くなってビックリすることがあるから(^^;;;

社外品の強度に期待です!

 

 

 

DSC_0840.jpgDSC_0841.jpg
 <あらよっと!!ここまでで3時過ぎ・・・4時ごろかな。 >

 

 

ハンドル周りのフッティングについては、少してこずりました。

ハンドルの内径が小さくなって、

これまで使っていたハンドガードの固定器具が使えなかったのです。

ま、SUNSTARの純正部品を捨てていなかったので助かりましたが

結構落とし穴かも!?

 

       DSC_0842.jpg
       <W R 2 5 0 R 戦 闘 準 備 完 了 !>

 

 

夕方になっても外が明るかったので

グース350のオイル交換をして本日(金)は終了。土曜日は福島まで父親を迎えに行ってきます。

金曜日の夜から下道でケチケチ行こうかな~。ken39さんオススメのルートで。

 

 

 

   ↑  ↑  ↑  ↑   ↑ ここまで金曜の夜  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

 

土曜日です。こんばんは。

 

金曜日のよるに福島まで行きました。

いわき市までは割りとスムーズにいけました。

朝早く父親を乗せて、土曜の午後には千葉に帰れました。

 

先週と違ったのは

福島からの帰路、対向車線が渋滞していた事です。

 

先週の高速道路の空き具合を知っている私は驚きました。

下道だからでしょうか。

 

 

 

いいえ違いました。

 

 

地震で倒れた家が沢山見えるルートで写真を取っている人が沢山いました。

 

ちょっとした橋や

連続で倒壊した家が見える場所を「スポット」に

なんかいも

なん何人も見ました。

 

彼らが車道脇に駐車した車のせいで、渋滞が起こっていました。

 

 

私も車を使っています。

なので、現地の方には迷惑だったと思います。

先週も友人に会いに行きました。

 

ですが、亀裂が入り片側通行となっている道路が多々ある状況の中で

複数台でワイワイと被災地観光ツアーはやっていません。

 

ガソリンを運ぶタンクローリー

食品を運ぶトラック

衣料品を運ぶカーゴ

仮設住宅を運ぶトレーラ

が渋滞に巻き込まれています。

 

 

動くパイロンは、現地で物を買います。

経済はそれらの塊です。経済は復興の必要条件です。

 

でも、でも、血圧の薬が届かないから移住することになった人の牛の面倒は誰が見るのですか。

家畜は非常に高価です。買いなおすことはもう出来ないのです。

 

 

どうすればいいのだろう。

 

 

 

                                      つづく

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック