オフロードバイク+++上上

飲み過ぎに液キャバ

日曜日もお昼近くなり、だんだんお腹がすいてきました。

このルートが終わったらお昼

この坂を超えたら終わったらジュース

ここが終わったら・・・・

 1111_20160622215540c5b.png
 <登るしかないじゃない>


かすにんです


はたから見て難ありのシンコーで頑張るヒロ君さんですが
(注意:使ってみると良いかも(笑)。私にとって理不尽な転倒が多く見受けられるだけです)

流石にココに入るとバイクが壊れそう・・・そんな岩沢登りです。


最近で来た崩落の先とは違って由緒正しいこの場所は私のお気に入りでもあります。

千葉にはないヒルがいない沢。

夏は最高です!


ということで、早速突入。


入り口の大きな岩に呆気にとられていた5年前の私。

でも今は行ける!大きなん転倒なく走り切れる自信がある!!


先頭はトラ車勢にお任せして

EDバイクで侵入いちばんのりだーーーー!!

1111_20160622221003be8.png 

って言ってる傍から滑って転倒して

トミさん まーさん アルミやさんにまくられる(;^ω^)




でも

ムムムッ!!!


1111_20160622221237e70.png 
<壁際は日差しがあたらず、濡れてぬるぬる。ベストはこの直線のハズ!!>


ほかのどの場所でも冴えない私ですが

Kを走っている数(濃度は別として)、時間は絶対長いはず。


ここで頑張らんと遺憾!!

立ち直らんとイカン!!

125に負けたらいかーーーん!!


バイクを無理やり引き起したら

安全マージンを取って、スルッと入ってきたアルミ屋さんの内側に入って
(解ってた・・・心が痛かった・・・ごめんなさい。レースでもないのに。)

良い位置から再スタート!!



まーさーーーーん!!
1111_20160622221855ccf.png

 

トミさーーーーん!!

  っと・・・!?
1111_2016062222261028d.png 

前を行くトミさんを捕まえたと思ったら

まさかの2週目、トライアルな皆さん(ノД`)・゜・。


現在位置はルートの半分ぐらいですぞっ

スイスイ具合が半端ねぇ



気を取り直して岩場を進みます。

時よりつまりはせれども、転倒はしていないのですが

一度に進む長さがトミさんの方が長くて再び距離が離れる

1111_20160622224818f4b.png 

だんだんと息が上がってきて

くぅぅーーー

追いつけなかった



残念無念と考えながらも、最後まで走り切ってみると

トミさんは2週目に行ったそうで、その差は歴然。
1111_20160622231046fbc.png 

行くか・・?

いかんか・・・?


って考えているうちに、足から根っ子が生えてしまい

かすにんは1週でドッシリ構える(休憩)のでした(;^ω^)

1111_20160622231337685.png 
<おつかれっ!!>



体力のピークをここで使ってしまった私。

お昼休憩にトランポまで戻る道中でのルートでも

腕の力が制御しにくくなって退散。

しょぼくれてしまうのでした。



言い訳じゃないのですが

左手だけは、小指先に骨が無い関係から

親指と人差し指、中指だけつかっているので

人より早く握力が無くなっちゃうのは致し方ない。

むしろ想定内。


しかし、

岩沢は登りばかりなのに、右手までしびれるのは何ででしょう(;´∀`)
1111_201606222316336ea.png 

ブレーキかけまくってるのかな?

前に進みたいのに、ブレーキで止まっていることの方が多かったかな?


ええいっ

兎に角 しびれが無くなるまでは迂回迂回っ(;^ω^)
1111_2016062223213123f.png 
<荒れた岩山。諦める男、かすにん。諦めない男、いまっぽさん>



少し遅い昼飯を食べた後は、ガソリンを足して再出発!!

午後からはトライアルの皆さんとは別行動。

うーたんさん、皆さん、ありがとうございました~(^O^)/




午後のルート

予定では

ゴッツン⇒タイヤ⇒かすにんルートでフィニッシュ!


-でも、そこまで走れるかな?

日が長くなったとはいえ、この人数ですのでぇ・・・



んーー(;^ω^)


  「とりあえず考えないで良いよっ!

    さっさと走って、行けるところまで行こうっ」


ってことで走行開始。

反対意見が出ないのは、皆さん体力あるなぁ~
1111_20160622232742572.png 
<ヒロ君さん「やばい、滑る。」>

1111_20160622232852bf9.png 
<最初の段差へのアプローチが凄い。最後の根っ子越えがめちゃくちゃ良くなれる。>

土曜日に走ったほかの場所から推測できたのですが

ごっつんの入り口が一番の難所になっていました。

その場所は

アルミ屋さん まーさんに続いて 私までが先行有利だったかしら。


トミさんもヒロ君も、

泥がまかれた岩を超えなければならないので辛そうっ

トラさんは・・・走るところが全然違うので問題ナッシング(^▽^;)

続いてナナミンさんも同じ入り口を使ってトライ!

途中までは良い感じでしたが、掘り返った泥にタイヤが乗り、スリップ。
1111_201606222335474e6.png 
<1段目は行けた!!それだけですごい。2段目に行く前の区間でタイヤがスリップ>

まず、この場所を目の前にしてそのルートは思いつかないです。

そのうえ、チャレンジする気持ちも凄いっすね。大興奮です。


全員無事に入り口を超えその先のゴッツンへ移動します。

写真にはありませんが、XLRさんもイマッポさんも

後ろからついてくるぶん路面が酷くて体力削られ気味!?




そしてゴッツンでシンコータイヤの(マイナス面での)ミラクルが!

1111_20160622235145110.png 

フロントタイヤが段差に当たった瞬間

リアタイヤが真横にブレイク。

今までにないアクションに、ちょっとびっくりしちゃいました(;^ω^)

ヒロ君さんがスタンディングで走り

しっかりと段差を超えたフロントに体重をかけたからいいものの

シッティングだったらバイクの下敷きになる感じですからね

君子危うきに近寄らずですよ。私はゲコタで十分。



ヒロ君のあまりのスリップした姿に

「岩はそんなに滑るの~?」とナナミンさんもこわごわ。

1111_20160622235655274.png 
大丈夫、ヒロ君さんの特訓だから。ゲコタなら大丈夫(^◇^)


だから、

「危ないよー」と言いながら走ってきたナナミンさんもすんなり通過。


エンジン始動で体力をそがれていたXLR250さんも

トラタイヤの力を十分に発揮して一発クリアです
1111_20160622235944024.png 

1台ずつ、微妙にラインを変えて登ってきた岩盤ですが

助走区間でタイヤについた泥が、岩盤まで少しずつ運ばれており

最後の走者イマッポさんの走行を前にして

全米・・・いや全泥が号泣の状況。どろどろです

1111_20160623000709a6c.png 

流石にヘルプ要員も立つのですが、

人が立っているのもやっとで機敏に動けないからこわごわ。

さらに1回目のイマッポさんの挑戦&滑り落ちでちょっとヒク。



本当に難しいコンディションだし、この場所以外にも走れるところはあったので

この辺でキッチリヘルプを入れればよかったのですが

3度目のチャレンジを遠目に見ていた際に

足場の悪さからバランスを崩し、足をひねってしまいました。



見ていて「ヤバい」って思える転倒はこれまでにも何度か見てきましたけれど

今回もソレ系。

この場所は滑る・・・って思ってたのだから

自分がサポートに行っていればよかったと大後悔です m(_ _)m。

本当にごめんなさい。



バイクを回収しつつゆっくりトランポへ戻ってきた私たち。

歩けるから靭帯は切れてないっぽい?という程度ですが、

酷いことになっていなくてすこし安心。


でも疲れも来ていたので今日はおしまいにしました。



怪我に気をつけて走る事と

安全のための努力は惜しまないようにしてゆこうと思いました。


走り切る夏、2016。

今夏のスローガンです。



つづく
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック