オフロードバイク+++上上

Born to @にゃがの②

熟睡している深夜3時過ぎ


仲間が近くにいるから。

ユーさんも車の中にいるから。

財布の中に数千円しか入っていないから。


などなど、諸所の理由から「リアゲート全開&網戸」という状態で寝ていました。



かすにんです







バタンッ!!


111_20150818210039ae4.png


夜道を照らす電柱の光も遥か遠い、ここは「いつもの場所」

そんな人気のない場所で響いた音は

寝ていた私の耳にも届き

自分の車が襲撃されたのかとびっくりしました(;^ω^)



 かすにん「誰だぉぉう ごらぁ~

  と何かをいったのは覚えていますが

  ユーさんが居たので寝ました。

  何かヤバかったらユーさんが何かするだろうと思ってたのだと。


---って、

  防 犯 意 識 0% イクナイ!!

   111_20150818210638654.png
 <危険が来たら助けを求めよう!誰もいない場所はそれだけでリスクだ!!>


  っていうか、寝起きで動けるわけないですよね。

  これが道の駅とか、高速道路のSAで多発している犯罪だとしたら・・・?

音を立てないよう対策などされたら、気付く可能性は非常に低そうです。

カギを開けられないようにしないと。


今回はまんぐたんさんが夜中に到着したって結果でいたって平和なのだけれど

窓を開けて寝るリスクって

実はとんでもないという事が良くわかりましたとさ。




さて

話は戻って、本日はツーリング初日です(=゚ω゚)ノマッテタ

朝起きたら、殆どのメンバーが到着していて準備を開始していました。

みんな気合十分・体力十分・マシン十・・・八分で

皆さん出発の準備に余念がありません。



私もさっそく準備を開始。

KTM125EXCはタイラップと共に元気バリバリだぜー!?
111_20150817214507908.png


日曜日の天気は曇り・・のち晴れ!という

夏場では最高のツーリング日和の予報。

ただ、昨日の雨は半端なかったですからね

山の中はしっとり雨が残っているハズと予想していました。



脆く、粘土質の路面にパワーを伝えきる事なんて出来ない・・・つまり

扱いやすいマシンが最適。そしてタイヤはVE。

見渡せば

あたりのメンバーはトラタイヤばかり・・・ククク勝利の方程式が見えてきました。

昨日の下見のとおり、楽しくなりそうだゼ!!


ツーリングスタートです。




本日走るメンバーは私を入れて18名。

随分と大きくなりましたが

メインは地元ツーリングチームの皆さま。統率がとれていて準備遅れなどはありません。

111_20150817215419e70.png111_20150817215908914.png
111_20150817220538b44.png

林友メンバーもその辺は出来て・・・せい・・・成長期なんですけど(;^ω^)

今日のツーリングで助け合いや語らいを学び

癖のある林友メンバーを更生して(特にケムさん)

ナイスガイの集団になって欲しいと思っています。



移動区間を終え、仲間を陥れようとトラップを残してきた

最初の林道に侵入です。

勿論私は最後尾で、転倒シーンの撮影準備に余念がありません。


  かす「おや・・・意外とグリップするぞ!?


KTMが昨日よりもスムーズに登ってゆきます。

雨の中・・・と比較すると当然なんですけど、それでも激変ぶりが凄い。

1速だと無駄空転

3速だとトルク不足で落ち込むので

2速のパワーバンドよりちょっと下を使うような感じで走れば


どんどんスピードを乗せられることもわかりました(今は前がいるから飛ばさない)


KTM250EXCに乗っている時に意識している

「前に進むためにアクセルを戻す事」が少しできたかなって思っています。

仲間たちを泥穴に陥れられなかったけどね(ゝω・)テヘペロ



本日乗っているKTM125EXCの状況ですが

移動区間を考慮して、リアタイヤは空気圧1.0kで設定した二部山VE33です。

フツーにアクセルを開けると簡単に空転を始める状況なんですけど

1速で空転⇒アクセル戻し よりも

2速で空転⇒アクセル戻し の方が

なんでだかよりトラクションする事も見つけました。


私の前を走っていたWR250Rさんの2.0k近い空気圧は別として(;^ω^)

カチコチ1.0でも十分にトラクションを得ることが出来ましたから

勘違いではないはず。

今度べつの場所でも試してみたいものです。



土質は・・・確かに湿っているけれど問題ナッシング

111_2015081722222529e.png

私が今日はまったくダメだと思っていたトラタイヤ勢なのですけど

裏番長のハラさんとWR250R+ツーリストのパッケージを見ていると

 舗装が残っているところはスイスイ

 小石・土の混合路面もスイスイ

 倒木や根っ子もスイスイ

 若干、土はめに詰まりますが、何とか前へ。


ってな具合でほぼ弱点無し。かな?


インジェクションとセルの始動性の良さも相まって

小さい音で近づいて、前走をピッタリマークするハ○さん

同じWR250Rに乗るホワイトさん(※)へプレッシャーを与えてイビルのでした・・・
  ※ごめんなさい。お名前は書けないので・・・
111_20150817225220a5d.png
<浄化してほしいっ!!>



ちょっとした林道を通過して、皆さんの体が温まったころ

本日最大のアタックポイントへ到着しました。

全日、雨水でどろどろになっていた場所です。


メンバーたちの結束を高めるため

路面状況が少しでも良い時に進むため

断腸の思いでかすにんが最初に登坂します。

勿論、100%失敗することが想定できるエスケープルートは使いません。


路面は・・・おおかた予想した通り、表面はさらっとしていますが土の下は濡れています。

ただ、グリップは十分にするので

2か所程度に張り出した根っ子の避け方がポイントになるようでした。

まずははっしーさん。
 111_20150818214216d42.png
リア荷重でフロントあがる

でも

加速ためには座りたがる・・・そんなタイミングで張り出した根っ子がこんにちは


シチュエーションを短くまとめるとこんなヒルクライムなんですけど

フロントが上がってもアクセルを戻さず

スタンディング(ステップ荷重)を継続していれば案外うまくゆくようです。


一番きれいだったのはユーさんかな?

スタンディングでぶれないのも綺麗だし

車体がはねた後の送り出しも、そのあとのスタンディングも。

悔しいけれどお手本にしたいですね。


同じWR250Rでも、トラタイヤを選択した場合の走りがVorさん。

空転しているのを嫌って回転数を落とすとWR250Rはエンストしてしまうのよね。

だから積極的に開けなくてはいけない辛さってのがあるのが判るから

自身のハンデを理解して

乗り手が辻褄を合わせてゆくのが目で見て解るから綺麗なんですよね。



見ていて、ちょっと理解できなかったのはジクさんかなぁ。

加速区間で上下に振れているのは何故なんでしょうね。

乗り方は前走者と同じシッティングですが、ケツから突き上げられてますよね。


もう、いっそ立った方が!!って思う人は多いと思いますが

途中で倒木があって、スタンディングは出来ないんですよね・・・。

そこも味付けの元!!

途中から立つのもオススメノ対策の一つだよ。




111_201508182212317ba.png
<なんで道を塞ぐんだよwwww>

続いてハセさんがチャレンジ!!

・・・一発登頂は出来ませんが、キッチリ難所は越えていてコレもクリアです。

だんだんと重馬場へと変わってゆくヒルクライム。


111_20150818221824bee.png
<開けっぷりが良い。だのにバイクが応えない。まるかつさんにWR250Rはたるいかも知れんね>

酷い路面に苦しむメンバー

反してかすにんの顔が思わず微笑みます。

すまんのぉ・・・

これが思いやりじゃぁ!!!


良く肥えた畑で良い野菜が取れるように

いい動画・写真がたくさん取れてホクホクです!!(^O^)/

 111_201508182243287d4.png
<根っ子を超えるまではOK、でもDRはパワーが続かないよね・・・意外と・・・>



<KDX、どこへ飛んでゆくか分からん勢いじゃぁー!>

111_2015081822482604c.png
<CRは腰上OH効果があったかな? >



5・6名登れたところで、中腹も混雑してきました。

このタイミングでさらに先を目指して先方隊が出発することとし、

勿論ココも戦闘は私DEATH

戦場を最初に駆け抜ける大役を頂き、ザマーみやがりませ。

2stのエンジン音と、回転数に比例しない速度で、空転を楽しみながら進みます(;^ω^)




したらば先約が居たのよねー




ラインの上に。



どっかと座った大将が。
111_201508182258471c5.png
<バイクの勢いが・・・きえ・・・る>

どこから侵入してきたのか、ケムさんが先頭に立っていました。

そして、

「オウ、まくれちゃって登れなかったわ。先行ってくれや」との暖かいお言葉。

私は行き先を失って速度が0になり

その場でとどまっている事さえ難しいスベスベ坂でこのセリフ

涙 が 出 ま す。



溝にそってずり落ちるだけでは脳がありません。

125が一番つらい途中発進を成功させてこそ漢ですから

軽いKTM125EXCをV字の溝から引き揚げては脇道から再スタートにチャレンジ。

ぐりぐりしながら何とか上まで上げましたが

更によく磨かれたルートに、他のメンバーは辛そう。



ちょっとびっくりしたのは、

モトクロスのようなブロックパターンより

トライアルのようなブロックパターンの車両の方が勢いよく登ってこれている事ですかね。

よく考えると、ケムさんも8合目まで登っているしね


数少ないクワトロさんの動画。WR250Fにトラタイヤのパッケージなのだけれど

再発進が難なく決まっているのはトラタイヤのおかげなのでしょうか。


うーん、この辺は違いが判らないなぁ。

得意とする場所が違う乗り手が多いし、タイヤもコンディションに差があるし

2部山VE33の私が登れているってところも謎だし(;´∀`)



兎に角、

最終ヒルは、クワトロさん ユーさん かすにんの3名が登りきりました。

まぁ

普段乗っている所がアレな人ばかりなのは

体力の使いどころという意味も含めて、当然って感じですかね。

この中で一番セコイ登り方をした私なんですけどねwwwwフヘヘ サーセンwww




先攻部隊が引き返しをはじめ、全員がこの場所を出たのは11時過ぎでした。

早くあたらしい場所を走りたいメンバー達は、次なる森を目指します。



111_20150818233111739.png
<この先は道があったはずなんで、とりあえず突っ込んでくださいよ。>



つづく!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おらのトラタイヤじゃないよAT81だよv-522

vor. | URL | 2015-08-19 (Wed) 12:05 [編集 ]


厚生?

| URL | 2015-08-19 (Wed) 19:45 [編集 ]


タイヤが9部山だったから上手くいったんですよー♪

1泊の恩義わすれません\(^o^)/

ユー | URL | 2015-08-19 (Wed) 20:53 [編集 ]


Re:

ズルいよ!俺のVEは
人差し指より薄いのに(>_<)

泥がつまらないための対策があれば
何となく上れるのだけどね、ま、それは秘密~ぅぅ

かすにん | URL | 2015-08-19 (Wed) 21:13 [編集 ]


Re:

あれ?Vorさんのタイヤそうなの?
たとしたらグリップ弱すぎじゃない
空転多いし。

空気厚の問題かな?

かすにん | URL | 2015-08-19 (Wed) 21:15 [編集 ]


とりあえず、スプロケ変更を検討^ ^
今度、2st250を試乗させてww

まるかつ | URL | 2015-08-19 (Wed) 23:08 [編集 ]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-08-20 (Thu) 08:28 [編集 ]


Re:

>まるかつさん
もっちだよ!てか、是非とも乗って下さいよ!!
勢いのあるアプローチに250は答えてくれるよ。

かすにんはフラットはフラフラっとしてるけど
スピードに強い21型勢には2stおすすめだと思うの。

かすにん | URL | 2015-08-20 (Thu) 08:47 [編集 ]


Re:

>匿名さん
お馬鹿ブログを観てくれてありがとう!
もうちょっと関東よりの場所によく出没するので
お暇なら声がけください。

かすにん | URL | 2015-08-20 (Thu) 08:50 [編集 ]


VEとは違うのだよVEとは!多分?

角は思いっきり無かったけど

・・・腕だよ腕(´Д`)

vor. | URL | 2015-08-20 (Thu) 11:16 [編集 ]


Re:

VE2分山と同じ性能ってーーー。


いや、逆にVEが異次元過ぎるのか!?
それとも乗り手!?!?


答えは解るよね(^-^)v
君もVE教に入りなよ!!

かすにん | URL | 2015-08-20 (Thu) 16:46 [編集 ]


 

トラックバック