オフロードバイク+++上上

風暖のカセット缶1本もやしきりテスト

冬の車中泊に風暖。寒すぎると燃えない風暖。

最近の買い物した中で最も重宝している風暖が

車中泊というシチュエーションでどの程度の力を持つのか

一番気になるところをチェックしてきました。



かすにんです



電池さえ積んでいない風暖は

温度や時間、一酸化炭素の濃度で自動ON/OFFすることはできません。

もし風暖をつけたまま寝たとすると

ガス缶が空になるまで燃え続ける事になるので


トランポの中で1缶燃やしきっても人体に影響がない

を調べて

車中泊で風暖をつけながら晩酌をすることが出来るのか

風暖をつけたまま寝袋に包まることが出来るのか

ギリギリの部分を見極めちゃおうと

今回のテストをやってみました。


※このブログは夢です。
記事の内容に一切責任は持ちません。



ーーーーとはいえ、

車中泊で一酸化炭素中毒で死亡・・・という記事をよく見ますので

安全性を考えて警報機を車内に装着しました。

P_20170128_195533_vHDR_Auto.jpg
<風暖の位置は割と決めかねる>

風暖を「運転席を倒したスペース」に設置してつかう私は

警報装置をその上に設置しています。


さらにビビりの私。

土曜日の日中にプレテストとして

ガス缶1本使った燃焼テストを自宅で実行してみました。


その時の結果なのですが

センサーは動いているようですが

あまりに小さい数値なので(※11PPM)

「全く影響がないのか、計測方法が誤っているのか」と

確証がもてないまま夜になりました。





そして




とある道の駅へ移動した私は

晩酌の準備と

風暖の準備と

絶対ドアを開けないようトイレを済ませ

試験スタートしました。(19:55)






開始より10分経過


ビールがンまい!!

風呂上りから我慢していたので、胃の中に染み渡るのがわかります。




30分経過

漫画を一冊読み終えて、じわっと汗を書いている自分に気づきます。

車の中が熱い

P_20170128_204658_vHDR_Auto.jpg
<熱風>

風暖の風の流れはFANが稼働すると1~1.5m前に出ます。

その結果、上の写真のように熱い風が流れてきて

後部座席の天井あたりに熱風が充満しているのがわかります。

尿意もないし

汗を拭いて上着を脱ぎ長袖Tシャツ一枚に。

そのままビールを飲みながら映画を見始めます。

P_20170128_204703_vHDR_Auto.jpg
<あつっ!!ってなるほど暑い。真夏っぽい。>




1時間経過。


映画に集中できないのは、キャシャーンの内容が面白くないからかな?

それとも、車内が熱すぎるからかな?
※もちろん実写版。



このテスト・・・やってみるとキツイのですよ(´・ω・`)

外に出れないし

窓を開けられないし

キャシャーンだし



私が今まで経験してきた車中泊は

基本的に疲れていて「とっとと寝る」ものなので

2時間の暇つぶしがきついキツイ(苦笑


500mlビールも2本目となり

ツマミはやめて夜食を食べ始めていました。


夜食は温める丸大ハンバーグと、暖かい餃子、ポテトサラダ。

ですが

車内でコンロを使うのはテスト結果の邪魔になりますから

あらかじめ熱湯とハンバーグを魔法瓶に入れて湯煎調理しておりました。


ハフハフと夜食を食べながら室内温度を測るとなんと34度

なるほど・・・Tシャツ1枚で大丈夫な訳だわ。

風暖を見てみると、炎は安定した燃焼を続けており

過去の稼働実績からあと1hは余裕な感じです。



早くガス缶が空になることを願いながら

早くエンディングになることを願いながら映画鑑賞を続けます。








2時間ちょっと経過。

「カシューーーン」という音と共に、風暖の炎が止まりました。


余熱でFANが動き暖かい風は出ていますが

ガスを使い切った「ぬるい温度」の風です。


かすにん「やったぜテスト終了!


目まいも、頭痛もありません

駄作映画によるイライラはあります。



さて、テストの結果を数値で報告です。


昼間のテストと今回の違いは「2h車内に私が居た」事です。

それ以外は共通で

 ・新品のガス缶 1本燃焼
 ・ドアの開閉なし

こんな感じかな。

重箱の隅ですが

車のエアコン停止時の設定で、外気温取り込みは止めています。




燃焼記録の写真おば。

燃焼開始は2時間11分、燃焼後は33PPMでした。
P_20170128_195537_vHDR_Auto.jpg 
<1本を燃焼しきった値。>

汗を書いたTシャツを着替え、ヒートテックやジャンパーを着たあと

後部座席スライドドアを全開にしました。



冷たくてキリッとした風が体に当たって気持ちいい。

あたたかい・・・を超えた、熱い車内にいたので

このクールダウンはうれしいです。



すると

10分もしないで警報装置の一酸化炭素濃度は000表示になりました。

この感じですと、一酸化炭素中防止には

フロントウィンドウを左右数センチ開けるだけで十分な気がしますね



さてさて

警報装置の情報を見ながら

いったい「どの程度の濃度になったら危ないのか」を調べると・・・


アメリカの待機標準 UL(UL2034)
一酸化炭素の濃度が・・・
  70PPMが約60-90分続いた場合、警報音とランプ点滅
  150PPMが約10-50分続いた場合、警報音とランプ点滅
  400PPMが約4-15分間続いた場合、警報音とランプ点滅
  700PPMが約2-6分間続いた場合、警報音とランプ点滅

ヨーロッパの待機標準 EN(EN50291)
一酸化炭素の濃度が・・・
  50PPMが約60-90分続いた場合、警報音とランプ点滅
  100PPMが約10-40分続いた場合、警報音とランプ点滅
  300PPMが約3分間続いた場合、警報音とランプ点滅
  400PPMになると、すぐ警報音とランプ点滅

となっておりました。



より厳しいのはヨーロッパ基準ですかね。

ほかにもチャイナ基準っていうのもあるけれど

初動が150PPMというザル基準でしたので参考にしません。

さすが人の命が軽い国です。


この情報からみるに、

33PPMは問題にはならない数値のようです。

また追記させていただくと

この数値は常時ではなく2h燃焼しきった直後の最大値でして

車の気密性は弱いのか

「1時間ほどで数値が10代まで下がる」事も解っています。



ということで


もし、

風暖をONにして寝袋に入っても問題はない

という結果になりました。





まぁ

いま天国からブログ更新してるんだけどね('ω')ノ

※このブログは夢です。
記事の内容に一切責任は持ちません。



つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

プログ更新されないときは
””失敗””=昇天かな?
アタック車中泊ですな

氷点下でも、寝袋x2にホッカイロ2個いれれば
熟睡ですよ

たけおやじ | URL | 2017-01-30 (Mon) 12:28 [編集 ]


テストお疲れ様です!

1本で2時間か~!車中暇つぶしの場合は、冷えたら点けるが正解なのかな!

俺の場合は、極厚寝袋(封筒型)に入ってリクライニング座椅子で読書のスタンスなので・・・

風暖は、朝の着替えに活躍してくれれば良いかな!

店長 | URL | 2017-01-30 (Mon) 15:46 [編集 ]


・カセットボンベのブタンを気化させるとおよそ96L
・ブタンの完全燃焼の理論空気量はおよそ32倍
・実際には過剰空気が20~100%必要

96×32×200%=6,144L=6.144m3

ハイエースの荷室寸法
荷室長3.00×荷室幅1.52×荷室高1.32=6.0192m3

余裕を見て過剰空気100%でも荷室部分だけの空気で十分間に合いそうですな。
実際には運転席の空間もあるし、完全な密閉空間でもないし。

でもガス器具は換気しながら使いましょう♡

ジクリバー | URL | 2017-01-30 (Mon) 22:27 [編集 ]


 

トラックバック