FC2ブログ
 

オフロードバイク+++上上

KTM250EXCのクラッチを様子見してみた。

年末の走行でKTM250EXCのクラッチに滑りがなくなったのは分かったのですが

今度は、クラッチレバーを握っても

クラッチがきっちり切れないという状況に戸惑っています。



かすにんです


ーーーということで整備整備っと。
P_20180101_095929_vHDR_Auto.jpg 


症状を正確に言うと

その日の最初のエンジン始動において

ギアが入っている状態ではクラッチが繋がってエンジンがかからない。っていう部分と

エンジンオイルが温まるまでは、ギアが入っているとクラッチが擦れてバイクが動くって症状。


30分も走ると1速でクラッチを切っていれば

擦れている感じはあるものの、バイクが前に進むことは無くなるのですが

クラッチ交換前と比較するとかなり変わったので・・・なんでかな?と。


P_20180101_100301_vHDR_Auto.jpg 

一つの可能性として

バスケットに出来た溝がクラッチプレートが移動を阻害することがあったのですが

ばらした感じ、そんなことは全くなさそう。

バスケットにあたりは出ているものの、段差は全くありませんでした。
P_20180101_103325_vHDR_Auto.jpg 


となると残りはクラッチ側。

クラッチレリーズを開けてみてストローク量を見てみますが・・・

私には十分っぽく見えますね(;^ω^)

パーツの欠品もありませんでした。
P_20180101_112435_vHDR_Auto.jpg P_20180101_112439_vHDR_Auto.jpg
<125,200と250は作りが全く違うねぇ。>


クラッチ側のフルードの交換と、エンジンオイルをもう一度新品に変えてみて

3日に試走してみることにしました。


たけオヤジさんのKTM250EXCは、新車でもパシパシクラッチが切れていたんだよなぁ。

何かあると思うのですが、思いつかないです。



つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

もしかして、最初のクラッチ交換時、装着前にクラッチレバー握っていない?ロットが付き出て変な位置にいませんか?私も前に有った記憶が、、、クラッチ側からロッド押し込んで、ピストンを押し戻し、もう一度クラッチ組んでみな、、、
幸運を祈る!

たけオヤジ | URL | 2018-01-08 (Mon) 00:46 [編集 ]


その可能性かーーー!
自分で意識していなくても、押しているかも!?
ちょっとやってみます!!

かすにん | URL | 2018-01-08 (Mon) 12:11 [編集 ]


 

トラックバック