オフロードバイク+++上上

ななみんさんとASGツーリング

このところ通っておりますASG

今週はななみんさん、S本くん、Mさんと走ってきました。


111_20160523215007866.png 
<何処を走っているか、わからなくなるときもある>


かすにんです


今週は4名で走りますが

Mさんは午後合流を予定しており開拓するには人数が乏しいので

私が知っているルートと

ナナミンさんが知っているルートをすり合わせることに。



面白そうなルートも沢山教えてもらえましたが

過去に数回来たことがあるというナナミンさんとS本くん。

技量の差に、ルートの認識もあって

ついてゆくのがやっとでした。

111_201605232211312ce.png 
<根っ子でも構わない。>


1つ1つのポイントを突破する事だけなら私も何とか。

ただ、ナナミンもS本さんもスルスルっと乗ってゆくのに対し

バイクに乗って乗られてしている私は

押したり引いたりの力技の繰り返しで、毎度毎度息が上がってるの。

これを何とかしないとね
111_201605232215105d7.png 
<倒れちゃう回数=引き上げる回数=体力消費>


111_20160523231105be3.png 
<あのルートについて相談。キッチリ整備が必要そう。>

単発で難しい場所があるときは気づきずらいけれど

ノンストップで進みづけると息が完全に上がっちゃいます。

111_20160523231356966.png 

この体力消耗は、暴れるバイクを抑えるのが影響しているから

ガレや根っ子も、立って乗るしかないかなっ?って思っています。

怖くてつい足が出ちゃうけど

ゆっくり簡単なところからやろうかな。
(白シャツさんがキッチリやってて凄いなーっておもってた。
 自分もやらないとなーって思ってた。けどサボってたね(´・ω・`))



さて
111_201605232320469a6.png 

ナナミンさんのバックステップ(試作)の件。

乗り出した際には好評でしたが、実践では強度に問題が出た模様。

低くなった分、腹よりも先に障害物と接触する問題もありそうです。

やっぱり実践じゃないと解らないことはありますね。


ネガの反面、良いことも沢山あったようで

ステップが後ろに移動した分トラクションもかかりやすくなり

ステップが下に下がったことにより、立ちやすくなったようです。


オンロードのバックステップってやつは

後ろですが上へ移動するものでしたがオフロードは下なんですね。

乗り易さは魅力的です・・・どうなんでしょ。


111_20160523233208dad.png 
<フリーライド250率が75%>

Mさんのフリーライドもフロントフォークのばねを交換しての

テスト走行でしたが、純正よりも10%以上やわらかい効果はばっちり。

膝への負担軽減を体感できたもようでご機嫌でした。


スピードを必要としない私たちのツーリングでは

あまり硬い脚には需要はありませんからね(^O^)/イイカンジ


111_20160523234222fe3.png 
<午後は立ち乗りを意識して・・・疲れました>

こんな感じで1日たっぷり走れました。

深く静かに開拓を続けるとします。





そうそう

道中、根っ子のヒルクライムを楽しんでいると

ふと足元に・・・例のゴーグルがww

111_20160523233715a34.png
<お宝wwwwはっけんwwww GETだぜwwww>

このような場所に粉塵メガネがある理由は・・・察します。

きっとオフローダーの残留思念でしょう。

それも真新しい。



・・・






つづく


  +予備品手に入れました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ASG 開拓お願いします。
また行きたいです。

たけオヤジ | URL | 2016-05-24 (Tue) 22:28 [編集 ]


もちろんだよ!!

かすにん | URL | 2016-05-25 (Wed) 20:32 [編集 ]


開拓者共

お久しぶりです。
こちら南房総も白シャツ隊長により開拓進行中です。
たまには御一緒したいですね~。

ペロ② | URL | 2016-05-27 (Fri) 17:57 [編集 ]


>ペロ②さん
一足先にペロ①さんとヒロ君さんとご一緒させて頂きました(^O^)/
元気がいい走りで良いね!と皆さんに溶け込んでいました。


名前の由来については???ってなってましたけどww
白シャツってなに!?!?って(;^ω^)

かすにん | URL | 2016-06-01 (Wed) 20:43 [編集 ]


 

トラックバック