オフロードバイク+++上上

灼熱のクロスパーク勝沼(下)

オン・オフあわせて長い間バイクに乗っていますが

熱中症になる寸前を意識出来るようになったのは良いことですね!

11111_20170813144247458.png 
<やったね70,000キロ>


かすにんです


クロスパーク勝沼の駐車場で夜の部を走り切った私

大本命であるゲロコースを走る準備を進めます。


思えばここで1Lの水を使った事が致命的だったナ・・・


土曜日の勝沼

前日の雨が嘘のように晴れて暑いぐらいの天気になりました。


風はそよかぜ程度?でしょうか。

少しだけ吹いていて

場所によっては全く風を感じられず「じりじりと熱い」という気候でした。


さて、本日ご一緒するのは

前夜祭から参加のヒロ君さんとあるみやさんに加え

本日はハラちゃんさんとみちゅっちさんとお友達も合流して

始めて走るサーキットを案内してもらいます。



私はオフロードのコースって怖いんですよね。

凸凹ランドでも道がわからなくて逆走した時もあるし

富津もようわからなかった。

しどきは一目見てわかるけどね。


ということで、人生箇所4回目のコース。入場です。


パドックにいる時

ラクリマ・クリスティを彷彿とさせる管理人さん曰く

「今日は酷いよ、登れないよ。助走も難しいと思う」

というコンディションの森へ突入した私たち。


アドバイス?警告?の事もあるので

ハラちゃんさん先導で

周回ルートを回ってコンディションを確認することになりました。



パドックを出る前の私

  ( ^ω^ )ヘー ソウナン デスカ タイヘン デスネ
     脳内「ぺっぺこぽーww」

111_20170813160712a32.png 
<わー!! きゃー!!>

森の中の私
    (; ・`д・´)ノウナイ・・・ノウナイ
   ぺっぺこぽー「かすにん(笑



ハラちゃんに泥をかけなければ即死(登れずに落ちる)だった。

みちゅっちは姿が見えない。don't forget you're here forever。

ヒロ君と再加速で前に進めたYZさんを残して阿鼻叫喚。

あるみやさん? 一人でタイヤ20本修行デスヨ
111_20170813162435b2a.png 
<トラタイヤが吉と出るか凶と出るか>


朝一の土質は

前日の雨をたっぷり吸った泥でコーティングされていて

ブーツで地面を踏むと背が高くなる

そんなコンディションでした。


こういう場所をたくさん走ると

初速の大切さや

タイヤの回転数とスリップを感じる力が生きてきますね。


ま、新品ゲコタなら
開ければいいだけですけどね。


ココがどういう場所か判ってしまえば悪くはない

コース内の周回ルートで体は温まりました。

立っているだけで汗がにじむ

ヘルメットの中でも、汗が目に入って痛い。

けれど少し走っていれば涼しい。そんな感じです。

酒も残っている・・・かもしれない(; ・`д・´)



1時間程度のウォーミングアップを終えた私たちは

かなり余裕をもって、

水も1L補給して

意気揚々と例の場所に突入しました。


例の溝です

<ほぼ最初からですが、動画は途中で終わりです。尊厳を大切にしたい>

溝あったら入りたい

私たちはそういう意気込みで長いこと走ってきましたね


中では

溝を熊が横断するのを見た

土砂崩れで道がなくなっていて絶望したり

路面が凍って戻れなくなる溝に自ら入ったり

ーと、個性的な溝が沢山あり、今でも心に残っています。


近年「カバーを割る危険性が高い」として

溝へ行くことが少なくなっているので

今回の場所のような逃げ場のないルートは久しぶりでプレッシャーがかかりました。

それとも

後ろからあるみんとヒロ君が煽るからかな?


<ココがラスト>
111_201708131734115bc.png 


動画を区切って説明するのは野暮ってものなので

お暇なら見てほしいのですが

雨あがりの岩が見えてタイヤが空転する事が多々あり

ちょっとヘコタレチャウ場所になっていました。



それもこれも、風が無くてとにかく熱いのですよ。

体中から汗が出て指先がしびれ始めているを感じるので

水分をとらにゃぁいけんのですが

早朝に何度か吐いたので飲める水が全然なくて

1Lだけ持ち歩くのがやっと。

その1Lもこの溝の中で飲み切ってしまいました。


冬だったらなぁ~余裕なのになぁ~wwって悪態も着けないほど

いやーんな感じ。


早く脱出して冷たい水を買いに行きたいと願うし、

水を浴びたいと願う私と反するように

ここに居たがるバイク・・・全然進まないの。



嫌らしい場所にある石が憎い

リアタイヤしか設置できないV字溝が憎い

ステップにあたる根っこが憎い

すげー離れたところからめっちゃ近づいてくる

プレッシャーを与える青シャツと白シャツが憎いwwww

111_20170813201553fd5.png 
<この瞬間全然覚えてない。アッパーカットを食らったわ。>

結局、溝から脱出するまでに33分かかっていました。

あるみんもヒロ君も快調に進んでいたので

道に私が居なければ10分コースだったでしょう。


私が投げる以外の選択肢を見つけられなかった場所も

投げずに回れるテクを持っているようですね。


でも良いのです。


今日の私は、一つ限界を突破できました。

ぷれっしゃーーーを浴びな・・・むしろ出しながら戦い

そして出しきったのですから!!
   ※力です。

111_201708132031415cf.png 
<シャーを笑うものは、シャーに無くぞ!>

全てが終わったあと

太ももやお尻を優しく包み込む暖かさは忘れません。



ハイドレーションを背負っていたら

真っ先に水をこぼした偽装をしたと思います。ですが

当日に限って持ってきていなかった。

隠していると余計悪い方向へ進んでしまうと考え自白したのですが

それは悪策でした。

あるみんが・・・ずっと言うんだもん(ノД`)・゜・。
75450_200905162001094738_1.jpg 

ステム・アッパーを体感した者だけが味わう浮遊感。

あれは怖い。

スタンディングっていうか、腰を曲げて頭を前に出すのは気を付けよう。


まだちょっと続く

つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

目の前で,
ステルスふなっしー

あなたは素敵な何かを
「持っています」ね

男汁倶楽部千葉支部?

みん | URL | 2017-08-17 (Thu) 23:13 [編集 ]


もってな、もててない。
ほら、出ちゃってるから。臭いのとかww,

かすにん | URL | 2017-08-18 (Fri) 00:18 [編集 ]


 

トラックバック