オフロードバイク+++上上

自作バイク用ガレージ【再編集・追記版】

ずいぶん前から構想を練っていた、バイクガレージが今日完成しました。
かすにんです。


設計に関しては右往左往しましたが、方向性が決まれば簡単なもの。
作業自体は休日ごとに少しずつ進めていたので、本日の作業は仕上げだけ。
細部までこだわった自作バイクガレージ。見てください。

 

 

自作バイクガレージの詳細
 ・サイズ 2250mm(奥行き)X1600mm(幅)X1850mm(高さ)
 ・足場 重ブロック+ゴムシート+ベニヤ板
 ・ビニルガレージ 鉄パイプフレームビニルガレージ(結露防止付)

価格について 総額 約60000円弱
 ・ビニルガレージ 39000円
 ・ブロック  6000円 斜ブロック 4000円
 ・ベニヤ板 2000円
 ・ゴムシート 8000円

バイク用ガレージを探して、既製品の検討を進めていたのですが
どれもこれも一長一短でありながら、価格が高額でなっとくがいかず、
自作してみました。ほとんど父親にまかせっきりでしたが・・(^^;;;

内部はこのようになっています。ちゃんとチャックがしまっていないので
下の方に隙間がありますが、きちっと密閉すると完全に外気を遮断します。

【2009/09/07追記】
どうやって外気を遮断しているのかと言うと、
ベニヤ板の下に敷いたゴムシートに秘密があります。
長めに確保したゴムシートを内側で巻き上げる事で、四隅の隙間を埋めるようにしています。

TS3I0267.JPGTS3I0266.JPG
<このように四面を埋めます。>        <ゴムが曲がってしまうようなら、ガムテープなりタイラップで>
?                           <固定してあげてください>

 

 

バイクを入れるときはこのようにしています。
正面から入れる事がコツでしょうか・・。出すときも入れるときも、
段差につっかかるような事はありません。


【2009/09/07追記】
段差の部分をアップにしてみます。少し勢いをつければ、車両を手押しで入れる事ができます。

TS3I0264.JPG

 

最後に収納時の写真です。完全に風雨を防いでくれます。

バイク長さに合わせてビニールガレージを作ったので
縦幅には余裕はありませんが、横はかなり広いので
バイク用メンテナンススタンド(フロント&リア)と
ミニバイクのエンジンをこの中に収納しています。

【2009/09/07追記】
RSVを入れ、それ以外にフロント・リアスタンド、ベニヤ板2枚、スリップオン1セット、
NSR50フルカウル、RSVオイル8Lが入っている状態です。
あ、RSVのフルカウルと、ミニバイク用のレインタイヤも追加します。

TS3I0289.JPGTS3I0290.JPG
十分なスペースが確保されているとおもいます。中で乗り降りも出来ます。

 

参考までに、バイクを移動させると・・・
TS3I0270.JPGTS3I0269.JPG

 

いかがですか?結構広いし、何より安いでしょう?
既製品では雨風を真の意味で防げませんでしたが(地面からの湿気がある)
このガレージはブロックの上にゴムシートを仕込むことで
地面からの湿気を完全にシャットダウンします。

また、重ブロックの重さがガレージを安定させるので
全体的にヤワな、軽い事による弊害がありません。
風の強い日でも安心です。

【2009/09/07追記】
この重ブロックとガレージを固定する方法を詳しく解説します。
ガレージの骨組みをブロックの上で仮組みしたら、ドリルでブロックに穴を開け
骨組みをブロックに固定してします。
構造的に、前後面の下のフレームに止めるのが最適です。私は6箇所ぐらい止めています。

TS3I0265.JPG

 

製作日数は3日。設計がある程度決まったら、
製品を購入して道具さえあれば、2日でも可能でしょう。

自作してよかった・・・すごい満足です。
野外駐車のみなさん、ヤッパリガレージすごい便利ですよ!
60000円を貯めて、ホームセンターへGOGO!!

【20070622追記】

この製品の、結露防止つきのタイプを買いました。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごいですね。しかも立派なガレージ!ビックリしました。

ちえちえ | URL | 2005-12-30 (Fri) 20:07 [編集 ]


ちえちえさん、立派だなんて・・・えへへ(^^;;
構想から完成まで苦労はしましたが、その分返ってきたものは大きいと。
今日、大型バイク用FスタンドとRスタンドをガレージの中に入れたのですが
余裕の収納能力。さらに余ったスペースにNSR50のEgも入りました。
正月の天気の崩れも怖くありませんよ!!

kasunin | URL | 2005-12-30 (Fri) 20:56 [編集 ]


バイク用ガレージを探してここにたどり着きました。
すばらしいですね。よろしかったら使用したビニールガレージのメーカー・型番等を教えてください。

kazoo | URL | 2007-04-07 (Sat) 11:40 [編集 ]


うお・・・おらの誕生日に書き込んでくれたのに放置してしまった・・。
もし見返すことがあるなら。ご参考にしてください。
型番は判りませんが、ジョイフルホンダの自転車用ビニールガレージです。
大きさは中型。ビニールを選択できるので結露防止付のを選んでください。
いやー本当にいいものですよ。黄砂もぜんぜん気にならない。今は、
RSV、JTRIPのF・Rスタンド、Nsr50(スペアカウル・スペアタイヤ4本)、
エアポンプ、Tigスリップオン、アクラスリップオン、工具、NSR予備部品
が入っています。
湿気がないので当然錆びもなく、重ブロックで強風も大丈夫ですヨ。

kasunin | URL | 2007-04-22 (Sun) 00:05 [編集 ]


はじめまして、自作のバイク用ガレージを探していたらここのサイトにたどり着きました。
サイクルハウスをジョイフル本田で購入ということだったので、実際に店舗まで出かけてみたところ、かすにんさんが購入したものは南榮工業株式会社のサイクルハウスSH6-OG型という商品だろうと言う事まではわかりました。
ですが、結露防止付のビニールを選択できるとの事でしたが、ジョイフルの店員さんに聞いても聞いたことが無いといわれ、おそらく一番丈夫であるターポリン生地であるOG型という幕ではないのか?といわれました。
かすにんさんが購入したものはOG型と呼ばれるタイプの生地ではないのでしょうか?色的にはOG型で合ってるような気がするのですが・・・
通りすがりな上に、いきなり質問とは失礼かもしれませんがよろしくお願いします。

にゃんぴー | URL | 2008-09-06 (Sat) 22:47 [編集 ]


記事の材質はメモってませんでしたが、外側内側で材質が変わっていて
一番丈夫でもあるはずなので、ターポリン生地で間違いないとおもいます。
この型は、外側のビニールだけ買いなおす事も出来るので便利ですよ!
台風や雪にもビクともしない我が家のガレージですが、
同じ性能を出すためには足場が重要です。
重ブロックを敷き詰め、ゴムシートを敷き、さらにその上に合板を引いてください。
ゴムシートも合板も、2枚必要となるでしょう。
合板は、ビニールハウスの内側のサイズに合わせて加工します。
ゴムシートは切りません。ビニールハウス内側のサイズより大きくしておいて
ビニールハウスの下から雨風が入り込むのを防ぐようにします。
重ブロックを敷き詰めた上で、ハウスの骨組みを仮設置したら、
ハウスの骨組みを針金かタイラップで止められるよう重ブロックに穴を開けます。
うちは針金を使いました。ドリルは電動でも十分に穴を開けられます。
ハウスの骨組みをブロックにくくり付けたら、ゴムシート、板、
ハウスのビニールの順に組んでゆき完成です。
慣れてない私で、総計4時間ほどの作業でした。
また作れって言われたら、もっと短くなるかもね。
おっと、ブロックの分だけバイクを持ち上がるために、
駐車場用のブロック(斜めになっているもの)の購入も忘れずにね。
【必要な道具】
電動ドリル  ドリルの歯  針金  のこぎり  巻尺

kasunin | URL | 2008-09-06 (Sat) 23:34 [編集 ]


1時間以内に返信して頂けるとは・・・感無量です!詳しい説明のおかげでだいぶイメージがつかめるようになりました。
学生の身分なのに、ローンでバイクを買ったので低コストで出来るかすにんさんのガレージはすごく魅力的でした。ホーネット250が生産終了となってしまったので、新車がなくなる前にと勢いで購入してしまいました^^;
それはさておき、やはり重ブロックに骨組みを縛り付けてたのですね。
ゴムシートですが軽トラック用荷台シート(t5×1400×2000mm)だとかなりはみ出てしまう大きさだと思うのですが、ベニヤのようにハウスの大きさで切らないで、ブロックの大きさに切ると言う事ですかね?
あと、内側にしくベニヤですがラワン合板の耐水性の高い接着剤を利用した(JAS)T1クラスの物を利用するつもりです。厚さは12mmのものを使う予定です。

にゃんぴー | URL | 2008-09-07 (Sun) 22:53 [編集 ]


本文もかなり書き換えてあったのですね・・・
コメントが返ってきていることがうれしくて、舞い上がってしまい気づきませんでしたorz
質問の答えも本文中にありましたので、失礼しました^^;
わざわざ、再編集・追記までしてくださいましてありがとうございました。

にゃんぴー | URL | 2008-09-07 (Sun) 22:57 [編集 ]


#ゴムシートですがベニヤのようにハウスの大きさで切らないで、
#ブロックの大きさに切ると言う事ですかね?(一部省略)
そのとおりです。内側に巻き込むだけの余裕が欲しいのでそうしています。
#内側にしくベニヤですがラワン合板の耐水性の高い接着剤を利用した
#(JAS)T1クラスの物を利用するつもりです。厚さは12mmのものを使う予定です
ブロックとの間に敷いてある、ゴムシートが利いているので、
既に3年ちかく使っていますがまったく腐らず、カビず、割れません。
この実績から、何も考えず、安いもので十分なはずです。値段で見てください。
ブロックで支える構造なので厚さも薄いのでOKです。
加工しやすいし、薄い方がいいですよ。

kasunin | URL | 2008-09-08 (Mon) 21:48 [編集 ]


何度も丁寧な説明・返信ありがとうございました。
早速パーツを集めて来月の納車までに間に合うようにがんばりたいと思います。

にゃんぴー | URL | 2008-09-09 (Tue) 23:23 [編集 ]


はじめまして、バイクを購入して3年経ちますが、サイクルハウスを庭に置いただけの中に閉まってあるので、いい加減錆び錆びで;;。
なんかいい案はないか?と探してここのサイトにたどり着きました。
先日バイクを磨きまくり、ピカピカになったので^^
さっそく、こちらを参考にして、足場を作りたいと思います。
とっても参考になりました。 

さー | URL | 2009-02-09 (Mon) 19:22 [編集 ]


下のブロック何個使いましたか?

のぶ | URL | 2010-03-03 (Wed) 16:57 [編集 ]


うわ。。。2月2日にもコメントあったんだ。。。(^^;;
>のぶさん
ちょっと数はわかりませんが、ベニヤ板2枚分、ブロックは敷き詰めています。

kasunin | URL | 2010-03-04 (Thu) 23:25 [編集 ]


 

トラックバック