オフロードバイク+++上上

説明書が無いのが悪いんだってば!

うにゃーーー

 

かすにんデス

 

昨日(土曜)にセットアップしたWRのパーツ、おかしいでしょ!?ってことで

組み直しを検討しました。

 

 

けど、

 

まずは

DSC_8455.jpg

こいつね!コイツが無いと始まらないよね!

あさっぱらからWestWood まで行ってきました

スタンドとウェア、プロテクターを購入したらとんぼ返り。せわしねぇ・・・

ここの所、毎週行っているような気もする・・・。

 

スタンドの件は、SM450Rには転用できたJ-Trip用のスタンドが

WR250Rには利用できないことが判ったので、急遽購入することとなりました。

 

サスペンションのストロークが長すぎてリフトアップできない事と、

リアスイングアームに支持ステーを装着する部分が無かったので

流用はできなかったのが理由です・・・はぁ。痛い出費なり。

しかも、SSバイクはもう無いから・・・無駄なんだよね...OTZ

 

 

それはさておき

選んだのはDRCのリフトスタンド

DSC_8456.jpg

これがDRCのスタンド。

心ばかりのショックアブソーバが付いているのが特徴です。

 

 

 

もちろん組みつけの際に、各所へグリスアップを忘れません。

DSC_8457.jpg

 

バラせる稼動部には全てグリスをつけ、セットアップ完了!!

 DSC_8458.jpg

 

 

WRの腹下にセットしたら、スタンドを踏み込んでリフトアップします

DSC_8459.jpg

 

 

この状態、中心をちょっと踏み外したかな!?

フロントタイヤが設置していますね。

うまく中心を捕らえると、前後のタイヤがフリーになりますYO!

DSC_8460.jpg

 

リフトアップ状態にできたのならば

フォークトップブリーダーも装着可能でした!!

 

この便利さに満足!!スタンドいいわー

 

 

本日ウェストウッドに行ったメインの目的は、ウェアの購入だったのですが

スタンドも買えてよかったです、仕事が進んだ気がします(笑

 

 

 

さて、

ハンドルガードとスロットルが干渉してしまう問題についてですが

私のハンドルガードの固定方法がおかしい事がわかりました。

 

DSC_8463.jpg
<干渉するグリップエンドを切り払うの図。>

ハンドルガードが固定できないのはこれが原因みたいだね!

 

計ってみたところ、

純正のハンドルの内径は19mmもありました。

ハンドルガードが装着できるハンドル内径は16mmなので

これが固定できない理由なのでしょう。

 

 

この問題に関しては、

さとやん大司教から多大なるご支援を頂き解決方法が判りました。

images.jpg images.jpg
 <大司教近影。>   <最近骨折して、チタンを埋め込んだらしい。>

 

注意するポイントは2つ。

 

 

①スロットル、キルスイッチ、ミラーを内側にオフセットすること。

  ⇒かすにんはオフセットを行わなかったので、グリップを削った結果
    グリップの先を切ることとなってしまいました。

canvas12.jpg

 

 

②ハンドルガードはハンドルと固定し、スロットルとは接触させない。

  ⇒ハンドルバーの内径を間違えていたから、

 

PA102742.JPG

 

と、ここまで判ったのですが

三連休でバイクに時間を割り当てられるのは今日まで。

いわゆるタイムアップってやつですね。

 

Egがまだ500kmしか走行していないこともあり

今度のツーリングは慣らしになるでしょうから

ハンドルガードは仮固定のままでツーリングに行き、その後じっくり直そうと思います。

 

忙しい連休だったけど、最近充実しているわーー

でぇわっ!!

 

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック