オフロードバイク+++上上

年初め、バイク整備

大晦日に加工したヘルメットとゴーグルはこんな感じになりました。

DSC_0557.jpg
<やっぱりバイザーの部分につける>



かすにんです



GoPro2で余っていたパーツが湾曲していないタイプだったので

ヘルメットに張り付けると接地面が少なくて上手く固定できません
でした。


これでもしっかり固定できているので安心していますが

念の為にゴーグルの予備は取り寄せておきますかねぇ。

DSC_0556.jpg


さて、今日はKTM250EXCのハンドル角度調整を行いました。

チバテツさんにアドバイス頂いたレイアウトに変更することと同時に

同時に今まで乗っていたKTM125EXCはどうなっていたのかを確認し

2つの車両のセッティングを合わせたいと思います。

 
まず最初に

KTM125EXCがどんなハンドルポディションになっていたかな?って確認してみました。


125にはパワーパーツのハンドルクランプ(衝撃を和らげる機能付き)を装着しているので

まったく同じセッティングには出来ないと理解していたつもりですが・・・・

DSC_0552.jpg


あーん・・・150mmぐらい高さが違うし

前後のポジションが違うわぁ(4パターン中の前から2個目)




ということで

前後まで変更して迷走するのもいやなので

ハンドル角度だけを変えることにしました。

DSC_0553.jpg



変更点は

①クラッチの角度を平行近くにしました


 スタンディングの時にブレーキをいじるのだから、それに合わせる。

 クラッチは体制が崩れた時にも使いやすいように、手前に(角度を下げない)持ってくる。

 という意味を込めて変更しました。


②ハンドルの角度をセンターより内側へ傾けて下げました。

 イメージとしては、フロントサスペンションと平行になるような角度を取りました。

 数値的なところとしては、中央よりメモリ1つ内側にしました。

 これまでは、中央よりメモリ1つ外側だったので変化は2目盛りになりますが・・・画僧で見ると結構あるね。


 @中央のメモリってここね
 DSC_0551.jpg



さてKTM125EXCのセッティング変更を完了したので

次はKTM250EXCに着手です



まずは現在の状態を確認しました。

メモリの位置は、ハンドルを上げるために前方2目盛りと言う所です。

DSC_0542.jpg
<中央から、2目盛り前。>


そして私のハンドルの状態を側面から見るとこんな感じですかね。

ハンドガード、ブレーキキャリパーの位置は弄っちゃっている状態なので

まったく違う状態で使っていますが、ハンドルの角度はこのまま。
DSC_0543.jpg



このハンドルをセンターにもってきます。

つまり2目盛り手前にもってきた形になります。

DSC_0544.jpg

ハンドルの根元では数ミリの話なのですがね

ハンドルの端になるころには、大きな角度の違いになっているなぁ
DSC_0545.jpg

跨った感じ、

手元にハンドルが近づいてきて、腕の・・・肩の角度が開いた気がしました。

これがまーさんの言っていた、手元に余裕があるって事なのかな。

私は身長は177cmですが、手足は身長185mcと同じぐらいあるので(スーツ屋さん談)

新旧のポジションで腕が届かなくなるという事はありませんが

余裕があるに越したことはありませんが

スタンディングポジションを取った時に「若干の前かがみにならない」事が

捲れあがる結果を生まないのか・・・ちょっと気になりました。






では逆に

もっと手前にメモリを変更したらどうなるのかも確かめてみました。

センターより1メモリ内側に移動させてみた状態です
DSC_0546.jpg


1mmの違いだと微妙に感じますが

高さの変化よりも、内側に入ってきた変化の方が感じるかな。

実験的にこのポジションを取りましたが、腕が立ち過ぎてちょっと嫌だな?って思います。
DSC_0547.jpg



ここでKTM125EXCとKTM250EXCに交互乗り越えて双方のポジションを確かめてみたのですが

2台のハンドル角度を合わせた状況では

高さの違いより、ハンドルクランプ装着位置の違いによる前後感の方が大きな差に感じる事に気づきました。


KTM250EXCは、ハンドルのクランプを手前に装着しているので

KTM250EXCでも手前に変更してみたらどうなるのかな・・・と知りたくなったので

現在位置で走りこんだら、次はKTM250EXCのクランプ位置を手前にもってきたいと思います。


それと

乗りこんでみるとKTM125EXCの方がサスペンションが沈むので

地面からのハンドルの高さというか

岩岩した難所をゴリゴリと進むような時に

足つきと合わせた位置関係みたいなものは、良い。取っつきやすいと感じましたね。


DSC_0550.jpg


さて、まだまだバイクに乗れない状態なのですが

膝の間隔が戻ってくることを祈りつつ整備を続けます。

現在は、触っても皮膚しか感覚が無い。水が溜まってきている状態なので

軟骨へのダメージは回復しきっていないのでしょうね。



まぁ、ことしもちょっと待っていてください。

またすぐに追いつきますから。



2015年走行記録 

111_201601020939389f2.png




つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

明けましておめでとう御座います!

本年もカバ案内してね!(≧∇≦)b

あれ?ニーブレースしてたんじゃないの?

店長 | URL | 2016-01-02 (Sat) 20:26 [編集 ]


Re:

>店長
ニーブレースしていても、駄目なものは駄目ですね。
カッツリぶつけましたよ。
ま、なかったら骨折コースだったので、
効果はあったと言うことです。

かすにん | URL | 2016-01-02 (Sat) 21:56 [編集 ]


 

トラックバック