オフロードバイク+++上上

SWT 3days ・・・5

思い返せば昨年度末のSNG忘年会で

ジャイアンさんが「作成中のコースがあるけど、完成したら来てね」的な

お話をしていたコースがありました。

111_20150925112339c7a.png

それがここ、スターライトフォレストなみあいです。



かすにんです



長野ツーの時にも話していたと思いますが、ついに行ってきましたよー!!

SWTの3日目はどこを走るか未計画だったのですが

SNGに行った際にYZ250さんから練習場所に最適と勧められていたので決心しました。

っていうか、

千葉までの帰り道を考えると帰路上にあって近いし

コースなのだからゆっくりできるだろう?的な。







ハイでました。

出ましたよコレ、この流れ。


マーフィーの法則にのっとって引き寄せられる(古っ)

疲れ切った中年の体を最後に潰しにくる何か


でっかい釣り針にかかってきました。
DSC_0397_20150925114146cc7.jpg
<朝からヨタヨタよ!!>

 
まず最初に、誤解なきようコース紹介をしておきますと

初心者から中級、トップライダーまで満足できるコースでした。



そして

個人的にコースに足が向かない理由の一つでもある

トイレとかシャワーとかの設備に関してですが

キッチリ整備されていてスキー場みたいです。(まぁ、ロッジなんですけど。)



家族と来て、友人と来ても良さそうなコースなので

長野ツーの中に組み込みたいですね!

111_20150925115440438.png
<マーシャルさん「もっと奥に良い道あるから。もっと楽しいところあるから」 かすにん「・・・ンググ」>



さぁ、コースの誠実さをお伝えしたところで

今回この場所に来たポイントをご説明します。


前2日間でSNGを走った際に

じもんちゅさんとYZ250さんが同じ時に同じものを見ているようにアドバイスしてくれた事が

 「スロットルでパワーをコントロールするな

  クラッチでパワーをコントロールせよ」
というものでした。


これは


スロットルコントロールでパワーを出し入れしていると

エンジン回転数の調整に非常に繊細な操作が求められることに加え、

一度落ち込んだエンジン回転数を取り戻すまでの時間が

ヒルクライム中では致命的になりかねない。

なので

スロットルは全開を維持したまま固定し、

クラッチの操舵でパワーをコントロールして

ヒルクライム中の「抜きどころ」を越えろという物です。




・・・あれ


これ、マニー$取れるよ!!


これマニー$取れるアドバイスだからね!!

 111_20150925120430671.png



まぁまぁ、話を元に戻しまして



マーシャル(YZ250FとCRF100のお二人)さんに案内してもらって

なみあいの外周ルートから上へ登ってみようと企んだところ

V字型のヒルクライム・・・途中に根っこが張り詰めた場所がある場所が登れなくなったときに

なんとまぁ、マーシャルさんからも同じアドバイスを頂けまして


かすにんめの走りには、欠けている所があって

いまめっちゃ目立ってる部分がソレ!!って事なんだと理解しました。




それじゃっ

マーシャルさんに選んで頂いたヒルクライムで繰り返しの練習ですぞぃ!!

まずは、お手本から。



これ、簡単そうに登っていますが

よーく見てみるとライン上にはかなりしっかりとした切り株が複数ある事と

登頂付近1/3は根っこで覆い尽くされたゾーンがあります。



その場所でパワーを欠けてゆくことは出来ない。

加速しない、しかし減速もしない、そんなスロットルコントロールをするか

もしくは----

 111_20150925152435bc6.png
画像の選択に意図はありません。
  

ですよねーーーwwww


たけオヤジさんも、V字谷では派手にやられていましたから

同じポイントで練習です。


それでは早速ちゃれーーーーんじ




だだ・・・だめかもっ!!(/ω\)

上に上るほど、路面が横に滑りやすくなっていてバイクが暴れて怖くなっちゃいます。


初速を上げる段階でも、ステップちょっと下位の切り株があるし・・・

マーシャルさん
111_2015092515472196a.png


あいっ!!



なんて強制的なやり取りは無いんですけどね(^^;;;

一回チャレンジするたびに、ちょこちょこアドバイスを貰えるのでめっちゃ安心です。

ルート選びとか、必要な初速って奴を予想するコツみたいな物とか。

そのうち、ミニの方をたけオヤジさんが登頂!!

<たけオヤジさんはアケ開けでいったね!!流石!!>


少し遅いけれど、私も登頂!!


連続で出来ないってことは、まぐれ??なのかと思ったことと

根っ子に入る前に加速してゆき

そして根っこに入る、根っこを出る

掴みかけた一連の感覚を逃がしたくなくて再チャレンジ!!!





やったーーーコレは完全に登頂で来たぞ!! 体の中から声が出ました。

成功率は低くても、正しい登り方を知ったし

また来ても大丈夫だし

同じようなシチュエーションに、この感覚を応用して行ければ

もっと先に進めるぞ


SWTの3日間の間でも、私に成長を感じることが出来て

うっげーーー嬉しくなりました。




大満足した私とたけオヤジさん

体力もさることながら、

たけオヤジさんが前日転倒した際にうけたダメージが大きくなってきたので

お昼まで続いたヒルクライムの練習で切り上げ

近くの林道へ下見ツーリングへ行こうかと相談していたら。。。

 111_2015092516181291f.png


オロろーーーん(´;ω;`)

お昼のカップラーメン食に、お肉の差し入れまで頂いちゃいまして

行くしかない

カロリーを返上するしかないシチュエーションになっちゃいました。


っていうか

河原がハードすぎ  






そして、河原(初級!!)の折り返し地点で

たけオヤジさんの渾身の滝登り!!




疲れ切った私が、動ける範囲で動画を取っているから派手じゃないけれど

滝を横から見ると、私の頭を越える高さ(2mほど)で

この角度

111_20150925165032c2a.png

水の量も半端ないし、流石たけオヤジさんです!!

真 似 は 出 来 な い ぞ


私はというと

泥臭くも岩沿いにイゴイゴのぼって行きましたが

一応折り返し地点に到着出来ました。


ただ

腕はつり、足は震え、1L用意した水が無くなりましたので

ここで早めのお開きです。



そうそう、

午後もめっちゃ満足したので

林道の下見ツーリングは取りやめとなりましたよ(;^ω^)




それに、たけオヤジさんはあんなヒルクライムをしていましたが

実はキックでエンジンがかけられないほど太腿を痛めていて、

この走行が終わるころには

青痰が広範囲に広がり足を引きずり、ステップに足を上げるのも一苦労という状態でした。



途中でやめるって判断もあったのでしょうが

わがままに付き合ってもらってすみません、ありがとう。






SWTのめちゃくちゃ楽しい時間はこれで終わりです。

なみあいのあと、ちょっと離れた温泉へ行って、その場で解散となりました。

もうちょっとダラダラしないのは

これから長い帰路につきますが、食事をすると眠くなってしまうためです。

だらだらし過ぎるとアルミ屋さんが来るらしくて

また走りたくなっちゃうっていうのも!?


---ないない

十分、満足できましたよ。





帰り道の話、私は自宅まで380km程の距離なのですが

高速道路情報によると、トンネル手前からものすごく混んでいました。(合計100km以上の渋滞)

SWの渋滞ピークの一つに当たっちゃったみたいです(ノД`)・゜・。


高速に乗って仮眠をとっても渋滞は回避できないという話なので、

一宮御坂以降は山中湖経由で下道で帰りました。

ケチケチです。

そのかわり、下道ならいつでも休めるから安心ってこともありますよ。


結局無休で走り抜けられて

17時30分出発の24時30分到着って、悪くないんじゃないかな?って思っています。


高速道路を使っていそぐ旅でもなし。翌日も、翌々日も休みですし。

こんなペースが私流。
111_20150925170719d40.png
<破損パーツ代が約33,000円なので、3泊4日25,000円は格安!? 長野は軽油高いねー>




さて、バイクを早く修理して

次のセクションへ進め!!



つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

河原効いた、効きすぎ
あそこで体力80%消耗
その後、ステップ立ちが出来なくなった。
あとはボロボロ
振り返ると、良い思いでだね
お疲れ

たけオヤジ | URL | 2015-09-27 (Sun) 01:35 [編集 ]


ホントに楽しそうで羨ましい限りですわぁ。
年末こそは参加させてください!!
Rさん僕も一度生で見ましたが
次元が違いますね。参考にもならず(笑)

まー | URL | 2015-09-28 (Mon) 23:52 [編集 ]


こんにちは、
日記時折見させてもらっています。
250excのオーバーホールはどの程度で行っているのですが?

スコール | URL | 2015-10-08 (Thu) 08:33 [編集 ]


>スコールさん
こんにちは! 始めましてですかね(*'ω'*)

250EXCは1年1回の腰上OHを予定しています。
クラッチは滑ってからで十分だと思います。
私のようにあまり乗ってない人は、1年以上持ちますよ。

ちなみに、250よりエンジンを回すKTM125EXCは
1年1回交換がギリギリと言うところです。
ピストン、ピストンリング、ピン、ともに消耗しきっていますよ。
画像は過去ログから漁ってください。


それではどこかの山の中で!!

かすにん | URL | 2015-10-08 (Thu) 23:32 [編集 ]


 

トラックバック