オフロードバイク+++上上

整備ビンビン物語り!

年がばれる。そんなタイトルで始まった日曜日は

まさしく戦場でした

 

かすにんです

 

 

土曜日の夜、昨年度で会社を辞めた友人から電話があり

バイクを引き取って欲しいとの事。

 

私としては、友人がバイクに乗っていたことに驚いたのですが

乗っていたバイクにも驚かされました。

 


グース350(最終後期)

DSC_0732.jpg

初バイクでコレを選ぶ男の人って・・・なんつーマニアックな(^^;;;

 

 

 

 

彼がバイクの面倒が見れなくなる理由は、とても前向きで、賛同できるものでした。

私としても何か協力したいと考え

バイクを引き取り、長期保存に協力することにしました。

保存するのは「友人がまたいつか走るため」です。

友人の話には、バイクを処分(売りたい)したいという話もありましたが

ライダーであり続けることの素晴らしさ・・・というか

新しい生活の中にも余裕を持たなくてはいけないと説得し

無期限で預かることに落ち着きました。

 

友人は、とある県の過疎地域を中心に活動します。

現在の状況は「いろいろな意味で難しい」ことも理解して、

それでも自らが志願して行くとのこと。

応援したいです。

 

 

ということがあって、翌日の日曜日

長期保存のためのグース整備と、WRの整備を計画しました。

 

 

まず、グースの保存状態なのですが、ご覧の通り綺麗なノーマルです。

DSC_0733.jpg DSC_0734.jpg

タンクのふちや、フレームの先端などには、錆びている部分もありますが

年式から考えるととても綺麗な状態でした。

SUZUKIですから、錆びてナンボだというのに・・・(^^;;;

タンクがここまで綺麗だと違和感がありますね。

 

 

メンテナンスの前に

まずは「輸入代理店経由の中華高圧洗浄機で、さっぱり水洗いをしました。

       DSC_0736.jpg
        <WRも1ヶ月ぶりのお風呂でさっぱり!!>

綺麗なブルー2台。こりゃぁ、今年の流行色は青に決まりですね!!

 

 

かすにんは

綺麗なWR・・・とくにエンジン部分がトテモ好き。

DSC_0737.jpg

綺麗なフレーム、チェーン、カウルにうっとりしていると

あら、フレームが銀色になってきているのを発見。

年相応にハゲてきたわ・・・OTZ

 

 

グースもタンクが光を反射して綺麗。車体も軽いし結構いいかも。

この車重で100psぐらいのバイクが出たら欲しいねーwwwww

DSC_0738.jpg

 

 

洗車が終ったら、水を洗い流すつもりで軽く試走。

うん、大変素直なノーマルの香り。

DSC_0740.jpg

それでも8000rpm付近から振動が激しくなってきて

これが1気筒バイクだって事を感じさせる。

エンブレも弱くて、そのままバンクできそうな勢い。

はは、ロードバイクってどうやって乗るのだったっけなぁ。

ヘルメットとグローブも、倉庫の奥底だわ(^^;;

 

 

 

DSC_0735.jpg

帰りがけにタンクが錆びないよう、ガソリンを満タンにします。

 

と、リアブレーキが鳴き続けるのがうるさくて

暫く負荷をかけてパッドを削るためにリアブレーキを引きずって熱を入れていると、

物凄いスカンスカンに。

 

フルード交換をサボっているのだろうな・・・と思って

フルード交換をしようとすると 

DSC_0739.jpg

このバイク、見た目より疲労しているのかもしれません。

バイク好きじゃないと、こんな年式のバイクを維持してゆくのは辛いでしょう。

 

しかもよく見ると、ネジアナが壊れているだけじゃなくて

埋め込まれているボルトも、タンクのブラスチック部分にもヒビが入っている・・・OTZ

DSC_0743.jpgDSC_0742.jpg
<ネジアナ、ボルトもブレイクしとる!!>

仕方が無いので、別のバイクのパーツから

リアブレーキフルードのタンクを移植することに。

 

 

 

この錆びはなぁ・・・サンドブラストでサビを飛ばして、塗装すればよいのだが。

この色のタッチペンは持ってないんだよね。

DSC_0744.jpg

 

 

ということで、ほい!と、HONDA車についていたタンクを移植。

うん、違和感ないね(^^;;;

綺麗なフルードはまるで水のよう。

DSC_0745.jpgDSC_0747.jpg

 

 

 

一緒にフロントのブレーキフルードも交換することにして

タンクを開けると・・・うげぇ、汚い。

DSC_0748.jpgDSC_0749.jpg

私のバイクにはこんな色したブレーキフルードは認められません。

この子もウチに来たからには、ウチのルールに従ってもらいます。

 

ちなみに

過激に走るわけではないので、比較的安価なDOT4を使っています。

DSC_0746.jpg

このブレーキフルードは湿気に強くてお勧めですよ!

HONDAやヤマハの純正、ワコーズなどの高級フルードも試しましたが

このブレーキフルードが一番です。

いいですか?

このブレーキフルードが一番ですよ!!

RSVでもテストしていますし、限界性能は確認済みです。

 

もちろん蓋も掃除します。やるときは徹底的に。徹底的にですよ!!

DSC_0750.jpg

 

そして綺麗になりました。ブレーキタッチもこれで性能を取りもど・・・・ん?

妙なタッチが感じられます。

DSC_0751.jpg

 

 

徹底的にやります

DSC_0759.jpg

写真には無いけど、ブレーキマスターを分解して中身を洗浄しました。

組みなおしてグリスアップ。

カッチリとしたブレーキタッチが戻ってきました!!(^^;;;

 

 

ここまでくると、何かエンジンがかかってきちゃいまして、

目に付いたところから分解と清掃を繰り返しました。

 

まずはヒューエルコックの分解清掃。

SUZUKIはここが弱いので、よくガソリンを漏らします。

DSC_0752.jpg 

 

次にグリス切れした稼動部の分解・清掃・グリスアップを目指します。

スタンドの分解とグリスアップ。

DSC_0755.jpgDSC_0758.jpg

 

そのまま、 ステップとタンデムステップの稼動部へグリスアップ。

DSC_0756.jpgDSC_0753.jpg

 

憧れのヘルメットホルダーにもクレ556で防錆&潤滑油さし

あ、もちろんキーシリンダーにもクレ556。

DSC_0757.jpg

 

 

 

それが終ったら、残った水滴をふき取ってワックスを塗り込みます。

 DSC_0741.jpg

 

と、そのときにはカウルを外すので、

バッテリーにひと工夫を加えます。

DSC_0760.jpg

トリクル充電器接続用のケーブルを自作し、バッテリーに装着

組み上げて充電開始。

 

     DSC_0761.jpgDSC_0762.jpg
        <バッテリーの乱れは・・・・心の乱れ!!>

 

充電している間にも、隅々まで整備。

次はエンジンやアルミ部分を「オイル拭き」します。

長期保存の基礎中の基礎ですね

      DSC_0754.jpg

そういえばこのエンジン、オフロード車にも使われていたそうな。

たしかに下があるし。350CCだと十分なパワーを感じる。

油冷のオフ車かぁ・・・ゴクリ。

 

 

とりあえずコレでグースの整備は終了。

クラッチやスロットル近辺の清掃、グリスアップなど、やりたいことは沢山ある。

 DSC_0763.jpg

けど、私のバイクはWR250R。

一番に愛でてゆきたいのはWRなのだ。

DSC_0765.jpg
<ごめんよWR待ったかい?>

大切にしてない?

いやだなぁ、大切にしまくってるよー

 

それ以上にハードなだけでwww(^^;;;;

 

 

今日のWRたんはラジエータホースが手元に無いので走れません

だから、新しい靴を履かせます。

 

と、その前に

古い靴の状態を嘗め回すように確認します。

DSC_0766.jpgDSC_0767.jpg

私の場合、前後共に空気圧は0.7で走行しています。

以前は1.0から0.5辺りを、自由に変えていたのですが

今は計画的に、0.7にホールドしています。

 

というのも、気圧を下げすぎると

TW302ではフロントはグリップが悪くなる気がするからです。

リアはそこまでの劣化を感じません。

 

この感触は、特ににK山のウォーミングアップで走っている場所で感じられます。

路面状況は、砂や小石がたんまりある場所で、滑るというよりは、よじれる感覚です。

逆に、同じ道を空気圧を1.0で走るとすんなり走れることが多いです。

バンクさせることなく、直進するだけなら

ガレた道でも平坦な道でもどちらのタイヤの感触も変わりません。 

しかしコーナリングは・・・とくに柔らかい路面のコーナリングは

空気圧が高いほうが、接地感が途切れず伝わってきて、安心します。

 

この辺については

柔らかな路面を突き刺さして走るような面圧が関係しているのでは?と思っています。

確証が持てないので、今は空気圧を固定して感覚を体にしみこませ

後に、空気圧の変化だけを確認する走行をしてみたいと思っています。

 ddddd.jpg
 <かすにん的分析。>

 

 

単純に、バイクをバンクさせれば良い訳ではない。

と、

わかっていつつも、両サイドの減りを確認してしまいまする・・・(^^;;;

     DSC_0768.jpg
       <これでタイヤ捨てるの勿体ねぇ・・・>

 

 

そうこうしていると、親から緊急指令が!

軽自動車のバッテリーが弱っていて

バッテリーを交換して欲しいとのこと。 

 

近くのカー用品店にバッテリーを買いに行き、けちけち自分で作業。

というより、待ってたら時間がたりない!!

バッテリーは充電済みのもので、そのまま使えます。便利だーぁ。

DSC_0764.jpg
 <昔の私のトランポ。5万キロしか走っていないから、まだまだ使うよ>

 

うーん、この辺から整備しすぎで疲れが出てきてますが

今日は整備”アタック” ですから、まだまだ行きますよ。

 

 

そうです、今日は邪眼の力を解放する日・・・魔界の竜を

 

モトクロスタイヤGEOMAX MX 51 召還でターン終了を装着しました!

DSC_0769.jpg
 <WRのイカつさの半分は、タイヤで出来ています。実証。>


すげぇええ!

アレだけの整備メニューこなして、

前後タイヤまで交換とか、ステキ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

リアタイヤのチューブがパンクしているけどねwww(^^;;;

 

前輪は上手くいったんですよ・・・ビートストッパーも簡単に組み付けられて。

けど後輪がだめだったのです。

あせってパンクさせました。

 

 

一度、後輪も装着を完了していたのですが

ビートストッパーを二個装着しようと

無理やり突っ込んで・・・ パンク\(^o^)/オワタ

 

 

午後5時ごろでしょうか、パンクとわかった瞬間、何かが切れました。

もう疲れちゃって、ギブ。代走を頼みたい。

でもギブしたって、

作業道具の掃除とかトランポへ積み込んだりしてたら

あれよあれよで6時に。

 

ヘトヘトだったので、即効で風呂に入ってご飯食べて。

今に至ります。

 

 

来週はラジエータホースつけて、リアタイヤを組みなおしたら試走するぞー

邪眼の力をなめるなy!

それとミニバイク(NSR50)は売ると決めました!

ガレージがミニバイクのパーツで狭くなっちゃって大変だもん

誰か欲しい人いる~?

 

 

 

                                         つづく!!

 

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック