オフロードバイク+++上上

台風の中でコソコソ

関東を台風が直撃しています。

 

かすにんです。

 

寒くて布団から抜け出せないよ・・・っていう土曜日ですね。

 

さてさて、先週、すばらしい森の人から得た知識

私にも可能な範囲で対応するべきですよね。

 

 

まずは、

・ビートストッパー必須 から。

 

林道を走るときに最適なタイヤは、凹凸が大きなブロックタイヤです。

ブロックタイヤは基本的に、「崩れやすくミューが小さい」路面からでもグリップを得られるよう

面圧を高めるための細いホイールに装着されています。

しかし、「細いホイールは接地面積の低下」という、狙いと真逆の結果も招くため

接地面積の向上を狙って「タイヤの空気圧を抜く」という使い方をします。

このようなタイヤ設定状態においては、

ホイールとタイヤの摩擦は小さくなり、走行に際して「ズレ」る事があります。

ビートストッパーはこれを防ぐ商品です。

ddsafewa.jpg
  
 ダンロップ ビートストッパー

 

 

 

次に

・ハンディタイプの空気入れ必須を用意しました。

 

ddsafewa.jpg 
 DRC ミニフットポンプ

林道でパンクした場合に、パンク修理をするつもりですので

携帯できる手のひら・・・より少し大きい程度のポンプを購入しました。

できればパンクはしたくないのですが、空気圧を下げると、パンクの可能性は高くなります。

空気圧を下げないとミューが稼げず転倒するので・・・背に腹は変えられぬ。ということで。

 

・ブレーキ、ホイールを取り外す工具は、

現在持っている工具箱から選抜するつもりです。

ビートストッパーを取り付ける作業を実施してみて、

タイヤを外す訓練、タイヤを取り付ける訓練

そして必要な工具を選定するつもりです。

 

・パンク防止剤をチューブに入れること

林道は、「パンクありき」 で挑むことで80%、

パンクになってもペースに大きく影響を受けないので100%です。

転ばぬ先の杖という意味でスライムを購入しました。

ddsafewa.jpg

 

 

・バイクの航続距離が短いへの対策は

ガソリン携帯缶を購入しました。900ccも捨てがたいけど700ccで十分。

バックに入りやすい大きさだし、これで20km以上走れますから。

 16653_1.jpg

 

 

・バイク用キャリアも必要に関しては

------いまだ「必要かどうか」考えています。

ツーリングバックが取り付けられているので、それで十分かと。それよりも必要なのは

ディスクガードやチェーンガード、ラジエーターガードのような気がするし・・・。

 

 

 

次はお金を貯めてガード系を準備するかな。 

いやいや、お金を貯めるまで待っていると

ガードがないためにバイクが壊れる、という悪循環になるから 

購入してから財布と相談するか (笑

 

 

一週間3000円以下の生活は、永遠に続きそうだぜ(笑    OTZ

 

 

さて、明日は日曜日。

晴れてくれよーーーーーーぉぉぉおおい

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック