オフロードバイク+++上上

ブレンボブレーキキャリパー

KTM250EXCとKTM125EXCのフロントブレーキキャリパーをOHしました。


DSC_0004_20161003225651782.jpg 
<125に関してはマスターのふたも付きました>


かすにんです

OHっていっても、全バラ&清掃だけなのですが

そのうちダストシール、シールは交換する必要が出てくると思っています。


フロントブレーキキャリパーを外して、ダストシールの溝を確認しました。

オンロードのレース用に使われているブレンボキャリパーには

ピストンが特殊なタイプがあって

それに使われているシールは少し形が違っていたので

まずは一般的なブレンボであるな・・という部分の確認です。

結果は一般的なブレンボでした。
DSC_0002_2016100322564822d.jpg 
<二つ目シールが入る溝のところがちょっと形が違・・・くない。よかった>

で、次にシールとピストン径を調べてみました。

とりあえず外して、清掃したシールとピストンを目視確認。

ダストシールは流石にやれ始めているかな。
(ピストンとキャリパーに対して外部側に設置される溝が入ったシール。)

ピストンは大きな傷もなく十分許容範囲だと思います。

DSC_0003_20161003225649373.jpg

で図ってみたところの大きさは24mmでした。 




24㎜のピストンはオンロードでもよく使われている一般的なもので

「ブレンボ アマゾン」で検索するとガンガンヒットするほど

複数の車両/アフターパーツが発売されています。

111_20161003225557792.png 
<ほんの一例>


KTM250EXCはフロントキャリパーに24㎜ピストンを2つ使っているので

このシールを購入すればよいのですが

ブレンボのシールの価格。

結構高いのです。

ご参考までに。
111_20161003230737e1f.png 
<ダストシールが2000円だから、フロント1セットで14000円ですね。>


こんなに高額ならヤマハやホンダに採用されている

通称ヤマンボとかのブレンボシールを購入した方がよいぜ!!と思いまして
※アプリリアのブレンボもCB400のブレンボで代用

めっちゃ検索していたんですけどね

急に光が差したんですよ。




コレ



111_20161003231558c0f.png 

マジかよ!!逆にすげぇよ!!

NSRとかで24㎡mのキャリパーを使っていた頃に

この情報が解っていたら半額近くで済ませることが出来たよ(;^ω^)

だって、マニュアル見ると2セット(ダストシールもセットだからリングは4つだね)だもの。

1つ千円とか、安すぎ。



KTMちゃんの訳の分からないところの安さが素敵です。

つづく
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック