オフロードバイク+++上上

エンジンの病気

今日も走ってきましたよ。

かすにんです。

 

今日、レース後のマシンの整備のためにトミンに行ってきたのですが
エンジンが10000rpm付近から回らなくなる症状がまたでました。
プラグが原因とも思い、再度プラグを新品にしましたが1時間しないで駄目になりました。


この間のレースでも、予選だけでプラグが駄目になりましたした。
そのときはプラグが原因かと思い、プラグを交換しました。が、原因は解決していないようです。

近くにいた問題の出ていないNSRminiの人に協力していただき
CDIからイグニッションコイルまで全交換しましたが、現象変わらず。
逆に付け替えて、私のCDIやイグニッションコイルが問題ないこともわかりました。

20081025-01.JPG
<1時間走って駄目になった。異常だ>

20081025-02.JPG
レーシングだけで駄目になった。真ん中(ガイシ?)だけ黒くなって周りはオイルが付着している。>

現象をおって見ていると、回転数が高くなるとプラグ点火に問題が出ているようです。
メインジェットは選手権のときの110と15を試しましたが(レーシングは110と115を試した)、
失火する回転数は変わりません。

失火する回転数が変わらないってのが、何か手がかりになりそうなのですが・・・。

わからないよーーーー

 

        そうそう、今日からこれを入れました。まだまともに走れないからデータは乏しいけど。
       TS3I0335.JPG     TS3I0336.JPG
       <ミニバイクのサス変更・・・お手軽すぎる!!5分で出来ちゃうんだなこれが。>

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そうですかー。原因わかんなくなく・・・もういい? はい。
パッと見、メインが濃すぎるようにも見えますが、違うんですもんね。
んじゃ、プラグコードが微妙に接触・断線不良とか・・・
コーナーリング中に失火した症状が、コード→エンジンへのリークが
原因だったっちゅーのも見たことあります。
電気系は弱いんで、あくまで参考にしないで下さい(TーT)

kiri | URL | 2008-10-25 (Sat) 20:56 [編集 ]


 

トラックバック