オフロードバイク+++上上

山遊びが広がった

 サンダース軍曹の送別日野ツーリングから5日

再び山へ遊びに行ってきました。

P_20171111_164214_vHDR_Auto.jpg 
<例の場所です>

かすにんです


先週のブッキングで走れなかった場所を、是非とも走りたい。

その思いにプラスアルファがあって今週末も走ります(^_-)-☆


そうしたら、用事もないのに前日入りしちゃいました。理由は・・・コレです。
P_20171111_170621_vHDR_Auto.jpg 
<巻きは短く切ったほうが良い>


ことは1週間前。

あの場所に火種がありました。


写真は林マニの送別会の片隅。怪しい三人組がこそこそ。
1111_20171113225755c1a.jpg 
<TTRをブイブイ言わせる若手と、魔法のように炎を操る先生。ミカンは愛嬌。>

酒が入って純粋無垢な私の脳に

しっかりと焼き付いた上手いコーヒーと

よねちゃんことTさんの甘いトーク。

私はすっかり暖かくてオレンジ色の揺らめきに魅了され

これを何とか手のうちに入れたいと考えて

月曜日のうちにamazonでこちらの道具一式を購入しました
P_20171107_204144_vHDR_Auto.jpg 
<オレンジは森の中でも見つけ出しやすい。いい色。>

上記以外にも

机とか網とか、余計なものを買い進めております。






でも重要な事は忘れていません。


要はココ

ファイアーでエンジョイしたいって気持ちを大切にすること。

そして炎を扱う自らは冷静であれ。

コイツを大切に山に行ってきました。



で、まず

万が一にも燃え広がらないように草木のなくて風の吹いていない場所を確保。

念のため(アリを防御するため)霧吹きで周辺を湿らせました。

ハッカのにおいも付けておきました。
P_20171111_164214_vHDR_Auto.jpg 
<トランポに20Lの水がありますので消化もバッチリ!>


で、何をやりたいのかに合わせて準備おば。


おば・・・


ば・・・

P_20171111_164201_vHDR_Auto.jpg 

( ^ω^ )ニッコリ


やりたいこと=食べてたいものwwのチョイスで、今日はホルモンです。

もやしを茹でてラーメンを作ってもええよ~って乗りです。


で、燃料はその辺にある枯草


なんですが・・


ここから

難儀な戦いが始まりました。



まずセッティングをきっちり決めます。

まず

アウトドア用に机を持っているのに小型の机を買い足したのは

焚火台をバイクで移動した先で使うことになるのを見越したものでした。

P_20171111_165008_vHDR_Auto.jpg <向かって左側にLOGOS。右側に大きな机。LOGSの汚れは点火訓練のもの。>

ただ、今日はトランポの近くで焚火を行うので両方の机を使います。


次に着火と燃料ですが

着火はマグネシウムの某みたいなやつを使います。

落ち葉にケズリカスをためて、一気に着火しようと試みるのですが。。。


全然つかない。


上記の写真(夕方五時ごろ)からゆうに1時間以上かけて失敗を続け

とうとうトランポで新たなる着火燃料を探しにいくハメになりました。

P_20171111_202930_vHDR_Auto.jpg 
<街の明かりが遠い。。>


次に着火燃料に選んだのは「ススキの穂」。

乾燥しているし、元から細かい毛みたいなものが集まっているから燃えやすいし

なによりビニール袋一杯に収穫できるほど簡単に集まるのが良かったです。

このススキの穂を丸めて束にして着火すると

大きな炎が簡単に出来るようになりました。


が、

その炎を見込んで落ち葉を入れても全然燃えませんでした。


症状としては

モクモクと煙は立つのですが、炎が消えてしまいます。

つまり

パリパリ音をたてて崩れる落ち葉でさえ、極小の水分を含んでいるということ。



都会から一歩離れた自然の中で駄々をこねても無理なものは無理。

状況から早々に同じ手段での着火をあきらめ

ビニール袋一杯につまったススキの穂はそのままに次の策を考えることにしました。


これで2時間目。

ホルモンどころかもやしにさえ熱が加わっていない状態で

ビールが2本空き。空腹遭難待ったなしの私。


やるしかない。



おそらくフルチンになっても文句は言われない人気の山へ

新たなる燃料を探して潜るのでした。

幽霊?

全く怖くないね。フルチンの男が山の中に居たら怖いけどね。




マジすぎて写真を撮ることを忘れました、

拾ってきたのはより乾燥していると思われる落ち葉と、小さな枝・普通の枝。

小さな小さな枝は、林マニで教わった通り燃えると確証していましたが

親指サイズの枝は生木感が溢れ出ていて難しい気がしました。


ゆえに、皮だけはいでつかいました。そしたらこれが大正解。

ススキの穂で大きくなる炎を引き継いで、割と長く炎が続くので

落ち葉も、枝も、備長炭さえも火が通る結果になりました。
P_20171111_173844_vHDR_Auto.jpg P_20171111_175016_vHDR_Auto.jpg
<炭まで火が通ったら勝ち。ただ、木の上にアミ置けないという問題が新たに出来ました。>

燃やしをゆで、ホルモンを炒め

暖かい昼食をとる中で

思ったより焚火の暖かさが人間に伝わりにくいとか

ウィスキー入れを持ってくるのを忘れたとか

いろいろな事を考えました。

つまりこれ、成功でしょ?

P_20171111_195220_vHDR_Auto.jpg 


つづ

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック