オフロードバイク+++上上

霜柱ツーリング

寒くなってきましたね・・・もう師走ですよ。

今年はどんな年だったのか考える時間が必要ですね。
111_2017120622081636a.jpg 
<山好きの朝は早い>

かすにんです



一人キャンプ道具をそろえながらも、走るのも同じぐらい進めています。

ちょっと痛い腕をかばいながらですが

この12月最初の週、いつもの山の走り収めをしてきました。


この日集まったのは

たけおやじさん まことさん夫婦 まーさん ひろくん

加えて

ひろっちさん はらさん KTM250EXC SIXDAYS(2018)さん と私。


KTM(18)・・・さんはオフ車会さんのツーリングでご一緒したメンバーで

新車で買ったインジェクションKTMが気に入らないのか

地面に投げつけたり、坂から落としたりと

バイクを壊そうと努力している人です( *´艸`)
111_201712062213317c6.jpg 
<最終的にはあの山まで登りたいと夢を語るたけオヤジさん。それは鉄塔です。>


今回は知る場所は、夏は涼しくて良い場所ですが

かすにん家から250km近く離れているせいか今年3回目の走行となります。


たしか前回走ったのが7月の緑が生い茂る山であったので

0度以下になった外気温以上に

「山が変わった」という感覚が「目から」先に入ってきました。

111_20171206222215a19.jpg 
<上着は常に来ていないと寒い時期になりましたね。手もかじかみます。>

カサカサとタイヤが踏みつける落ち葉の音が耳に気持ちいい。

立ち枯れた枝葉の茶色も、吐く息の白さも

山の中が乾燥している事を示しているのに

木曜日に降った雨が落ち葉の下でしっかりとした黒い霜柱になっていて

ひとたび走れば踏み固められたアイスバーンになる。

そんな山ごごちのなかでスタートです。
111_20171206224727c95.jpg <KTM(18)さんとはらちゃんさん>      <まことさん夫婦>


今回のルートは3名のゲストに道を楽しんでもらう趣旨で組み立てられていて

気持ちよく走れる場所を中心に進みました。

移動区間は少しでも林道を通るように、アタックの名所は忘れずに( ^ω^ )

手首を痛めている私にとっても良いペースで回ることが出来ました。

111_20171206225212aca.jpg 
<前走者が走ったあとだけ、霜柱が折れて白い道に。ミルキーウェイ>

111_201712062313409ab.jpg 
<朝からひろっちがコケてるぜウェーイwwww>


凍った山をしばらく走れば体の底から熱くなって、頭から湯気がでます。

ちょっとした休憩の時に

厚手の手袋に包まれた指先にうっとうしさを感じる頃が

指先まで暖かくなって最高にいいコンディションですよね!

111_20171206232220485.jpg 
<雲も少なくて空が高い。山は良いなぁ>

111_20171206232407e37.jpg 
<なんだろう・・・・この場所にはギャル成分がたりないね。>

KTM250EXCのキャブセッティングをサボり続けていた私は

今朝から「エンジン始動」が億劫な状態でした(; ・`д・´)


チョークを引かないとエンジンがかからないし

アイドルが続かないと煽らないと駄目ってかんじ。

バッテリーにはヘタリは感じませんので

次の週末にでもちゃんと見てやる必要がありそうです。


でも

それ以外は不自由なく走るKTM250EXCに再び信頼を感じられたのが

今回のツーリングの私的な結果かな。
111_2017120623324973c.jpg 
<はらちゃんさんには、新たにDR400とか!?!?>

KTM250EXCは相変わらずトルクはあるし

開放された高回転はもちろん使えるし、良く止まるバイクでもある。

こんなにいい性能なのに

まだ上(インジェクション)があるなんて想像が出来ないですよ。

私には他にまだまだやることがある!と、一人思うのでした。

111_20171206233723e4f.jpg 
<こらぁ~ 荷重を抜くなぁ~~ >

111_20171206233902aec.jpg 
<たけおやじさん、結構KTM150SX好きでしょ>

111_20171206234057d62.jpg 
<ひろっち粘れぇぇえええ!!>

一通りの名所を走り回ると

太陽の光が横からさしてオレンジ色に変わるのと同時に

足元から冷え込む寒さの空気が山を包んできました。


時計を見ると16時ちょっと前。なるほど冬ですね( ・´ー・`)

これ以上ルート追加はナイトランになって危険と判断して

それぞれウェアを着込んでトランポへ戻ることとしました。


その帰り道には

道路に流れ出した水が凍結してるところもあったし

明らかに色が黒く光るアスファルト道もあったので

ヒロ君が小鹿のように震えていたのは

今回のツーリングの私的な収穫かな。
111_201712062344302b3.jpg 
<個人的に好きな写真。でも、普段からまことさんには背後を取られがちなんだよね・・>


寒い体をお風呂で温めて

夜会もそこそこ楽しかったです。


炭起こしは5分―10分でしたよ。

わたしもせいちょうしたもんだ。



つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック