オフロードバイク+++上上

灼熱のクロスパーク勝沼(上)

今年のお盆休みは暦どおり11~13日が休みだったので

クロスパーク勝沼に行ってきました。
P_20170812_133704_vHDR_Auto.jpg 
<暑マックス>


かすにんです



週末の天気が「良くても曇りのち雨」という状況の中

この連休をどう楽しむか。

今年はたくさん悩みました。


例年なら、悩む暇もなくツーリング企画に飛び込んでいましたが

今年は皆さん用事があってばらばらでね

仕事がある人もちらほら(私も含め)ーーーという状況だったので

個人で計画で楽しむことに挑戦しました( ・´ー・`)ザンネンダネ



で、

いろいろ考えて走ることにした場所は

クロスパーク勝沼さん。

そこで、

先週行われたハードエンデューロのコースを走ることでした!!


実は最近動画がアップされ始めていて

それを見ながら夜な夜な熱くなっていました。

ナツイあつにゲロアタック。おいしいです!!



お誘いに応えてくれたのはヒロ君さんとあるみやさん

彼らがひょっとしたら来れる?のが

12日(日曜日)だったこともあり

11日(土曜日)はバイク整備に割り当ててKTM250EXCリフレッシュを続けました。


本日はクラッチ側のシールを交換作業の着手です。

前回のように1時間~2時間で終える予定でした。




まず、カバーを外します。

油脂類は以前とったのでナイナイ。
P_20170811_090928_vHDR_Auto.jpg 
つぎに、板ばねにテンションをかけているボルトと

フリクションプレートを固定している筒?ぴん?を抜きます。


P_20170811_091547_vHDR_Auto.jpg 
<このパーツはどんな効果があるのか>

バラバラになったフリクションプレートのの減り具合を確かめました。

編摩耗はないし、プレートに段差もありません。

ついでに言うとバスケット側も凄くきれいで良い状態です。

クラッチの交換はまだ必要ないですね。
P_20170811_091613_vHDR_Auto.jpg 
<プレートの色違いは汚れ。>

次にクラッチのバスケットを固定する器具を使って

クラッチバスケットを取り外そうとしたのですが・・・全然うまく動きません。

P_20170811_112734_vHDR_Auto.jpg 
<ユニバーサル>

カシメもとったし工具もホルダーを固定する器具もキッチリついている。

なのに固くてナットが回らないのです。


あえて言えば

エアーツールのインパクトレンチ?は持っていないので

トルクのかけ方が手作業(ゆっくり)であるということが

たけオヤジさんからの教えと違う点でしたが

全然回らない。


何度も挑戦しているうちに、いちど大きなすっぽ抜けをしまして

その際にナットの角が少しおかしくなってしまいました。

傷がついて丸くなった角は。。。3つもあります。

ここで再挑戦をしても良い結果にはならないので

これはナットを外すだけのために

お店(多分ミサイルファクトリー)行きになりそう・・( ˘•ω•˘ )


KTM250EXCの整備という名の破壊をおえたら

KTM125EXCのリアタイヤ交換です。

明日の勝沼には豪華に新品タイヤで挑もうと思っています。



で、炭やら網やら着替えやら

勝沼に行く準備を終えたのが14時すぎ。

千葉市内を走っていた時には

もう首都高で渋滞は始まっておりましたが

そのまま突入。


道中、ご一緒することがかなわなかったメンバーに

共同購入したオイルとタイヤを渡すなりしながらも

現地到着20:30 ・・・( ^ω^)・・・


Screenshot_20170813-143826.jpg 
<狼狽える中年(蘇る金狼口調で。)>

雨の洗礼キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



現地に到着した時

山奥のサーキットは風と小雨がミックスされたような天気で

「おぅ、ちょうど冷えていいんじゃない?」と皆さんが言いそうな

過ごしやすい天候でした。


時々雨を感じ無くなる位のね。



しかし、

BBQ用を降ろして炭を用意したころから

強い風と、それに乗る大粒の雨がバンバン降ってきて

「怖いトイレ」のドアもガタガタ

炭起こし準備の新聞紙もびしょぬれ

風呂上がりでサッパリな体は

もう一度風呂に入ったようになりました。サッパリはしないけど。



30分後

私が車の中に退避して

体温上昇のためにアルコール水溶液を摂取していると

ヒロ君が登場。

ハイエースのバックドアの下で

カッパとジャンパーを着こんで雨に濡れながらの晩酌を開始

ヒロ君「BBQが出来なくても・・・焼かなくてもいい。飲む。」

彼はヤル気です。



さらに30分してターゲットあるみやさん登場

ぬれねずみの二人を笑いながら

ハイエース装着されているタープを展開し

ヒロ君のハイエースと両サイドを挟むようにして

ぬれないスペースを確保!!

この角度から

前夜祭が始まりました。
P_20170811_224911_vHDR_Auto_20170813145814823.jpg 
<21:12キックオフーー03:30ノーサイド>

有事の際の生存戦略

料理の出来る男はモテる

バーベキュー王に俺はなる(38独身)


最初のきっかけは忘れましたが

前夜祭を始めてから中で最も長い戦いでした(*'ω'*)



6時間も野郎三人で何をこそこそと?

そう聞かれると説明できませんが( ;∀;)

話した話題はどれも玉虫色に輝いていてw

大切な思い出です。

逆に、

積極的に思い出にしてゆかないといけない気がしましたけどね( ´艸`)



そうそう

この記事を書いている日曜日

携帯電話の写真をPCに取り込もうとしていて

面白い発見がありました。



山中なので電波が安定しないのが功を奏したのか

深夜01:30ごろに岡庭(仮名)へ電話をかけている記録が

発信履歴を埋め尽くしていーーーーそれは夏の幻


<真夜中でも直電>



足首あたりまで雨で跳ねた泥が付いたまま

ハイエースで寝たのは何時だったろうか。


兎に角、翌朝は6時きっかりに起床し

6時10分には1ゲロ

6時20分には2ゲロと、

持ち前のゲロアタックを繰り返すことになるのでした。


俺が水道を求めて歩くうちにゲロった場所に

沢山の花が咲くように祈りながら・・・




つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック