オフロードバイク+++上上

WRのある週末 第二部

砂浜でバイクを投げても動じない。

 

それが俺流。

 

 

かすにんです

 

DSC_8547.jpg 

前回の続きから。

 

 

この写真ですが

 

私の家から30分で行ける海岸の駐車場には

一部、砂で覆われた駐車場があるので、そこでWRjの乗り方を練習した時の写真です。

 

 

練習ですし、転倒もするのだけれど

砂浜だから全然痛くないし、バイクも壊れない。

ただちょっと、砂まみれになっちゃいます。

 

DSC_8549.jpg DSC_8546.jpg
 リア周りはもちろん砂だらけ

 

 

この砂まみれは結構厄介で、至る所に砂が付いてしまいます。

 

DSC_8550.jpg

エンジンガードの中にまで砂が入っちゃっていますね(^^;;;;

 

家に帰ってきたら早速洗い流しましたよ!

洗ったのが・・・だいたい8時ぐらいかなぁ。

 

で、練習の無いようですが

まずは、可能な簡単なところからチャレンジします。

基礎中の基礎、「8の字」です。

 

この練習はRSVでもやったことがあるし(もちろんオンロード)、

他のバイクでもやった事があります。

他人のバイクに試乗させてもらうときにチョイとチャレンジすると

バイクの特徴がつかめる。そんな良い練習だと思います。

 

 

さて、練習の成果・・・!?ですが

 

砂浜でのWRの挙動と、前回林道で走っていて感じたことで

共通・相違がある事に気付けました。

 

 

一つ目は

   WRはバイクが軽い分、色々な方法できっかけを作れる。けれど、

   走っている場所のミューが低すぎる(or悪路すぎる)。だから

   タイヤと路面状況から「その場面で適切」なキッカケ作りをしなければならない、ということ。

   砂は、コーナリング中にフロントへの加重をグイグイ飲み込んで沈む。

   ハンドルをネジ込むように曲げても、フロントは十分にグリップする。

   クイックに曲げるには、リアを空転(スライド)させる。

   林道は、フロントへ加重をかけるとスリップする。路面にタイヤは食い込まない。

   減速はフロントとリアで50:50で極力スリップを避けるもの。

   クイックに曲げるには、ねじ込むとスリップするからバンク角を稼ぐ必要がある。

   その分、車体を安定させるためにリアに重心を寄せてゆく必要がある。

 

二つ目は

   路面抵抗の少ない場所でフロントブレーキをかけると

   フロントが滑って加重が抜け、転倒してしまうことを判っていながら

   「あえてのフロントブレーキ」で転倒を回避できること。

   これは8の字練習で判ったことなのですが、

   先に走ったラインのワダチにフロントタイヤを乗せてしまい、

   今走りたいラインよりも内側にフロントが持ってゆかれる事がある。

   それをブレーキで意図的にフロントを滑らせて(低速ならば回避する使い方がある。

   dsfさふぇさ.jpg

 

三つ目は

  内足でバイクをひねる、いわゆる「ロード乗り」は可能。

  ただし、リーンインする加重移動は林道では力強すぎてスリップを生む※ことと、

  足の長さの関係で、車体をホールドできない事から車体の揺れに弱いということ。

  なので、ある程度の挙動が読めるサーキットでは、オフロードバイクでも十分に使える。

  ※タイヤのグリップ限界までクイックに曲げることが目的なので、グリップが無いなら不用

 

この3つを感じました。


 

DSC_8548.jpg
<砂が掘れる掘れる>

 

 

練習では何回も転倒したけれど、

1~2速程度の速度範囲内ならば、180度回転をスライドで曲がりきれるようになってきました。

まだ初日なので身については居ないので、定期的な練習が必要とと思います。

 

 

共通点についてですが

重要なのは視線、 そして肩の位置。この点がオンロードと同じでしょう。

当然ながら視線が下向きすぎると転倒します。

ただ、その意味合いは「バイクの”車体”の関係上」変わっているようで

追っている事は両者同じ、外見が異なっているだけだと思います。

 

★安定性を求めるためにホイールが大きくなる

    ⇒サスが大きくなる

      ⇒反動が大きくなる

        ⇒ハンドルを大きくして、小さなちからでハンドルを切れるようにする

         ⇒ハングオンのときに肩が斜めになって、バランスが崩れる

          ⇒ハングオンが使えない。

激しく揺れる上体のお陰で「視点を安定させる」という意味でも

ハングオンが使えない状況にはなっていますが

見ている先は同じです。

 



こんな脳内整理が終わったところで

次の課題をみつけて、また走りに行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

って、

日曜日はまだ続くんですよ!!

 

何度か転倒して体力を使い果たし、家に帰ったあと

そのままWRの1ヶ月点検へ行きました。

DSC_8552.jpg
<バイクショップでみたV-MAX。新型かよっ!!>

 

1ヶ月で2050kmほど走っていました。

少し走りすぎな気がしましたよ(^^;;;;

 

 

その後、千葉県内の林道スポットまでツーリング。

DSC_8553.jpg

DSC_8554.jpgDSC_8555.jpg
<高滝までツーリングに行きました。>

 

 

ツーリングにいったら、そのまま林道(軽度なもの)へ行きました。

DSC_8557.jpgDSC_8558.jpg
<ここはほんの入り口・・・>

 

 

この林道を通ると

途中でレース場が見えます。

DSC_8559.jpgDSC_8560.jpg
<袖ヶ浦 フォレストレースウェイ」>

ここ、立地状況があんまり良くないねー。

 

林道を走り終えたら、後日チャレンジするスポットを調査しておき

そのまま家に帰りました。

決して林道入り口のドロドロの坂が登れなかった訳ではありません!!

戦術的敗退は戦略的敗退では無いのです。


(^^;;;

 

 

そんなこんなで

実に12時間以上バイクに乗った日曜日です。

体が・・・いた・・・い OTZ

 

 DSC_8561.jpg
  <いいのか?包帯(忌呪帯法)を解くぜ?>

 

 

 

 

【やることメモ】
・ハンドルガードの修正

・タイヤにビートストッパーを取り付ける。

・ストッパーの取り付け口と、エアバルブの部分のパーツを交換する。

・ステムとスイングアーム、リンクをグリスアップする。

 

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック