オフロードバイク+++上上

山連休@ウマイラズツーリング

山連休最後の月曜日

しかし天気はあいにくの曇り・・・雨は午後18時ごろから降り出す予報となっていました


111_20151125215929ad9.png
<小雨がぱらつく森の中で!?>


かすにんです



前日(日曜)にたけオヤジさんと走った山から130キロほど北東に位置するこの場所K。

何度も取り上げさせていただいている、私の大好きな山です。


この山で、私も常日頃からお世話になっている

チーム・ウマイラズさんたちとのツーリングが企画されたのは夏ごろでしたが、

その時も天気予報やスケジュールの調整に問題があり、あれよあれよで今は11月・・・。

随分とお待たせしてしまいました。m(_ _)m

一緒に走りましょう、カスツーしてきました!!

111_20151125220410558.png
<まったくもって何てことない。やっぱりうまいわ。>



天気予報は午後から下り坂を指していましたが

全員8時には走りだし、やる気満々です!!

 
今回のツーは、午後の天気が予想できなかった所から

兎に角前へ詰めて詰めて。という方針。

ロケーション的にも、一つどころに拘らず

なるべく先に進めて、いろいろな場所をつまみ食いしてゆく気持ちで走り出ししました。


加えて


走行開始を8時にしているので、AMだけでも4時間は走れる!!と脳内計算していましたが



そこはウマイラズのメンバー。

つまみ食い気分で引っ張り回すどころか

ケツを突かれ、そのうえ抜きにきます。
111_20151125221123ff0.png
<注:かすにんのホームです。>


これは絶対、前日の疲れが酷く出てきたのだと思いますけどね!; ・`д・´)ウィィィィ

ただ、事実として最初のガレ場ルートから尾根に上がるまで20分。

雨のK山とはとても思えません。私のソロと殆ど変わらないし。

7人でツーリングしてるんですからね(;^ω^)ヤバクネ




最初のチュルチュル坂で

クワトロさんが2回チャレンジしたのが温いらしく、

「若いやつは苦労しないとダメだ」なんて笑い話がとてもウケました。

111_20151125222429330.png
<トライアル車&トラタイヤで雨のKをはしる!>



開幕からプレッシャーかかりまくりのツーリングですが

中身は

信頼できる仲間といつものコースを走れるというので安心もあるし

滅多に走れない路面コンディションならではの変化(一人ではこんな状況では走らない)があって

新鮮な驚きも沢山味わうことが出来ました。

111_20151125222714e59.png
<滑る根っ子に速度を殺されて、最後の数メートルが登れない。>


晴れの時の際にはなんてことない場所にも

雨というエッセンスが加わると

真剣に考えなければならない初速とか、登坂ルートとか、根っことか

大きなポイントが見えて来ました。



なんとなくーーーで、意識していなかった場所でも

こう路面が悪くなってしまうと、走ってはいけないルートが出てきたりして

メンバーの方々の挑戦を応援・観察しながら一緒に考えるのがとても楽しかったです。

111_20151125223640107.png

私が案内しながらも、私が登れないヒルクライム(笑 をいくつか紹介しながら

森の中を順調に進んでゆく私たちでしたが

休憩少なめ、ペース早めで回っていても

今日と言う日の限界は足早に近づいてきているのを感じていました。


すり鉢前のヒルクライムで遊んでいた10時ごろになると

GoPro2の動画にもはっきりわかるほど雨が強くなってきたのです。

111_201511252243291cd.png
<雨水で画像が歪む>


強くなる雨。

各メンバーは、防寒対策やカッパを所持しておりますが

雨でぬたぬたの地面にトライアルタイヤ・・・このキツさには参っていたようでした。




時間が経つにつれ、森の中に入っていても「ポツポツ」と雨音が聞こえるようになってきて

あたりは霧のような靄がかかってきて・・・体感気温もどんどん下がってきました。

111_20151126225220b42.png
<ここまでバッドコンディションだとどうにもならない。>


12時までは走りましょう!

そのあとの事は食事を取ながら決めましょう。


いつ本降りになってもおかしくない天気の中

道からの脱出ルートをガンガン進む私たち。

111_20151126225648a8f.png

私が走った後、その後、そのあと・・・と道は荒れてゆくばかりですが

ペースは落ちないし、終始の安定。

雨で濡れた岩に泥がコーティングされた難所を

巧みにルートを編み出してすり抜けてゆきます。

111_201511262259322ae.png
<やはりこのルートなのか!>


それでも

それでも限界っていうものはあって、無理なものは無理なんですよね。



見てくださいこのフロントタイヤ(下写真 Kさん)

前2台も走れば、後列はずっとこんな感じ。

フロントなのに土でタイヤが詰まる・・超絶BADコンディション。
111_20151126230122322.png
<Kさんはケツでヘルプしてくれるタフなメンバーです。でも酷過ぎwwwイジメだめ絶対(^^;;;;>


最終的にはトラ車でも「真横に滑るから危ない」という状況に。

111_20151126230613d64.png



その後も1時間程度走り続けましたが

雨が弱まる気配が無く、ウェアの芯まで雨がしみ込んできたので

残念ながらツーリングは13時で終了となりました。




しかたないよねー、本当にコンディションが悪かったから。



でも、スーパープレイがシッカリ動画に収められて

個人的にはホクホクです!(^^;;





それでは、スーパープレイを。(前半はかすにんのショッパイプレイですけど。)


私が超えたのは、ごつごつとはいえ、岩が積み上がったルート。

組長が走ったのは、積み上がりが無いからね。

まぁ、そのぶん助走区間が取れるメリットがあるルートだけれど

動画を見てのとおり、セローにとってはドッカン・バッキンしてるのよ。

動画の中の私も、はぁ・・・とため息が出てるけど、ホント凄い!!



この凄さ、横から見るとマジやばい

111_2015112623444692d.png

お判り頂けるだろうか(段差が腰より高い。最上段までは1m近いルート)



直前まで近づいて、フロントを少し上げてゴリ押しする私に対して

みなさんは皆、「走って」登るのですが

当日のような状況だと、

助走区間で助走が出来ない私と

それができるウマイラズメンバーの差が出たかな?って今は考えています。
111_20151126235202e36.png

しっかりとした助走を取れているメンバーは、だいぶ手前から速度を作って

段差直前の動作は少ないものね・・・。

Oさんの動画をみてると、岩に振られることは少なくて

登るときにはアクセル抜きにかかっているんですよね。その方が逆に安定しているっていうか。。。


組長に至っては、

フロント浮かしながら飛びついてるから参考にならないよ(赤線の位置からフロント浮状態)
111_20151126235916d4e.png




はぁ、・・・上手くなりたい。


 _∧∧__   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |( ゚д゚)| <  ふて寝る!
 |\⌒~\  \______
 \ |⌒⌒|



つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック