オフロードバイク+++上上

新道。空の軌跡ツーリング

神童(sindou)と言われた時期が、私にもありました。

1111_201701241656469bc.png 
<どこが道なんだろうなぁ~>

かすにんです


土曜日に雪山を巡ったたけオヤジさんと私。

日曜日はまことさん夫婦と合流

新道(にい・・なぜか変換できない)の探索ツーリングを楽しんできました!!

1111_20170124170344fe3.png 
<とりあえず高いところを目指す!!>

新道の探索にあたって、目指した場所は某所
1111_201701241739477ef.png 
<兜十蔵博士。>

兜博士がいる光子力研究所から80㎞ほど離れたコノ場所。

ここで探索をしますが

「何かある」と野生の感だけで突入している訳ではありません。


入念に地形を見て

航空写真を確認し

時にはオフィスで集中して調査してからの突入です。

傾斜の角度や、川や畑などを目印にした位置関係も抑えています。
(今回はたけおやじさんと、まことさんが中心です。)
1111_20170124173920845.png 
<結構すすめるぞ!>

これだけ準備してもらえると無謀ではないので

「大変なことにはならない」という安心感と

「この先はどうなっているのか?」という探求心を楽しむ

ワクワクがいっぱいになります。


たけオヤジさん、まことさんツーの醍醐味ですね(^^)/



山の中

少し進んでは歩き

歩いては枝葉を払い、岩をよけ、目印をつけて回ります。


本日(日曜日)の天気は晴天。しかし、昼過ぎには強風になりました。

林の中から一歩出ると、ゴウゴウと風が吹き

バイクや背中を押してくるのがわかります。

走行直後は平気でも休んでいると肌寒さを感じるほどです。
1111_2017012418175280d.png 
<根っこ根っこはちょっと厄介。ゲコタは本当に優秀ですね>

雪山のような底冷えはありませんが、強風も結構嫌ですね。

バイクが倒れたりするし、襟・袖から風が入るとヒヤッとします。


林の中で風の弱い場所を探して、お昼休憩です。
1111_20170124181959d01.png 
<ここで3分の1かな~>


ルート選択では、登るまたは迂回が優先で、下りはめったにありません。

それはミスコースをした場合に、道が悪くて戻れなくなる可能性があるからです。
1111_20170124183030532.png 
<イノシシの道、鹿の道は私たちの道です>

今回の探索では、

倒木はありましたがどれも私たちでどうにか整備できるものでした。

ノコギリで切ることが出来れば4人の力で除去も可能ですし(^^)/

整備するべき個所も数か所に集中しているので楽でした。


倒木や、根っこの尾根道、岩の山を越えて

急に見晴らしがよくなった熊笹の海をかき分けて走ると

小高い山の上に、6-7頭の鹿の群れが見えました。


私たちの進行方向と同じ場所を目指す鹿の群れを遠くに見ながら

同じ視線の先に見える頂上の岩山をロックオン!!

ラストスパートです(^^)/ヒャー
1111_20170124194959001.png
<鹿が逃げたのは熊と思われたから。では、どちらが熊かな?>

頂上への一本道ではバイクがふらつく程の横風が吹いていて

ビクビクしながら登ったり下ったりしましたが

途中から森の先輩(鹿かな?)がつけた獣道が良い感じに目印になって

迷いなく進めたのが変な気持ちにさせました。



かすにん「ワンワンワンワン!!(走りやすいルートあったワ)※
   ※私の存在に鹿が3-4メートル位まで近づいても気づかなかったので
    ひとりで先行して走っていることもあり、熊除けのために
    大声で吠えながら走っています。生活の知恵。
    
鹿氏「ケンッ!!(糞の途中で来るとか、ヒューマン常識ない感じ?。
   トリマ逃げるけど糞止まらねーWWWW)」

かすにん「ワオーーーーン(鹿が逃げてるっWW。穴から糞ボロポロしてる(笑)
     あっ!!糞が走行ラインに超絶撒かれてる~( ;∀;)」
 


KTM250EXC「(ぱいーん)



ケム糞に続き、人生2度目の「獣の糞」まみれ。

ーーーそして頂上へ!




って、頂上のお話はヒ・ミ・ツ
 
例によって画像ヒントもなしでーす。



頂上からの絶景は、遠方の山々まではっきり見えて壮大でした。

山の斜面を駆け上る風に体を揺さぶられながらも

目標達成にどっしりと地に足が着いているような気になりました。

1111_201701241958364a7.png 
新ルートの開拓に大満足した私たちは、ちょっと足を延ばして観光。


次回来る時があったら

整備不要でスイスイ進むから2時間弱ぐらいのルートでしょうか。

難所は無い、林道ツーリングかな(^^;;;


それでも空に続くような道筋をたどるこのルートの

冬以外の姿も見てみたいと期待せざるを得ない、そんな良い道でした。

この開拓に立ち会うことが出来てよかったです。



帰りは温泉でしっかりと体を温めて

下道で190km帰宅。


日曜日は夜間になると車どおりが減るのでスイスイ走れるので

25時には帰宅できました。



ちゃんと月曜日は会社に行ったよ。

今日(火曜日)休んだけどね(笑



さぁ、次の冒険だ

つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まだまだ続きがあるよ
また開拓にお願いします

たけおやじ | URL | 2017-01-25 (Wed) 22:24 [編集 ]


 

トラックバック