オフロードバイク+++上上

フィニッシュ!170km走ったよー

週末ツーリングのレポートって、

自分が走った時に感じたことを思い出しながらの作業だから

課題点なんかも忘れないままに、次の週末に突入できるから好きよ。

 

 

かすにんです

 

リアタイヤのエアキャップ、無くしたんだ!!

ココまで書いてやっと思い出したわ・・・OTZ

 

 

昼飯と休憩を取った時間は13時過ぎだったかなぁ・・・朝から5時間走り続けたから

結構疲れが来ていた思い出があります。

 

最後の盛り上がりへ向かい、ターマックの林道を走ります。

DSC_0303.jpg

このルートは、もう全て舗装されてしまった・・・・

 

DSC_0304.jpg

ふう・・・タイヤが磨り減っちゃうな。

 

 

 

 

まぁ、舗装の林道でのレポートは特に無いのですが

DSC_0305.jpg

走り終えて、振り向いてみたら、違う林道だったりしてカオス(^^;;;

けれど、車で紅葉を見に来るときには最高な予感ですよ!

sfsafsasa.jpg

 

 

 

さて、

 

最終的目的地。ここが林道 大沢線です

DSC_0306.jpg

ふふ、入り口が舗装されているけれど、隠しきれないそのオーラって奴ですよ。

この林道大沢線は、その先で林道 小川線 平倉線 に切り替えられるんで

体感的には、長ーーいルートとなっています。

 

 

大沢線

より大きな地図で 20101215林道大沢線・ を表示★

 

小川線 平倉線

より大きな地図で 20101215林道小川線・平倉線 を表示★

 

 

 

まず最初の大沢線はフラットダートです。

少し大きめの石がゴロゴロしていて、速度は乗らない・・・乗せないほうがよいルートですね。

ストレートが長いので見渡しもよく、初心者向けですよー。

DSC_0307.jpg

 

 

そしてその先、に支線がありまして、橋を渡ると砂利道の登りが楽しめます。

道幅が広いから、思い切ってスロットルを全快できたりするので

コレもまた良い練習になります!

DSC_0308.jpgDSC_0309.jpg
 <ここが分岐点ですよーーー。橋を渡ると砂利道登りです!>

で、登りルートを走ったあとは、急にヌタリます。

 

ここも初心者向けと感じましたね。

ヌタリといっても「走りにくい」程度の道なので、ふらつきながらも右へ左へ突き進みます。

 

この道は、切り立った岸壁の横目に

今まさに紅葉!といった木々を見ることが出来るので大変癒されました。

地面に敷き詰められた赤い枯葉が、絨毯のよう。と、思いました。
 

 

 

 

橋の先にある更なる分岐。ここから先には行きませんよー

DSC_0310.jpg

 

最後に選んだ林道は単純な道なんです。

 

分岐が少ない

悪路条件が少ない

危険が少ない

 

そんな単純な道って、重要ですよね?

 

「基礎」訓練は「反復練習」が中心だと思っています。

頭で考えたイメージが、「本当に起こること」を確認するのが中心だからです。 

そんな「確かめ」には、操舵の結果が鏡のように返ってくる・・・そんな単純な道であるほど良い。

今回の道は私の操舵に対して、どんな挙動を返してくれるのか

少しずつ試して、進んで、試して、進んで。

 

あれちょっとちがう、

 

ああ、”こう”だったよな。

 

 

とかなんとか(^^;;;

一人で走っていても、楽しいことってあるんですよ。

 

 

また、先が見渡せて安心感もある中で、バイクとの対話に入るってことは

集中力が高まってきて、事故の可能性も低くなるし

基礎練習の上にくる

くるぶしホールドとか、自己流で試している「立ち乗り」とか、

これから必要となるスキルの経験値が上がってゆくのを感じられます。

 

 

 

 

と!

 

DSC_0311.jpg

完全に道が潰れてる。これじゃぁ駄目そうですね。

引き返して橋を渡り、右側のルートへ進みます。

 

 

右側のルートは林道からの出口へ向かっていて

暫く砂利道を走ることとなりますが、直に舗装路になります。

舗装路の名前は林道小川線。ここで息を整え、続く林道へ。

DSC_0312.jpg

 

 

 

次のルートは林道平倉線。

もう既に、半分舗装されているのですが、悪路であることには変わりませんヨ。

DSC_0314.jpg

写真には車が止まっていますが、人通りはなく

ココもまた、バイクとの対話モードで練習が出来るよいルートだと思います。

初心者向け・・・今の私にとって最適なるルートの一つだと思います。

 

 

で、息がととのって

バイクの制動を再確認したら、本番ルート。

 

うーん、このコース料理のようで楽しい(^^;;;

今日という日の総集編に相応しいって奴です!!

 

 

本番ルートは・・・実は名前がわからないのです(^^;;

ダムの脇を掠めて走る林道 平倉線からの分岐なのですが

たて看板によると、新郎なんとか・・・とか。(全然判ってない)

sfsafsasa.jpg

 

 

道のコンディション的には、適度にMUDかと思えば

石がむき出しな部分もあるし、轍もあります。

道幅も狭くなって、なめてかかるとちょっとヤバイかな?

 

DSC_0316.jpg

写真を見てもらうと判ると思いますが、フカフカとなった枯葉のなかに、石や木があります。

木にフロントタイヤが当たると、斜めに滑るから危ないし、

ガードレールが無いからスピードを落としたほうが良いルートですね。

水溜りも数多くあるので慎重にルートを選びながら走ります。

 

 

と、

 

あああーーーーコレじゃ通れない・・。

DSC_0317.jpg

 

 

 

もちろん、木の下をバイクを倒して進めばいいとは思う。けど、

地面がぬかるみ過ぎていて踏ん張りが利かないし

ソロツーで、現在の体力で、この時間帯ではNGゾーンだと判断しました。

 

朝一にこの場所に立っていたなら、

木をすり抜けて、奥へ奥へと進んでいたと思います。

 

でもね、今日はもう十分。

 

 

 

 

その場で180度方向転換をして、小さなダムの辺で休憩。

時刻は15:00を過ぎていたので、本日は・・・コレにて終了!!

DSC_0318.jpgDSC_0319.jpg

 

 

ちびちび飲んでいたスポーツドリンクを、ぐいーーーーーーーーーっと飲むと

今日一日の走りが体に染み込んでゆくように感じました。

 

今日のツーリングも大満足な出来かな。

 

ま、幾つかの道は最後まで見ることが出来ませんでしたが

後日の楽しみに取っておいたと言う事で。(^^;;

 

 

 

とかなんとか。

 

 

 

 

大通りへ出る頃には16時近くになっていました。

夕暮れが近づく太陽を見ながら海岸沿いを走り、トランポの元へと急ぐのでした。

DSC_0320.jpg
 <鼻歌うたっちゃうぞーーーー>

 

 

泥だらけの服は、ビニールケースの中にぶち込んで、家で洗濯~~

泥を軽くぬぐって、トランポに積み込んだWRをみて、「今日もご苦労さまだぜ相棒」と。

DSC_0321.jpg

 

それじゃあ、帰るか!!

 

と、その前に足湯で疲れを癒さなくっちゃ

ここの道の駅に来た意味が無いよね

 

 

 

 

 

 

おっさん「足湯は清掃が終わったから、

      今日はもう使えないよ

 

 

 

 

 

かすにん「え?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さ、千葉県名物のビンゴバーガーバーガー!!

 

 DSC_0322.jpg

 

おっさん「今日のラストオーダー終わっちゃったよ。

      ごめんねごめんねー

 

 

 

 

 

 

おっさんソレ茨城だろ!!

 

 

 

 

 

コンビニ飯を車内で食べながら、帰るのでした・・・トホホ

もり下がるわ・・・

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック