オフロードバイク+++上上

忘年会で疲れた体を、整備でゆっくり回復させる。

12月の忘年会シーズンになってますね。

みなさん、飲んでますか~



かすにんです



なんだこの書き出しは(^^;;;

めっちゃオヤジ臭い語り口調は、私がオヤジだからなんでしょうかね(T_T



昨日の飲み会でワンレン・ボディコンってワードをすんなり受け止められる私と

???が出ている若い衆をみて衝撃でしたけどね・・・orz




さてさて

金曜日の夜どころか、土曜日(今日)の朝に帰宅した私は

とうぜんお酒によるダメージが体に残っていて、走れる気分じゃありません。

となればバイク整備を行って、有効に時間を使いましょう。


と。



先週の千葉ツーリングでは、ボンドで修理していたスロットルホルダーが再び割れたので交換。

あとは裏返したゲコタを新品へ交換って感じです。
DSC_0495_20151212142142bcf.jpg


KTM125EXCのスロットルホルダーを破損するのは2回目じゃないかな。

パーツは丈夫だし、なかなか壊れにくい位置にセットアップされているようです。


それと、取り外している人も多いゴムのカバー。

コイツが毎度いい仕事をします。

ホルダーが割れてもパーツが飛散することを防ぐし

割れたとしてもピチピチのゴムがスロットルホルダーの大まかな形を維持するので、

そのまま走行を続けられるのです。



他のメーカーのスロットルホルダーへ交換しようとも思いましたが

考えられた設計や製品選定から得られる効果を維持したくて

KTMの純正パーツを使い続けています。





今回購入で3年ぶり?

注文時にパーツナンバーが変わっていたので新旧品を見比べることにしました。
DSC_0499_2015121214214339e.jpg
<1週間ちょっとで届く。>



外見はまったく変わりません。

内部はどうなっているかと言うと・・・
DSC_0500.jpg

うーん、特に変わらないようですね。

厳密に言うと、矢印とか製品型番のデザインがちょこちょこ変わっているけれど

ネジや切込みなどの性能に影響する部分に変化はありませんでした。


ちなみに

KTM125EXCのパーツ番号で製品を注文すると

KTM250EXC(14年モデル)と同じ型番が表示されていました。
.

1111_20151212144637ab2.png


ということは、

私はもう在庫を持つ必要は無さそうですね。

片方が壊れたら、片方の車両に乗るか、パーツを取り外せばイケますからね。



狙った通りの運用になってきてちょっと嬉しい。

そんな土曜日でした。


明日は関モータースさんのライディングスクールへKANさんと突撃してきます。

スクールに行くのは人生2度目3年ぶり!

KANさん曰くく、えらい人が来るようなので楽しみです!!
 1111_20151212145132c25.png


このライディングスクールではがっつくぞ!!

KTM250EXC、君に決めた!!




つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ういっす!

ほらほら!期待値が高いと明日は・・・・・雨DEATHよ?

マディ特訓良いね~!

俺は仕事だけどね(´・ω・`)ショボーン

店長 | URL | 2015-12-12 (Sat) 15:53 [編集 ]


ハードだった。。。ただただ、ハードだったよ。

かすにん | URL | 2015-12-13 (Sun) 20:19 [編集 ]


 

トラックバック