オフロードバイク+++上上

年末年始の話のつづき

30日のたけオヤジツー。

久々の某所ツーリングルートはあの壮大な景色が楽しみでした!!
1111_2018010522362482e.png 
<景色よりもヒルクライムな僕ら>

かすにんです



12月30日だというのに暖かい日差しが心地よい天気のなか

約1年ぶりに走るこのルートを走るのは

たけおやじさん まことさん夫婦 まーさん ヒロくん ななみんさん

番長さん と私


いつもの年末と違って

とみさん、トラさん、e-bookさん、ミナミさんが居ないけれど

みんなの分も楽しんできましたよ!!

ーーということで、だいぶ遅いのですがレポートです。

例によって、動画は脱北する時に警備兵に取られて無いニダ<`v´>




今回は走ったルートは、雪が降りずらい太平洋側の山でした。

先週から天気が安定していたこともあり

雪・氷よりも倒木や枯草に神経を使う感じで始まったツーリングで

最初に訪れた盛りあがりは、珍しくななみんさんのバイクトラブルでした。
1111_20180105225321363.png 
<そしてこの笑顔である>

参加メンバー的には番長のバイクトラブルが一番人気

「番長を中心にBOXで買いば固い」という大方の予想を覆す形で

トラブルに巻き込まれたななみんさん。

どっかりと座って作業しているのはバッテリーの交換です。



フリーライドのバッテリーは

エンジン後方のスイングアームピボット上方

リアサスペンション前方の空間に設置されています。

バッテリーはリチウムイオンバッテリーが奢られていて非常に小さく軽いのですが

不安定な場所で作業をするには取り外すだけでも大変でした。


バッテリーを交換するとフリーライドのエンジンは快調に戻ったのですが

なぜバッテリーが充電されていないのか、原因は調査して行く必要がありました。

先に答えを言うならば、

この日のツーリング後半に再びフリーライドのエンジンが始動しなくなるのですが
1111_2018010523063207a.png 
<KTM250EXCはセルが動かなくてもキックがある。フリーライドにキックはない>

<状況>
1.セルが全く反応しなくなったので、押し掛けしたらエンジンが始動して走れるようになった
2.(1の時の)バッテリーを外して他のバイクに搭載すると、他のバイクのセルは元気に回った。

ーーーという状況から

バッテリーの残容量に関係なく

セルが回らなくなるような不具合が発生しているので

と考えたほうがよさそうでした。


結線なのかなぁ・・・


バッテリーに充電が出来なくなっているのでは・・・とも考えたのですが

ツーリングが終わった後の、途中で交換したバッテリーの残要領は

午後になっても十分な程でした。




つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック