オフロードバイク+++上上

クッカーでクッキング

今週からやることが無い週末がくると思っていましたけれど

案外やることは多くて・・・休んでられませんね


ちゃっぴー「ボクと遊んでくれる時間はあるよね?」
P_20161030_121106_vHDR_Auto.jpg <天使やぁ・・・天使やぁ・・・(#^^#)>


かすにんです


コトは水曜日から始まっていました・・・。



指以外の破損パーツの修理にショップ(外科)へ通ったついで

平日の街をぶらぶらしたところ

ふと、ジョイフル本田のアウトドアコーナーで面白いものを見つけました。


P_20161029_114916_vHDR_Auto.jpg 

メーカーがよく知らない所なのですが、3080円とは安いし

この鍋の中に小さな鍋とフライパンにもなるナベ蓋が入っていたうえに

容量0.7L程度のヤカンを中に収納できるつくりになっていました。


私は普段、家庭用の中サイズのナベ1つと卵焼き用フライパンで過ごしているので

何か鍋で作るとお湯を沸かすことが出来なくなったりして

まえまえからアウトドア用語で言う所のクッカーに興味がありました。



で、土曜日。

指の通院を済ませてから近所のWILD-1へ行ってきました。

そして、いろいろ考えた結果

クッカーとヤカン、チタンのフォークとスプーンを購入しました(^^)/

P_20161030_102201_vHDR_Auto.jpg
<キラ~ん>
 
P_20161030_102937_vHDR_Auto.jpg
<チタ~ん>


このクッカーを購入した決め手ですが

ジョイフル本田のクッカーより小さいのですが

ナベの取ってが使いやすくなっていたというところと

この鍋の大きさで0.7L近くはゆでられる事が解ったからです。

0.7Lあれば丸大ハンバーグが温められますので

大抵の困難は乗り越えられます。

P_20161029_132015_vHDR_Auto.jpg 
<展示品に限り、ここからもっと安くなった。>





ところが、その夜の秘密結社千葉の穴にて・・・





ジュゥウウウ・・・
P_20161029_185848_vHDR_Auto.jpg 
<ロケ地:千葉県シティ・オリジナル>

店長さん「あー・・・やっちゃったよ。
     ステンレスは焦げ付きやすいんだよね。

かすにん「・・・えっ(;^ω^)

ぺろ2さん「そうそう、でもアルミ買ってもコーティングはがれるし。

店長さん「軽さを求めてチタン・・・。じゃないよね、トランポで使うんだから
     チタンとて焦げ付くし。

ぺろ2さん「トランポで使うなら重さ関係ないから、フッ素加工されたナベ。
      アレのフッ素加工が無くなったら買い直しで行けば一番やりやすいのよ。

      まぁ、
     こうやって学んでゆくものだよね。
     たどり着くところは、家庭用鍋なんだけど。




かすにん「ピキーン(^ω^)

P_20161029_211318_vHDR_Auto.jpg 
かすにん「ニマァ ( ^)o(^ )ハフハフ



私もちょっと考えたのですよ

先週まで使っていた卵焼フライパンでさえ小さいのに

さらに小さいナベになるな…ってことに。


でも長い間使っていて

トランポ料理は「湯銭と一人鍋」メインだったからこれで十分だとおもったのデス




ということで、

本日(日曜)の昼飯は

クッカーを使った料理をテストします!!

想定通りの使い方がちゃんと出来るのか確認しないとね。





まずは食材チェックです。




本日のメニューは

シェフの気まぐれ中華、やんわかライス仕上げ。

デザートはホットケーキ・モリナーガ風を選びました。
P_20161030_102301_vHDR_Auto.jpg<HK用の卵は現地調達すると大量にあまる。牛乳もしかり。豆乳を使うのもよい。>


次に道具を確認します。

クッカーを洗い、机の上にフル展開させてみました。
P_20161030_102434_vHDR_Auto.jpg 
<きらきら~ (*´ω`*)>

ナベ2(大中)つ フライパン1つ 皿3つ(大中小) おたまとフライ返し

大なべで湯銭して

その後ホットケーキのタネを作り

フライパンで焼くという想定です。



次に火力ですが

カセットコンロ「ニチネン マイコンロ・エコ 省エネタイプ KC-315」2980円

風に弱いですが、2300kcalで結構使いやすいです。
P_20161030_102228_vHDR_Auto.jpg <もう3年以上使っています。結構吹き溢していますが掃除がしやすくて綺麗。>


まずはフッティングをします。

ゴトク(カセットコンロのナベを置く部分のこと)にヤカンをセット。

P_20161030_102614_vHDR_Auto.jpg

うん、問題なく使えていますね。

このヤカン、カップ焼きそばがギリできるサイズなんですよ。
 

次にクッカーの大なべ。

まぁ、ギリギリですね(;^ω^)
P_20161030_102519_vHDR_Auto.jpg

フッティングは実践を想定してやっていて鍋の中に300ccの水を入れているのですが

ナベを「安定」させる為には置く位置に気を使う状況

料理したり、

中のモノを食べて300gより軽くなったことを考えると実用は無理と感じました。

中なべ・小なべに至っては

ゴトクの内側に入ってしまい話になりません。


そもそもこのクッカーは

下記のような道具で加熱することを想定しているので

家庭用カセットコンロのゴトクの大きさにあわないようでした。
111_20161030193727bc5.png 
<こういうやつね。ホワイトガソリンを使うの。>

カセットコンロのゴトクについては

他のナベややかんでも同じような問題を抱えていて兎に角安定が悪い。

たけオヤジさんに至っては

ゴトクにステーを追加していました。

イメージはこんな感じ。
P_20161030_103456_vHDR_Auto.jpg 

 
私も同じようにステーを這わせようと思い

大きな鍋から小さいナベまでイケるゴトクに改造します!!


でも私はなるべく簡単に

スマートに済ませたいと考えコイツを使います。

雨どい固定用の金属バンド(118円)です
P_20161030_112856_vHDR_Auto.jpg 
<ピカピカやんけ>


このバンドを選んだ理由は2つあります。

1つ、バンドの幅がゴトクの高さと同じであったこと
P_20161030_112925_vHDR_Auto.jpg 
<正確には1ミリ以内の誤差。かたつきを感じなければ余裕っしょ>

無加工で付けるっていうのも重要なファクター

今回の品もゴトクを挟み込むように止めればOKです。

テコの原理から、重いものを載せて中央に力がかかると

ボルトを押し上げる方向に応力がかりしっかりガード。

しかも隙間なく設置してあるので負荷分散もされます。

P_20161030_113006_vHDR_Auto.jpg 
<また世界を進化させてしまった・・・>

ゴトクの高さに気をつけて、4方向からサクット装着。

無加工ですよー ボルトオンですよー カタツキなんてないですよ。

あ、バーコードのシール。・・・は燃えるし気にしない(^▽^;)
P_20161030_113349_vHDR_Auto.jpg 
<じゃーん!!>


P_20161030_113427_vHDR_Auto.jpg 
<じゃじゃーーん>

下から見るとこんな感じ。

早速強化したゴトクにナヴぇを置いてみます。

一番小さな鍋もこの通り。ばっちり安定。

P_20161030_114055_vHDR_Auto.jpg 
<たけオヤジさんに大勝利(笑>


さて、ここで二つ目の選定理由です。

このカセットコンロが横風に弱いというのは以前から書いていますが

このゴトク強化方法が風対策にもなっているのが選定理由です。


ステーに横穴が無く、横方向の風を通さないことで

コンロの炎の出口を4分割

横風を受けても全ての区画の炎が弱まることはなくなりました。


ナベなしで火力テストをしてみるとこんな感じ。(した写真)
P_20161030_114207_vHDR_Auto.jpg
一般的にガスコンロは火炎流の効果を使っていて

炎を渦巻き状に高く強く延ばすことで空気をたくさん取り込むのですが

今日かゴトクの輪っか内に十分なスペースがあるので

火が弱まることはありません。


テストでは

値札シールやコーティングが燃えましたが

そのあとは青白い炎がガンガンのぼって安定しました。

P_20161030_115512_vHDR_Auto.jpg 
<コーティングがはがれるさま。ゴトクにはコーティングは必要ない。>

それでは料理開始です(写真略)



大なべでパックのご飯を湯煎。

15分蒸らしている間に小さいナベでレトルト中華丼を湯煎。

今まで1つのナベで出来なかったことが出来るようになりました。

P_20161030_121111_vHDR_Auto.jpg 


ホットケーキ(写真)も簡単に作れましたけど

焦げ付きもそんなに多くなかったですよ。

でも洗い物が沢山出来ました。

出先で料理することを想定すると

汚れない湯煎メインだね(;^ω^)ソコカヨ


ちゃんちゃん。




デポ地での料理もオフロード遊びの一環です。

寒い夜だから・・・レッツ飲みにケーション!!




つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック