オフロードバイク+++上上

KTM250EXCの不調の原因について

本日は、長らく続いたKTM250EXCの不調の原因について

いったいどのような方向でご報告したらよいのか

わたくし自身の名誉やら面子やらの雑念含めて

決めかねている状況でございます。

P_20171008_190344_vHDR_Auto.jpg 
<闇に照らされる荷物>


かすにんでございます。



まず最初に

本日の報告では、K山で久々の遭難者(笑)が出たことをここで面白おかしく書くこと

単なる味付け、福神漬けでしかないと言い切れるほど

驚きの真実がつまびらかになると宣言させていただきます。



また、この先は

KTM250EXCトラブルについてすべて認識している

関係者向けの文章となりますことご了承ください。m(- -)m


それは日曜日のこと。

私はK山でのKTM250EXCのテストをしていました。

土曜日に腰上周りを綺麗にしたら

エンジンが始動することは分かっていたので

走行テストが目的です。



走行テストの他には

自分のバイクを走らせるとともに道行くKTMライダーをGETしてw

私のバイクに乗ってもらい感想を聞くこともしました。


すると共通する感想は

エンジン始動には問題がないものの、パワー感がちょっと・・・?という話ばかり。

パワー感とは?

ピークパワーなのか?ネットなのか?下なのか?

私はKTM125EXCとの乗りかえでは明らかに全域でパワーアップを感じるので

鈍感になってしまっていましたが。

まーさんと同型のKTM200EXC(15)とか、KTM250EXC(06)に乗るライダーからの話は

「とにかく下がない。」

というものでした。


また、この日に新たに発覚した現象がありました

崩落⇒コンクリート管⇒岩岩を超えたストレートで3速全開に入る区間がありますが

あそこで一度アクセルを戻し、再び素早くアクセルを開けると

ときよりエンジン回転の盛り上がりにモタツキが発生するというものでした。


1時間走ってはトランポに戻りシリンダーヘッドを外す。

日曜日はこれを3セット繰り返したらクタクタになってしまい

全ての解決を月曜日に託し、トランポ泊をしました。



まぁこの時、Iちゃんさんが山にXRを捨て

暗闇に蠢く魔物たちと壮絶な戦い(牽制)を繰り広げながら下山した事

私のこころのダイアリーにひっそりとしまっておこうと思いましたが

備長炭着火研究会に合流したところ

思いのほかワインが進んだようで

最近の(ピー)や(ピー)について(ピー)、(ピー)した話で4・5時間飲めました(笑



私も長い時間の話のネタに

KTM250EXCで困っている症状について相談しました。


土曜日に腰上を全ばらして不具合店を探したこと。

P_20171007_103551_vHDR_Auto.jpg P_20171007_103532_vHDR_Auto.jpg


そして、廃棄デバイスは汚れていたけれど固着するほどではなかったことと、

ピストンにもシリンダーにも傷はなく問題は見当たらなかった事を話しました。

P_20171007_103539_vHDR_Auto.jpg 
<とても汚れている>

P_20171007_103430_vHDR_Auto.jpg
<ヘッドだけ汚れている>

その日の飲み会を終えて、翌朝。

日曜日にバイクを始動してみると・・・・一発でエンジンがかかる。


キャブセッティングはIさんのアドバイスを受けて

KTM250EXCEXC 168 38 N8RW 4 から

KTM250EXCEXC 168 38 N8RW 2 へ変更。

アクセルのON/OFFでエンジン回転が付いてこないことを

ニードルの位置を変えて対応しようとする考えでした。

プラス

プラグキャップとイグニッションコイルの接続しなおしもやりました。





で、試走。











全然ダメなのよ。

変わらない・・・っていうか、昨日(日曜)より悪くなっています。



エンジン始動と低速で走る分には問題は見られないのですが

レーシング(エンジンの空ぶかし)を続けたり

スロットル全開を続けていると

バリバリーという通常のエンジン音に交じって

時々「バババッ!!」っという音が混じってきてミスファイア?が起こります。



私は今までの経験から

エンジン始動にまで問題が出るほどカブる前にトランポへ戻ることに。


またシリンダーヘッドまで開けてみる作業に入るか・・・

いやいや、症状もひどくなってきたから排気デバイスも清掃するか・・・

と、作業に着手したところ

ソレを見つけてしまいました。

1111_201710092213309c4.jpg 
<青汁のめば元気になるのは人間だけ。>


さて、ここで問題です。

かすにんを長年苦しめてきたKTM250EXCのトラブル原因は何だったでしょうか。

ビタリ賞は豪華特典を考えたくなるほど、凄い理由です。

 ①どこの部分の何が原因だったか
 ②プラグが被るプロセス
 ③異常燃焼が起こるプロセス
 ④1日目に走れて、2日目に走れなくなるプロセス
 ⑤トルクがない、そのプロセスは。

この辺の説明が出来ちゃうんだな。

P_20171009_094420_vHDR_Auto.jpg 
<ススでドロドロだったプラグも快調に!! 新品ならキッチリ焼けるぞー>


ーーーということで、とにかく臨時の修理が施されたKTM250EXCは凄い。

4か月ぐらい前にトミさんとヒロ君と雨のK山を走った時

トミさんのRRのパワーに驚きましたけど

あの衝撃とそん色ないパワーがKTM250EXCにあったなんて!!!



どうしよう

早く乗りたい!!!


つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんだよ、気になるじゃないですか?
まさか、排気デバイスのロットが入って無かった
ギヤ設定がズレていた
結果、排気デバイスが動いて無かった

当たり?豪華特典GETです。

たけおやじ | URL | 2017-10-09 (Mon) 23:11 [編集 ]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-10-09 (Mon) 23:35 [編集 ]


MJが詰まっていたとか
排気漏れ?チャンバー詰り?

まー | URL | 2017-10-10 (Tue) 12:27 [編集 ]


>たけおやじさん
>まーさん
正解はどれかな!?答えは、、、

>匿名さん
もちろんです!オフロードだけに、オフコース(^^)v

かすにん | URL | 2017-10-11 (Wed) 06:34 [編集 ]


 

トラックバック