オフロードバイク+++上上

KSRで耐久をはしってきました

題名のとおり

KSR80で6時間耐久レースに参加してみました。
初めてのコースに初めてのマシン、これがまたいい経験になりました。

 

でもね、

ミニサーキットを200周もすると、足腰が立たなくなるんですよ。
(一人250週程度はしった。チームだと700週を超えてた)

 

かすにんです

 

 

前日入り・・・は流石にできなかったので、夜中に移動して高速代金を節約。

中井インターサーキットについたのは4時ごろでした。

TS3I0442.JPG あたりは真っ暗で何も見えません。

 

私はトランポの隙間をうめつつ車中泊。少ない時間で会社の疲れを癒します。
それに、物に包まれていると、なぜか寒くない!?から、エンジンを止めても大丈夫でした。

エンジンをきると、、辺りは静寂に包まれます。

これは綺麗に星空が見えるかな?とおもったのですが、

すぐ横を高速道路が通っているのであたりは明るかったです。・・・・ねむれん。

 

 

      ZzzzzZzzz・・・・

 

 

携帯電話に仕掛けた目覚まし時計により6時30分におきあがると、あたりはもう明るい。

体は好調です。さぁ、走りますよ!!

 

ふと外をみると、みんな来てる。しかも、一部は活動してる!?あちゃー、スタートに遅れちゃった。

TS3I0443.JPG

時間が飛んだ気分でしたが、もう忙しく動き回っています。携帯電話のシャッタースピードで追えない。

 

 

さて、今日走ったサーキットは、中井インターサーキットという、高低差がある特徴があるサーキットです。
ずいぶん昔に、チーム員の応援に来たことがありましたが、走るのは初めてです。

サーキットを歩いてみると、

 

TS3I0444.JPGホームストレート(振り返って撮っています)

 

?TS3I0445.JPG1コーナー・・・・ん?

TS3I0446.JPG1コーナー立ち上がり・・・んん!?

?TS3I0447.JPG2コーナー・・・・あれ?

 

TS3I0448.JPG2コーナー立ち上がり・・・これはーーー

?TS3I0449.JPG3コーナー・・・・知っているのか雷電!?

?TS3I0450.JPG3コーナー立ち上がり・・・ああ、昔、「孔痛暗漸の死織」で読んだことがある。

?TS3I0451.JPG4コーナーまでのくだりストレート・・・公道というルールの無い場所で

?TS3I0452.JPG4コーナーいりぐち・・・・漢たちの闘結を防ぐための

 

?TS3I0453.JPGTS3I0454.JPG4コーナーを中央から・・・・「炎狩」。失われた王者のカルシウムよ・・・。

 

?TS3I0455.JPG4コーナー立ち上がり・・・・な、なんだってーーーーby虎

 

TS3I0456.JPG裏ストレート・・・かすにんは

?TS3I0457.JPG上り坂・・・・男塾を

 

?TS3I0458.JPGのぼりきって、続くストレート・・・応援しています!

 

?TS3I0459.JPG最終コーナー入り口・・・あたらしいほうは

 

TS3I0460.JPG最終コーナーIN側・・・読んで無いけどね!

?TS3I0461.JPG最終コーナー中央・・・どちらかというと

 

?TS3I0462.JPG最終コーナー立ち上がり・・・251がすき!!

 

結構面白い事になってる(^^;;;;;;

わかってはいましたが、凄い下り坂、上り坂です。

 

これは派手なブレーキングより、滑らかでロスの無い動きが求められそうです。

 

 

 

ぷるる!!

コース上を歩いていると、携帯電話が鳴りました。

 

 

先輩「(mail)やばっ、遅刻します。現地にチーム員がいるから合流してて」

      ・・・げっ、いつのまにこんなトラブルに巻き込まれていたの?的なメールが舞い込みました。

 

    かすにん「(mail)あのー、チーム員の顔さえ知らないんです。目印ありますか?」

      ・・・あの先輩なら、ヤルだろうという私の危機センサーが働きだし、プロジェクトを正常に導きます。

 

先輩「(mail)会場で、いちばんぼろいやつ」

    かすにん「(mail)OK把握した。」

先輩「wwwwwちょwww即答すぐるwww」

      ・・・返答までの時間、実に1分程度。

 

 

それほど(写真には良く写ってるけれど)目立っていたマシンを紹介します。

 

TS3I0463.JPG

うはっ。今回の私たちのマシーン、KSR80です。フロントブレーキにカスタムがあることと

チャンパーで武装していますが、腹の中央はつぶれてる。チャンパーステーは「机の脚」の流用ですwww

それに80ccですが、使い古されたコイツにはNSR50とどっこいどっこいの性能しかないそうです。

 

けれど、乗ってる人が凄い。

私以外が凄いのです。

なんつーか、このマシンであのタイム−−−−−−感動物でした。

自分が乗ってみて、本当にわかった。力の差がありすぎる。

私は遅刻しないですけどね。

 

 

耐久レース前の練習をしていないチーム全員でどうやって走るか早速作戦会議。
・・・をしながら朝のブリーフィングが始まりました。

要は何も話せなかったということですね(^^;;;

 

作戦は無いけれど、得られた重要な情報としては、

「リアブレーキのディスクが変形している。 原因は、

 過去の耐久でパッドを逆さに付けた事によるアルミの焼きつき」だということ。

 

重要ですよ、これ!!

TS3I0464.JPG

 

そんなこんなで、うちらのチームはカリカリせず安全に楽しもう問う事になりました。

まぁ、楽しむための走行はするので、100%安全とはいえないのですが。。。それはそれとして。

 

6時間の耐久レースですが、トラブルで5時間に省略されて再スタートとなりました。

そのへんは主催者さんががんばってサーキット側のトラブルを解決してくれましたので割愛。

 

私たちは第一走者が2位で走行してくれて、とても助かりました。

私はのって4位。ちょっとーーーーーーあれですが。

 

KSRってNSRと違ってホールドがしにくいんですよね。そしてシートが滑りやすい。

だから、気を抜くと前のリになってしまうので、腕に力を入れてカバーする。

するとアクセルブレーキ操作がスムーズに行かない。

プラスなれない車体で、転倒リスクが私の心にのしかかってきて、ビビリ気味でした。

 

それにね、

30分も走ればもう疲れちゃうんですよねー、ミニサーキットですから。

ぶれる車体を押さえ込むのに必死で、足はぷるっぷる。

危ない目にあうことも何度か。って安全安全!! を心に、攻め込みます。

 

いつもより浅いバンク角ですが、ステップの踏み方が悪いのか、つま先が擦れてしまいます。

こういうときに感じますね、、

私はもう、極端な乗り方に固まってしまったライダーなんだって。

ブレーキの角度なんか、好みだろ?っておもっていたけれど

「好み」がやがて、「癖」に変わり、いまや「仇」となすようになったのか。

ブレーキ操作を中指と薬指で行う私は、OFF用ブレーキの操作にアタフタです。

 

不満ばっかりいってもしょうがなし。みんなイコールコンディション。へとへとになっても走ります。

TS3I0466.JPGTS3I0467.JPGTS3I0469.JPGTS3I0470.JPGTS3I0471.JPGTS3I0472.JPGTS3I0473.JPGTS3I0474.JPG

途中、タンカ2回。救急車1回でした。念のための対処だったので、安全なほうです。

 

 

レースも中盤をすぎたところで、

私たちの状況はチームメイトとの活躍があって2位。

招待選手も抜くほどの攻めを見せる先輩とかwwwwすごwwwすぎwwww。

 

外から見ててハラハラ。前後ともにタイヤが滑ってる。「−−−転倒!?」ってときもある。

それでも走るってすごいですね、途中でピースサインとかwwwおかしすぎです(^^;

 

それに周りのレベルもいい感じです。

ジムカーナ畑(いまはモトクロスらしいけれど)の人たちで構成された今回のレースは

やっぱり普通じゃないなーって感じますね。ラインは凄いクイックだし。みんなバンクまでの速度が速いですしね。

むしろ曲げすぎて困っちゃってる人も(^^;;;

 

レースは給油に際しての固定時間などを考慮しても・・・まぁトントン。

先輩は2時間走ってくたくた・・・いい仕事してくれました!!

あとは私ともうひとりの2人で繋ぐぜ!!

 

 

って、、、ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぼぎゃーーーすべるぅーーひーー

フロントブレーキもスカスカやん!

ほかにも、KSRのシートの後ろに尻を置いて走っていたのですが

なんかタイヤがヤバイ!!やばいらか、立ち上がりの加速のときに横に滑る!!すべるのが判る。

 

内側のステップを踏み込むのだけれど、クココココ!!ってフロントからブレーキのときに音がするから

怖いんだよ!!理屈抜きに怖い!

ライダー交代のときに先輩が「いける!!安全に攻めろ」っていってたけど

行けない、いけない。逝ける。

 

 

 

このコースは坂をあがることに時間がかかるので、

そのへんのタイムマージンを削りながら、かつ、

タイトに走って無駄に抜かれて減速する事を防ぎながら

なんとか生き残れました!!

 

次のライダーにバトン交代!!がんばってーーーーーって言えちゃう!!

本当に集中力が必要だからネ!!(笑

 

私たちのチームは、転倒も無く、時より怒ったコーションと給油のタイミングにも助けられ、

5位になりました

?ばんざーい

 

 

しかも、

私は招待されただけで、申請。マシン。そのほか・・・みんな用意してもらったのに、

商品の一部をもらいました。

           うへへサーセンwwwww

?

 

長い戦いをしながら、ろくなレポートが出来なくてすみません。

けど、

いまとなっては後半戦の思い出がないんだ・・・・

バンクさせると滑るタイヤを誤魔化すために、なんとかバイク立たせながら旋回させていたらフロントごとにげるし。

そうっとうやばい事になっているのだろうと、レース後にタイヤを見ると・・・・

 

 

?TS3I0475.JPGおぞぞぞぞ

新品タイヤがこんなことに。。。。スリックはすでに消えてるし、中央辺りは溝にそってぼろぼろと削れてる。
こんな減り方は見たことが無い。これでミディアムだって言うのだから、ソフトな人は・・・。

 

 

 

それに、たしか、トラブルで5時間耐久になったはず。

 

 

 

 

 

「いつもならあと1時間はしる」って・・・いったい・・・・。

きゃーーーーー

 

 

このレース、また来年も参加したいという事は確かです。

それまでにKSRの走り方もマスターしないと駄目そうですけれどね(^^;;

みっちーさん、大感謝デスヨ!

 

 

日が落ちて、だんだんと暗くなってゆくサーキット。今日の楽しいお祭りはおしまい。

TS3I0476.JPG

 

 

 

 

さて、2時間30分の次なるレース

TS3I0477.JPG

帰宅です(渋滞ですごい・・・・です)

 

 

 

家に帰るまでがレースですよ!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おつかれさまでした♪
たのしそうだなぁ・・。
家に帰るまでがレース・・・肝に銘じておきます。

NO NAME | URL | 2009-02-09 (Mon) 20:31 [編集 ]


えっと、どなたかご存じないのですが、ありがとうございます。
(もしかして、T中さん?)
私の場合、家までは「エコ」レースですね。
たとえ高速でも無駄な加・減速はしません。
公道なんて・・ゆっくりしてます。
車両を積んだ状態で、めざせリッター「15km」です!!

kasunin | URL | 2009-02-11 (Wed) 09:58 [編集 ]


ぐはw
おいらですwww

夜一 | URL | 2009-02-11 (Wed) 13:25 [編集 ]


 

トラックバック