オフロードバイク+++上上

ランニングマン

林道爽やかツーリング


このあそびを続けていると

ガードやバイクの装備のような、走り出す前から想像できた大切なもの

ロープや塩タブレットのような、走り出さないとわからない大切なものが見えてきます



かすにんです


1年ぐらい真面目に走れば、大抵の物の必要性は感じ取れて

単独行動可能なほどの準備が揃うと思いますが

準備が終わる頃には消耗品のローテーションがはじまります。


DSC_0449_20151109134109328.jpg
<ステップの位置をずらさないでブレーキを踏むのでこうなる>


今回は消耗品のお話です。


KTM125EXCとKTM250EXCの二台体制になって

ますます行動範囲と行動時間が広がった私ですが

当然ながら消耗品も2倍になります。

ただ、消耗品交換の作業日・費用を管理していると

実は、変化はそれだけではないようです。





バイク1台体制の時

バイクが壊れたり、写真のような(ブーツ)必要不可欠なモノが消耗品交換のタイミングになると

強制的に1回休みというか、パーツが届き修理が終わるまでが休暇になりました。


この「バイクが壊れる」というイベントの確率は

バイクが2台体制になっても変わることは無く

走行で破損・消耗する場所などは大抵予想がつく物で、消耗品購入費用に変化はありませんでした

DSC_0446_20151109134105ccc.jpg
<裏門の壁は厚い。ハードだわ。>

それよりも

1台目のパーツが壊れても、もう1台からパーツが取れるので

ツーリングに行く回数が増えた事が、費用にも時間にも大きな変化を与えました。



費用面とは

単純に遠征に行くガソリン・交通費・食費などなどの費用の事です。(詳細は省略)



時間とは

整備にかかる時間が高効率化され、1作業あたりの時間が短縮されたという事です。


例えば、


KTM250EXCのパーツAの破損 ⇒ KTM125EXCから移植
KTM250EXCのパーツBの破損 ⇒ KTM125EXCから移植
KTM250EXCのパーツCの破損 ⇒ KTM125EXCから移植

のように、複数個所パーツが破損した場合

どちらかの車両に破損部品を集中させることで、手配までにかかる時間をツーリングで過ごすことができ

パーツが届いてからは、1回のメンテナンス作業日にまとめて複数の整備ができるので

1か所1か所のトラブルに、何週間もかけるようなことが無くなりました。

DSC_0448_20151109134108b63.jpg
<裏門の木々は固い。サブタンクに刺さってこ割れたので交換。これも消耗品>


ーーーということで

最近は乾く暇もない状況が続いており、嬉しい悲鳴を上げています。

平日にしっかり休んで、社会人としてビシッっと週末をキメたいと思います( ・`д・´)



DSC_0447.jpg
<裏門の岩は固い。マジパネェ岩下りでスロットル遣られた。純正ASSYで6980円ほど。>




大好きな林道へ走りに行くのも

1日で沢山のパーツ交換や整備作業を行うのも「濃密な週末の過ごし方」

土日・祝祭日では回復できない。/span>ってのも大きな変化。

早く会社に行って、体を休めたいです!!

ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(;゚〇゚)ノ ピャー





つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在、古いブーツのソール張替え実施中(笑)

全部終わったら、ブログにUPする予定!

進捗状況は・・・7割ぐらいかな~!

店長 | URL | 2015-11-09 (Mon) 15:04 [編集 ]


おやゆび曲がりすぎ?

ちぇい! | URL | 2015-11-09 (Mon) 22:15 [編集 ]


>店長さん
ブーツの張り替え知りてぇぇぇ!!
でも、ブーツの外装もかなりよれてるから
2年持てばよい……って、諦めぎみかも。
期待してますよ!!!


>ちぇいさん
この親指、いい角度だろ?

さぁ、力を抜くんだ。

かすにん | URL | 2015-11-09 (Mon) 22:23 [編集 ]


 

トラックバック