FC2ブログ
 

オフロードバイク+++上上

最後はバッチリ決める男の巻き

水曜日の夜だっていうのに前週末レポが遅れている(;^ω^)

でもわかるでしょ?

今回も2DAYSを楽しんできましたよ!
11111_20180221234638004.jpg 
<やるなっ!>


かすにんです


土曜日は、まことさんまことさんヨメ アルミやさん ひろくん と私。

日曜日は、アルミやさん ヒロくん まーさん 番長さん と私。

2日とも濃ぃメンバーでガッツリ走って来たので月曜日は体がバキバキでした。


例によって・・・っていうか

本当に3Mの両面テープなのか不安になる粘着力で、朝一GoPro2が取れました( ;∀;)

ヘルメットに固定されたGopro2をつかんでヘルメットを持ち上げても

前は全然大丈夫だったハズなのに・・・どうしてでしょうか。

脱脂もキッチリやっているのに。
11111_20180221235104c49.jpg 
<森が私を殺りにきた。ブレーキ操作できず。>

ってことを仲間に話していたら、3Mのシールには粘着するための温度があるんだって。

この冬の寒い気温の中で取り付けても粘着力は上がらなくて

一度ドライヤーか何かで温めてあげないと駄目だそうだ。

まじかよーしらんかった。

でも復活の兆しが見えてきました。



ーーーということで、この週末は撮影をあきらめますが

この休みが明けたらキッチリ取り付けてやりますね。



で、走りの方ですが

初日のAM

安心・安全・まごころ運行のまことさんのKTMが突然にストップするトラブルがありました。

原因はピックアップコイルであることを突き止めましたが

まことさんがトラブルにあうのは・・・・6年近く一緒に走っていますが、初めてです。

11111_20180221235824355.jpg 
<なんでカバーが無事で中身が壊れたのだか。>

11111_20180222000130426.jpg 
<なんでやろうね>

KTM125EXCはフライホイール側のカバーがプラスチックなので

バイクが転倒したり、障害物にあたった時に一時的にゆがむことがあるのですが

きっとその時にピックアップコイルが押されてしまい故障したのかな?という結果に。

交換パーツはなく、KTM125EXCはお休みとなってしまいました。


ーーーということで、ヨメさんがKTM125EXCとお留守番をすることとに決定。

KTM150EXCにまことさんが乗って午後のツーリングを続けて楽しみました。


心なしか新車が気持ち良さそう!?なまことさん(*'▽')

NEWヒルナンデスでも私を置いて登頂・・・・( ;∀;)
11111_20180222232206022.jpg 
<NEWヒルナンデス>

目には見えない、しかし確実にソコにある「ぢつりょくのカベ」を目の当りにした私は

夜の闇で焚火を燃やし続けました。



そして翌日。



アルミやさん ヒロくん まーさん 番長さん と私で日本の山を走ります。

11111_20180222232634dcc.jpg 
<良い青空!そして良いヒルクライム!!のぼらんけど。>

11111_201802222330056e5.jpg 
<下見無しで下るんか・・・そうか・・・( ;∀;)>

道中、以前オフ舎会のイベントでお会いしたことがある?方々とすれ違いました。

皆さんもせっせこ開拓中とのこと。

やっぱり自分が知らない場所を探してゆくのは何所でも楽しいですね!

互いの健闘と無事を祈り、別れます。



その後は

GoPro2の動画を取る事さえ忘れながらの開拓開拓・・・・そして開拓。

始めて走るルートを私が20分かけて登ったあと、

あるみん、ヒロ君が分殺・・・実力差に(´;ω;`)ブワッ

<凍結路。立つのが難しい斜度。S字。私は20分。凄いの一言しか出ない。>

新ルートは山頂に近付くほど藪がひどくなり

竹藪に割り込むように進みながら林道へ突き進みました。



ということで、

ツーリングが終わるころには番長さんと私は無口になるくらいヘロヘロ。

まーさんも ひろくんも あるみやさんも余裕あり!?なのかな

車体が軽いKTM125EXCで来てよかったと心から思うアタックでした。

翌日は背中がバキバキ。でも楽しかったよーーー!!




それに一発キメたところがあったと個人的には思っています。


凍結した倒木を越えて、林道へ脱出するあの場所。

あの一段目の倒木段差を最後尾の最悪なコンディションの中

抜重でリアタイヤまで上げたことは良かったことだと思うんだ。



この1トライの成功で、一週間。

私は走ることが待ち切れない気持ちでいられるのです。

次回はどこを走りましょうか。


つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック