オフロードバイク+++上上

マスツーリングは怖くないから・・・!?

林道友の会さんとのツーリングにお邪魔させていただく事となりまして

12月26日にT山へ行ってまいりました。

 

 

かすにんです

 

前日の夜、なかなか寝付けず、

23時、25時と目が覚めてしまって・・・ドキドキしていました。

DSC_0440.jpg
<うっすらとT山が見えます。時刻は・・・5~6時ぐらいかな。>

 

何度も夜中に目が覚めてしまい

朝4時には頭がシャッキリして眠れなくなってしまったので

とても早いのですが、家を出発することにしました(^^;;;

 

朝飯でもゆっくり食うべな~~

 

 

 

-----ということで、

早朝のため車通りが非常に少ない道をスムーズに進み、目的地に到着しました。


 

着いたら早速バイクの点検を始めます。

 DSC_0442.jpg
 <隣は菊さんとTオヤジさんのトランポ。もっと早くに来ていたようです>

 

バイクのメンテナンス自体は、前日に終らせていたのですが

今日のルートが読めていない以上、安心は出来ません。何度も確認を行います。

聞いても判らないところを通るのだろうな・・・という漠然とした不安があるので

工具もいつもより多めに必要なのかな?とか、悩んでました。


不安な部分は、自分が納得するまで排除するしかありませんから

各所のネジ緩みの確認や、ガソリンの給油。バックに詰め込むものの確認を行ったら

近くの神社にお参りをしていました。

無事で帰ってこれますように。 ってね(笑

お賽銭も入れましたよ(^^;;; 完璧ですよね!

 

 

 

さて、

続々と集合する初対面なメンバーとのご挨拶が終りましたら、

まんぐたんさんをとTオヤジさんの仕切りでチーム分け、という流れになりました。

メンバーは全部で9名ほどなので、4対5で分けると丁度良い規模になりますね。

オンロードのツーリングでもこの人数はなかなか無いなぁ。と、主催者の仕切りっぷりに関心。

 

 

ただ、

集合場所での会話で、さんざん煽られて居たので

とんでもない所に来ちゃったな・・・」 と小心者の私は胃が痛め。

比率がどうなろうと、選択するのはゆるーいランクと心に決めてました。

      images.jpg
         <ううっ、緊張して胃が痛い>

 

 

それと、

ウォーミングアップの名の下ゆるーいランクで走ることで

他のメンバーの能力を確認できるだろうから、そのなかで

徐々に合わせられれば助かるかなぁ・・・と、思っていました。

 

走り出すまでは。

 

 

 

 

最初に断っておきますが

この先の話には写真がありません。

写真を取る暇が無いからです。

 

 

 

ちっと進んで振り返り

写真をパシャ。 

ココはそういう所じゃないだろ。

早く気付かないと置いて行かれるぞ。

 

そういったメッセージ性のあるツーリングであったと、気づけました(^^;;;


 

 

 

ということで、ゆるーい組みの皆さんも

ダート路面に入ったとたんに1速2速と全開をカマしてました。

 

カマしてない?

 

いいんです、私には全開なのですから(--;;;

それほど差があるのです。

 

 

というかですね、

マシンを労わらないのはオフローダーの悪い癖です。だいたい、温度管理がなってない。水温よりも油温は低いもので、私のデータでは800ccのオイルが温まるにはCR80のチューニングエンジンでレーシングを約15・・・・・こら聞いているのか!!ギアオイルの粘土はクラッチにつ

これ以上出すな、スピード出すなって。(ノTДT)ノウワーン

 

 

このツーリング、とにかくアベレージが高い。

私のソロ・ツーリングで「よっしゃ!!やったるでー」モードで出すスピードが

常に・・・というアベレージといったところか。

 

 

今回のルートは初めてのコースだったので(コースって言っていいのかな?)

ブラインドコーナーに躊躇して全開が遅れたコーナーがありました。

そしたら、その一瞬で真後ろからEg音が聞こえるし。それもエンブレが。

 

これはキツイです。

ロードで言うところの煽りですから

 

しかも、自分は全力で走っているつもりなのに。

ペースに溶け込むとか、リードするとか(笑

そういったレベルに達していない自分は「上手く着いてゆけない」のです。

 

前走者と比較して、最終到達速度的にはいい感じに乗っていても

アベレージが低いことに気付くのに・・・数分もかかったし。

冷静さもなくなっていました。 

てか、レースに出てた頃と比べるとホントに自分は衰えた。衰えました。

この辺の反応が鈍くてがっくりです。

 

 

林道で前走者が見えなくなると(笑

やっと自分のペースとルートを探しつつ走る事になり

純粋に道との対話に入ることが出来ました。

 

その中でやっと気付けた事なのですが

他のライダーとのスピード差の原因は「ブレーキング」じゃないかと。

 

コーナリング脱出速度が遅いのは、

的確なポイントで止まれていないので旋回にマゴツキが出るからのよう。

    ※フロントの接地感”命”で走っている私は

     登りのブレーキングについては一端の自信があったのですが

     常にこのスピードと、初めてのコースではデンデン駄目。

     デンデーン駄目です(^^;;

 

また、言い訳、、というか詳細原因は沢山あります。

初めて1.0kg以下に落とした空気圧によりタイヤのフィーリングが変わっちゃってる事とか、

前走者の後ろを高速で走ることが初めてだとか、、、いろいろ。

ただ、上記の原因に半日取り組んでも着いて行けない気がするゆ。(´・ω・`)ショボーン

 





途中休憩にて、ジュースを飲みながらバイクの話をしましたが、

私自身は腕がパンパンで休憩ではありませんでした(^^;;;

体力ないわーー、無駄な力はいってるわ・・・OTZ

 

あ、その場で教えてもらった「オフロード車の乗り方」のポイントは下記との事でした。

  ・ハンドルの持ち方、ブレーキ、クラッチの操作方法。

  ・バイクの乗車位置(座る位置)

  ・コーナリング時のへその位置、頭の位置、腕の位置

  ・リアブレーキの使い方

  ・立ち乗りの大切さ

  ・タイヤのこと

 

余談でしたが、疲れがピークだったため、

お昼の食事(タンメン1杯)でもノックダウンしそうでした(^^;;;

 

 

 

そんなこんなで午後の部へ。

 

って、

これ、ガケやん (byしんすけ)

DSC_0443.jpgDSC_0444.jpg
<このガケにチャレンジするのはジャンキー。。。けど、楽しそう。>

 

微妙に回復した体力でも、流石にこれは・・・OTZ ユルシテ

2名の方がチャレンジしていましたが、どちらもビックリするほど上手かったです(^^

 

 

 

さて、上記ポイントを通り過ぎた後も、

振られたらヤバイことになる場所を進むとか

ガケの脇を進むとか

こういった類の道を続け無事にツーリングを完了しました。

事故が無かったので100点、かな(^^;;;

 

 

 

DSC_0445.jpg
 <休憩中に取った写真>

 

午後も、写真を取る暇が無いほどアドベンチャーだったので、苦しかったです楽しかったです。

と、同時に一気に課題が振ってきた気分です。

 

マスツーリングのすばらしさ、アタックツーリング。癖になりそうです。

近場にオフロード仲間を作って、色々行ってみたいと思います。

 

それもあるけれど

これからの正月連休は・・・正直言ってーーーーー修行かな。

ブレーキングの使い方がラフすぎるから、癖になる前に修正したいし

 

WRのバックが邪魔でリア加重が出来ていないことに気付いたので

その辺の修正とか。

 

とにかく癖になる前に。今のうちになおさにゃぁ・・・ぺろぺろ。

 

 

 

 

 

 

あ、大掃除のほうが先か・・・・OTZ

                             つづ・・・・け!!

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック