オフロードバイク+++上上

トランポ室内設計&材料情報あつめ

トランポの納車は連休初日、9月19日になりそうで

ちょうど一週間前なので・・・・もうなんていうか、

ワクテカが止まりません(・∀・)

090906_1212~01.jpg
<もうすきにしてくれよ・・・・>

 

かすにんです

 

親にあげる軽トランポから、スピーカーやらAC100Vコンバータやらを取り外していました。

ETCは・・・はずさないであげたほうがよさそう。

取り外してセレナにセットアップすると工賃が7000円かかるんだけど

新品で購入しても18,000円だし。ケチるところじゃないかなぁ・・って。

 

さて、

今日はセレナのトランポとしての設計を妄想しつつ、

ホームセンターに行って材料を確認してきました。

 

 

土曜日は雨。死んだ魚のような目をしていたじゃないか。
090906_1212~02.jpg
<ころころかわるやっちゃなぁ
~~~~>

 

ホームセンターに行って確認したかったのは、トランポにバイクを積み込むための「ラダー」です。

ミニバイクオンリーだった私の現在のラダーは、、たんなる合板の板なのですが

今度は大きなバイクも積み込むため、鉄製のものが必要になったのです。

 

   Q.え?バイク用のラダーって、ホームセンターに売ってるの!?

 

?   A. YESミスター・カオス!!(古ッ) 勿論売っています。

 

 

あまり知られていない・・・わけじゃないと思うんだけれど、

一般的なバイク用品店に売っているラダーのほとんどは

ホームセンターの足場売り場でメジャーなメーカーが作っています。

どのホームセンターでも確認することが出来ないのは「売れセン」を外しているから。

だから、品揃えの多い店舗に足を運ぶと−−−−

TS3I0629.JPG
 <はい、このとおりです。いつかは売れセン、常設ですね!>

 

あ、でもまだ買いませんヨ

鉄製のラダーを買ったことがないので、この価格が安いかどうかは不明なのです(^^;;

 

最近流行の「軽量ラダー」ではRSVの車重に耐えられないことは判ったので

選べるのは一般的なアルミ製ラダーになりそうなのですが、もう少し悩みたいの。

ちなみに、このお店はウチの近くのジョイフルホンダ。

バイクがすっぽり入るビニールガレージや、200円を切るブレーキクリーナーなど、

「判ってらっしゃる品揃え」でいつも助かっています(^^;;;

 

 

 

さて、次に見に行ったのは、バイクを載せる荷室の加工に使う材料です。

 

セレナはトランポにも良く使われる車種で、シートのレイアウトも自由度が高いのだけれど

床の部分は平らではありません。それに、シートレールが荷室全体に走っているので、

バイクを積み込むときに邪魔になりそうなんですよね。

?nimen_no.jpg
<中央列の辺りが上下に凸凹しているのです。そしてレールは中・後列全体に。>

 

 

私の計画だと、前列と中列1席のみ残し全部座席は撤去

そして、床のシートレールもろともカーペットも引き剥がし

あたらしく合板でフラットな荷室を作る。

今日は平坦なフロアとなる材料をさがしているんです。

   クルマの内装?がしは冬にやるもの・・・と、
   4輪レース屋のお師匠さんに言われた事を思い出す、かすにんでした。

?

 

最初に探すのはクッション。

 

普通、カーペットの下には屑布(くずぬの)を固めて作ったクッションが入っているのですが

トランポとしてハードに使うと、ここにオイルや水が染み込んで車両を傷める原因となります。

それに室内に油汚れが残る原因にもなります。

なので、トランポを作る場合、

あらかじめカーペットに水や油が染み込まないようゴムシートなどで遮断するか

気軽に交換しやすい屑布の代替物と交換します。

 

 

そしてカスニンのお勧めはこちら。

 

TS3I0631.JPG

ガラスマットです。

 

 

ガラスマットっていうのは、耐熱・耐火・防音能力にすぐれる

FRP整形のときに使われるガラスマットを厚く重ねたもので

防音室を作るときや、音響にこだわるカーマニアが使うものです。

もちろんホームセンターにも売っているので、気軽に交換できてやすいのです。

TS3I0630.JPG
<耐熱200℃以上。エンジンルームとの間に貼り付けるといいんだよ。>
<エキパイには使えません、アレはもっと温度が高くなります。>

ガラスマットは簡単に加工できるので、セレナの実写を確認したうえで

少しばかりの凹凸だったらコレを使いたいと思います。あまりに大きい凹凸の場合は、

ウレタンスポンジを重ねるほうが安いし作業も早いです。

トランポのエンジン音がうるさかったら使おうかな・・・。

 

さて、その次はフロアの板。 っていっても、ベニヤで十分。

厚ささだってこれぐらいあれば十分、十二分です。

TS3I0632.JPG

あまり厚いベニヤを選んでも重くなるだけです!

ベニヤに対してトラクションをかける事はありますが、今まで壊れた事はありません。

割れたこともありません。

 

そして、ベニヤの上に敷くのは・・・これかな。

TS3I0638.JPG
<シルバーメタリックのゴムシート>

いや〜〜〜 乗用車としても使うなら、ここで選ぶシートは

木目調とか、ベージュとか?なんでしょうけれど、

今回のトランポはカッコよく行きたいんです!(すぐに壊しそうだけれど、それでも!!)

 

シートをベニヤに敷き込んだら、こういう道具を使ってーーーーーーーー

TS3I0637.JPG TS3I0636.JPG

 

 

メタリックに加工します!!

TS3I0635.JPG
<ホームセンターで見た加工例。かっこよすぎる。萌える>

 

やった事がないことばかりですけれど

やれる気がします。

無性に!

 

来週待ってろよ!!

 

 

 

 

 

P.S.これから初めてトランポを作る人がみていたら・・・・
 細かい話なんですけれど、ホームセンターですぐに手に入れられるタイダウン用のボルト。
 これって、だいたい1つ900円〜1000円位するんですよ。
 確かに安いし丈夫だから、購入しても損はしないけれど、いつもトランポとして使うのなら、
 毎回毎回の作業に苦労するからバイク用品店に行ってそれっぽいものを購入したほうがいい。

 差はちょっとしたもので、タイダウンするベルトが滑りやすい素材で出来ていたり、
 使わないときには折り畳めたりするぐらいなんですけれど毎日使うと差が出てきます。

 ああ、めんどくさいってね。

 他のモノ選びや、考え方にも言える事なんですが、
 仕事としてバイクに取り組んでいない限り、(あそびでやっているなら)
 いろいろな事で代替案や妥協品は数多く見つかると思うんですが、
 素直にセオリーをなぞった方がいいモノもあることを知っておいて欲しい。っていうか
 先だつたちの長年の経験や共通の悩みを軽視する必要はないし
 オリジナリティを求めるメリットがないというか・・・
 あそびならなおさら、走る事以外は他人の全コピーで問題ないし、間違いはないよ。  

 素直に話を聞くのが一番早い。
    VS
 趣味なんだからスキにやらせて!

 の中で上手くバランスを取ってゆければ・・・いいよね!

   TS3I0633.JPG
   <このボルトはもう結構だわ・・・>

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.2
おいおい、富里のジョイフルホンダ、

OFF系のグッツが切れたことが無いっていうのは、どういうことなんだwwwww

TS3I0634.JPG
<こんなのわざわざ入荷するなよ・・・他にもバイク用のベルト4種類あるだろ?(^^;;>
?

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

スカルかっけぇw
俺の師匠は、基本100円均一のものを使ってましたなぁ・・。
俺がトランポ買うことになったら参考にさせていただきますわぁ^^

夜一 | URL | 2009-09-15 (Tue) 20:49 [編集 ]


 

トラックバック