オフロードバイク+++上上

諏訪探索ツーリング①

天気予報を見ていたら、山の紅葉情報がやっていました。


そういえば

山を走っているとドングリや栗のイガイガが目につくようになったし

森の中からあたりを見渡すと

1,2本だけ黒く深く紅葉した木や、

光っているように黄色くなった木を目にすることもありますね。


みなさん山へ行ってますか?

DSC_0413.jpg
<最近一番のベストショットが取れました。コイツを登れるヤツぁ・・・なな〇さん達かな(;´Д`)>



かすにんです




初代 機動戦士かすにん(WR-Rの頃)放映時によくお世話になっていた

イシヤマちゃんさんがココ1年走っていない・・・ということで

山走り代行業務として諏訪探索ツーリングへ行ってきました!!


      ______
      | / ⌒  ⌒\|
      |/ (⌒)  (⌒) \   お山の上にバイクをのせる仕事の
    /   ///(__人__)/// \  採用試験に受かったお!!!!!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>    JT ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


(頼まれてない)思いを乗せて走れKTM125EXC!!

とか考えながら、千葉から下道で諏訪まで下道移動したところ

フロントフォークからオイル漏れをしていてゲンナリしましたが

翌朝は雲一つなく晴れ上がって、最高にワクワクさせてくれる環境が整いました。

111_20151005231012098.png
<またまた久しぶりに走る!? いやいや、DONDON走ろうぜ>


 
いつものコンビニ、いつもの待ち合わせ場所へ集合した私たちは

肌寒さも落ち着いて心地よくなる早朝に出発。


今日のメンバーは

111_2015100523335775c.png

デザインにも光るものがあるパワーパーツで武装したKTM300EXCのまーさん

始動性は良い!あとは乗り手の体力だけ。パワー溢れるWR450Fのたけオヤジさん

もう完治だよね?エンジン全開のハスクWR125のまことさん

なんやかんやでフル出場。でも下りだけは簡便な!KTM125EXCのまことさんヨメさん

もう限界?いやいやまだまだ!!ガッツ溢れるフサベルTE300のU野さん

KTM250EXCはちょびっとメンテナンス中。KTM125EXCでも新しいチャレンジを、かすにん。

の6名で走ります!




いやー、こうしてエントリー者を見ると

2st率の高いこと高いこと


私は2台とも2stですから選ぶことは出来ませんが

複数台所有しても

最終的に行きつく先は・・・2st(軽さ)ってことなんでしょうかね。

メンテナンスも簡単で、単純な機構は寿命が長いことも理由の一つだと思います。




今週は探索の意味合いもありますので、水とお昼をもって出発!!と思ったら

乗り出してすぐ、バイクの重さに嫌気がさしたたけオヤジさんがKTM250EXC-Fへ乗り換え

なんてハプニング!?もありつつツーリングが開始されました。

111_20151005234938e6c.png
<こういうショット、個人的に大好きです。>

まず最初は、まことさんを先頭にいつものルートを走ります。

このあたりがホームコースのまことさんヨメさんと

両手を使っても数え切れないぐらいココを走っている私は当然として

今回初参加のU野さんはいきなり上がる皆のペースにしっかりついてきます。


流石だな!と感心しながらも

やっぱり先が読めないぶん

コース選びとか体の持ってゆき方が後手後手になって苦労している面もあって

TE300のパワーを美味しいタイミングで出し切れない姿が見えました。


たけオヤジさんも言っていましたが

WR450Fのようにパワーがあるバイクはパワーが出る時がバランスして乗りやすく出来ていて

極低速とか、高ギアでダル走行など

せせこましい木々を縫いながら走るというシチュエーションでは

アクセルワークが微妙で気を使ったり

車重が重い(エンジンの大きさとか装備で)っていうネガが出て
気持ちよくないという事です。



なるほど

KTM125EXCは林の中を縫うように走るのは簡単ですが

250では少し引いた目でルートを選びをしないとアクセルが開けられない感覚がありました。

それと同じってことですね。

111_20151006000447087.png
<トルクがあるから2速でオートマは良いけれど、1・2速をガンガン使ってゆく125の楽しさには!?>


逆にパワーが出せる場所で125は???

っていうと、そんなに嫌なことは感じられなくて

初速をつけるスペースが無くても

ちょっとした坂道だったらグイグイ登って行けてしまう125に惚れ直しました。

エンジン音も爽快ですよね!!

このために乗っている気もしてきました(;^ω^)






かすにん「やっぱ125最高だわぁ~

遮るものの無い青空を見ながらホクホクしていると、

後ろからまーさんが登ってくるのが見えました。

一緒に聞こえるエンジン音が、先ほどまで自分の耳で聞いていたモノとは違うので違和感を覚えます。

まるでエンスト寸前を伝える音でありながら

目で見える姿は力強く登ってくるのです。

111_20151006230048c7d.png

低速トルクが太くなったKTM250EXCでも

アイドリング近くの回転数で走行することはありましたが

まーさんのKTM300EXCはそれに輪をかけた感じ?かな

KTM250EXCだと、低速⇒5分の1程度あおり⇒低速⇒5分の1程度あおり の繰り返しだとすると

KTM300EXCは、ずっと低速のまま。

エンストする心配が無いような、一定の回転数でずーーっと登れるのが印象的でした。



朝方からリクルスに違和感を覚えていたまーさん

新しいバイクの乗り方がだんだんと判ってきたようす。

美味しい乗り方!?を見つけて上機嫌ヽ(^o^)丿

私もそのおこぼれにあずかることに・・・。



久々の2st300cc

14年モデルのKTM、リクルス、リアブレーキレバー付き・・・




大 爆  

   アリエナイー
    (´∀`)ノ
  </ /
  / ̄>




直前に125に乗っていた影響が、無い訳では無い。


けどさ、


80キロリーのかすにんを乗せてだよ?

2速発進、アイドリングでヒルクライム登り始めるって

ありえるなくなくない!?

111_20151006231439111.png
<停車するとクラッチが切れている状態になるで、坂道でスタンドを立てると動いちゃう(涙>

しかもアイツ(KTM300EXC)

重さと角度に負けて登れなくなると、クラッチきれてエンストしないでやんの。


豊富なトルク&パワー

テクニシャンなオートマ装置※リクルス


二つの旨みの両立に、思わず口に出たのは

林道のビックスクーターや!
111_20151006231951a79.png
<画像と筆者に関連性はありません>

たけオヤジさんも続いて試乗。

やっぱり、クラッチレバーを触っちゃダメということにめちゃくちゃ違和感があるけれど

KTM250EXC-Fよりも乗りやすい!って絶賛していました。


この話題の装備「リクルス」の話を聞いていると

U野さんのTE300にも装着されているとの事で

「リクルスを装着するとクラッチが重くなる」という先駆者情報をGETしながら歓談しました。

これは本当に手動で半クラッチはきれ無いモノなんですかねぇ。
111_20151006233404d1c.png
<あんていしてるわー>


山の尾根道で歓談する皆さんを見ながら

 たけオヤジさんが家のフュージョンを分解し初めても

 「そのエンジンはKTMにはつきませんよ」と言ってあげることも優しさ
だと

一歩も二歩も先を想像して、心に誓うのでした。

ハンドルが曲がらないバイクはもう卒業ですから・・・。



名物のヒルクライムを2つほど楽しんで体があたたまると

新規ルート開拓のための下見が始まりました。

最初はこの画像のヒルクライム。
111_201510062338546eb.png

って、結論から言うと

画像の場所は開拓は続けなかったのですが

この付近に良い感じのルートを見つけてマーキングをしておきました。


その後も新天地を求める探求は続きまして、いい感じ?で楽しめるルートを回ってゆきます。


ヒルクライムからのつづら折れに

撒かれた倒木が良い味をだしていたりするのも楽しみの一つ。

常に先を見越したライン取りが、全体的には良い感じにまとまります。


まーさんは「ココ!!」って場面でついついクラッチに手が出ちゃう時があって

突然駆動が切れて転倒?っていうのがありましたね(^。^)y-.。o○

リクルスって乗り方が全然変わるけど、簡単に乗り換えできるものなんでしょうかね。
111_20151007000421ba6.png
<まーさん、この角度になるとブレーキをかけておくのがめんどくさそう>

111_20151007000901a8c.png
<慣れ親しんだ山はリズムが良くて走り易そう。やっぱり、地域毎に特色ってありますよね。>

土曜日は、このまま林道探索を進めながらも

探索をしつつ3ヒルも登り

私は初めての4ヒルも登り

定番ルートに組み込む予定の新ルートも走ることが出来、とっても満足できました。


特に4ヒルはルックスが良いですよね。

体感は福島のラージヒルと肩を並べる程で

パワーがあるバイクでも思う存分アクセルを開けられそうです。

111_201510070019057e1.png

日曜日は下見した開拓ポイントを実際に開拓することに決め

道中も確立したので、1つのポイントに2時間はかけられそうです。

それに合わせトランポは場所移動。

風呂と、定番の焼きラーメンを食べたらどっと疲れが。

まだ見ぬ新ルートへ思いを馳せながら22時ごろ眠りました。


この夜、

長野の気温は15度を下回っていました。

もう冬の姿が見えてきたようです。




つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ん~リクルスいいんだけど操る楽しさは
無いですね~・・・
とりあえず戻すの面倒なんでフロント一丁
落としてみますわぁ。

まー | URL | 2015-10-07 (Wed) 17:48 [編集 ]


あそこは大パワー車は面白くない
125~200がちょうど良いかも

4ヒル、気持ち良かったでしょ
空に飛んでくようで

また探索しますよ

たけオヤジ | URL | 2015-10-07 (Wed) 23:18 [編集 ]


>まーさん
リクルスの良い所もたくさんありましたからね!
フロント落としたら、また載せてください(;^ω^)


>たけオヤジさん
ですね!エンジンが回ってると気分も回ってきますヽ(^o^)丿
それに、探索するのにも軽くていいです。

雪降る前に行きましょうね

かすにん | URL | 2015-10-08 (Thu) 23:29 [編集 ]


 

トラックバック