オフロードバイク+++上上

アイツが三条

林道友の会@長野ツーリングにて

YZ250FXに乗る機会があったので、その辺の備忘録を兼ねて。




かすにんです



YZ250FXにはもう何度も乗っています。

 高校の同級生が購入した新品、

 試乗会の新品、

 ジクリバーさんの愛車

 まるかつさんの2号さん

この辺が記憶にありますね~。



で、最初に乗った時の気持ちを思い出してみるとこんな感じで語っていますね。

当時の文章を読み返して、今でも誤っている所は無いと思います。


ただ、私の友人のYZは新品車両に何か手が入っていたようで

とにかく性が高くて、車重+アルファの重みを感じていましたが

後日試乗会でのフィーリングはフロント周りがWR250Rほどに感じました。





今回長野のツーリングでは

1日目にジクリバーさんの車両に乗り、2日目にまるかつさんの車両に乗りました。


二つの車両はクラッチのミートポイントが全然違うので

我々が走るような場所では操作性がフィーリングに大きく影響するところもあるので

私は何度も迷う感じになったのですが

なるべくその辺の乗りごごちを省いて考えてみると


ジクリバーさんの車両は過去に乗った車両と近い感覚でしたけど

まるかつさんのはちょっと違いますね。

現地で「錯覚だったわ」と言いましたが、やっぱりなにか違いますよ。

今ここで、自分の感覚には嘘をつかないようにします。



バイクを倒した時に足が地面に近く感じました。

九十九折れの上り坂をKTM125とYZ250FXで走りましたが

KTMより低く構えているとわかりました。


大げさに言うと

尻の下に後輪があるKTM

背中の後ろにあるまるかつYZ

背中の後下にあるジクリバーYZって感じかな。


これは良い悪いの世界じゃなくて、感覚的なものなのですが

フロントあげあげ大会があったら、ジクリバーYZのほうがやりやすそう。

そんな感じ。


その代わりまるかつYZは

スロットルを開けてからバイクが前に出るまでが速いです。

座ってるままでトラクションしてるので、乗っていて楽でした。

九十九折れでも安心して乗れていました。

今回のルート程度ならシッティングオンリーで行けるでしょうねぇ。




タイヤかなぁ

リアサスのセッティングかなぁ

そもそもYZはリンク式だから、私の感覚がくるってるのかなぁ。



低速で難所ならジク派なんだけど

まるかつセッティングはスクーターライクな扱いやすさを感じるので、

口あたりが良くて好きでした。




ということで

私のKTM125もリアサスのばねを緩みに緩めてみて

フィーリングの違いを楽しんでみることにしました。


あ、今週末からは250だった。


サスペンションはいじってナンボ。

新しい発見ができたらいいなってことで。



つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まるかつさんのと、そんなに違うかい?

試しに試乗させてもらえば良かったかな。

ジク川 | URL | 2016-08-24 (Wed) 23:41 [編集 ]


たぶん…
サス緩め、フロント突き出し、テーマースロットル、バックステップ、ゲコタの組み合わせじゃない?
21型仕様^ ^
また、走りにいこう♪

まるかつ | URL | 2016-08-25 (Thu) 01:10 [編集 ]


Re:

あり?乗り比べてなかっとん?
オーナーのジクさんが変わらないって言ってたから勘違いだと思ってたわ。


まるかつさんのコメント見て、
バックステップじゃなかろうかと思ってるよ。
リアがしっかり接地する感覚なんだよね。

かすにん | URL | 2016-08-25 (Thu) 21:25 [編集 ]


 

トラックバック