オフロードバイク+++上上

アウトドアの楽しみにプラス

ちょっと前にスキレットを買いました。

溶岩プレートはヒロ君専用なんで。
P_20171124_135816_vHDR_Auto.jpg 
<1500円しないで、2つついてくる。>

今回はコイツで遊んできました。


かすにんです


ということで、家族サービスを終えた夜8時に家を出発して

近くのキャンプできる場所へ来ました。

火を使うので20Lぐらいの水を持ってきたのですが

これでまた手首が痛くなったことはナイショだ。

P_20171125_175108_LL.jpg 
<トランポを風よけに。>


このスキレット・・・っていうか

鉄のフライパンは前から欲しかったキャンプ道具の一つです。
P_20171124_135803_vHDR_Auto.jpg 
<前日に焼き入れ?は済ませております。>

今使っているホーローの卵焼き用フライパン?は

炭にくべて使ったらダメージを受けて取っ手の部分がボロボロになっちゃったので

今後はコイツをメインで使ってゆきたいのですが、まぁ最初は慣れろってことで。


最初の料理の素材は教科書通り、を用意してきました。
P_20171125_175100_LL.jpg 
<量が多かった>

私が考えるキャンプ先の料理っていうのは

だいたい下記の事項が大切で、そのほかに拘りがありません。

 ①料理行程/撤収工程に手間がかからない。
 ②安価である。
 ③品質が一定であること。


そうなってくると

フライパン1つ持ち歩ければ事足ります。

すでにアルミの鍋はあるのですが、あっちはコンロじゃないと使えないし

炭メインで考えてスキレットを購入することにしました。


と、

1時間もしないで炭が温まったので

おもむろにじゅー。
P_20171125_185930_vHDR_Auto.jpg 
<肉は正義。>

炭を弄って火を維持しながらの料理では

灰がフライパンの中に入るのを気にしなければなりません。

このスキレットの製品は2つのフライパンを合わせて鍋にも使えるので

炭を弄るときに料理を保護出来て便利でした。

それに、中敷きのオプションを合わせれば燻製もできるんですよ(チーズ燻製を作りますた)



スキレットの清掃は

使い終わったスキレットをガンガンに焼いたあと

お湯とたわしで洗って

水気を吹き飛ばした後にオイルを塗る・・・という工程を取りますが

今のところ問題ない感じですね。


むしろ

今のオレにとって

ガンガンに焼かなくては!という理由

一番ほしかったものなのかもしれません




食事の後も炭を・・・


火を・・・・


炎を”!!!



P_20171126_121836_vHDR_Auto.jpg 
<11/26 本日も手首痛のため自宅療養。餃子とカレーを炭で。>


つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

溶岩プレート 楽しみにしてます!

ヒロ | URL | 2017-11-29 (Wed) 21:07 [編集 ]


 

トラックバック