オフロードバイク+++上上

トレイにんグ ~富津SSへ行ってきました②~

KTM150SXのパンチに、ガツンと一発かまされた私は

2stの本来の姿を意識しながら乗らないと

KTM125EXCを皮カムリにしかねないな・・・
と反省するのでした




かすにんです


それでは次の車両です。

111_2015052523061066d.png

図太いチャンパーにやや小ぶりのガソリンタンクのこいつは

KTM200EXC(14年モデル)です。



先ほどのKTM150SXとの違いは、排気量の他に

キャブレーター、フロント・リアサスペンション、セルスターター&バッテリーが装着されている所です。



ただ、文章に書き起こせる以上に

バイクがしなやかで、エンジンがマイルドに感じました。

 
 
リアサスペンションがリンク式ではない

って言う事が

しなやかに感じる訳ないジャン!っていう人は

どうでしょうか・・・・実際乗ってみてくださいよ。

こっちの足回りの方が解り易くて乗りやすいです




パワーの出方が唐突ではない、という事が

心と体に準備をする余裕を持たせてくれるので

同じコースを回っても全然怖くありませんでした。

体力の消費も随分と低く抑えられると思います。スピードはそれなりですけどね。



そうそう、KTM125EXCに乗っている時は

コーナリング途中でリアブレーキを引きずりながらアクセルを開けておき

コーナー立ち上がりでリアブレーキを開放してパワーを出していますが


そういったちょっとした味付けとかが必要ないので

左右どちらのコーナーでも同じ曲がり方が出来るのが良かったです。




KTM150SXに乗った後で、体力がヘロヘロしている所での試乗でしたが

200EXC・・・あると思います!



このバイクの延長線上(物腰柔らかなEXCの系統)であれば

KTM250EXCも使える気がしてきました。


リセールバリュー的な部分も250EXCの方がよさそうだし・・・。




具体的な試乗も始まって、ますます盛り上がってきた次期マシン

楽しみになってきたぞ!!






P.S.
 その日の最後にKTM125EXCに乗った画像を取り忘れた・・・
 おもちゃみたいに感じて、ほぼ全開で走ったのに。残念です。

 排気量の違いは、このような意味でも自分に合ってる気がしました。
 2stと4stを乗り換えできるような器用な人間じゃないって、何度も後悔しているのに。


つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

モトクロスで走った後は即プロテインで筋肉増強ですぞ!!

tocci | URL | 2015-05-28 (Thu) 20:20 [編集 ]


 

トラックバック