オフロードバイク+++上上

ゴールデンウィーク福島ツー’15③

ガレ場のアタックを終え、一汗かいたので休憩たーいむ。

111_20150506121052e55.png
<日陰にはいらないと、汗ばむ陽気ですね>

休憩場所で歓談していると、なにやらmちんが土と戯れていました。



かすにんです。




エンジンバリバリ絶好調!!

とは言えないRM
でヒルクライムをしていたのですが

これは助走距離をどんどん短くして行くタイプの競争でした。



ここはいっちょ

黄色いパンツのシミを負かせてやるぜ!と

かすにん参戦しちゃうぞ~


<余裕っす>



直前にmちんが登った助走距離から

フロントタイヤ1本分を短く詰めた距離から、KTM125EXCで登頂成功!!



マジスゲー


o0578049612274099534.jpg

スゲーぜ俺! ※登れる気してなかった。


へこたれるmちんを横目にニンマリ (≧∇≦)ノ彡 バンバン!

ボアアップしたというRMさん、それってガバガバなんじゃないっすかww





と笑い話をしているまにまに





下見なしでジクリバーさん発進!!










まさかの9割登頂!?
 111_201505061222029d3.png
<あえて空気を読まないスタイル。>


このチャレンジと成果により

あれ?、俺なら出来んじゃね?」と思うメンバーが続々ヽ(^o^)丿アチャー

そうとなると

GPの開催です!!



<エンジンだね。やっぱりエンジンがなんかおかしい。>


o0578049612274099534_201505061246007f0.jpg
<YOUさん クワトロさん の連続クリア!! って、もうクリアは特別じゃない!?>


o0578049612274099534_20150506125015fef.jpg
<まんぐたんさん はっしーさん 路面が荒れて不利に!! 戦犯はYOUさんなのかっ!?>


o0578049612274099534_2015050612543725a.jpg
<路面不利でも近ちゃん登頂。即スタンディングは大正解。 ラインが大きくブレても登頂するまーさん。ごいすー>

o0578049612274099534_20150506130048e5a.jpg
<ひろくん マーさんのラインを狙うもブレる、残念! ここでひろっちさん。しかし時すでに遅し、トラタイヤが埋もれて・・・>


登った人も、登れなかった人も

記録更新や再チャレンジを繰り返しました。

私も3回くらいやりましたけど、スタート位置が掘れちゃって

記録更新には至りませんでした。




いま動画を見ていて感じるのは、4stと2stの違いです。

短助走ヒルクライムであればあるほど、速度の乗せ方に効率を求められますが

低速から安定してパワーを取り出せる4stは、坂に入るときの速度が2stより速いです。


それと、近ちゃんやまーさんのように

スタート直後の助走区間もしっかりステップ荷重している方が

速度が乗ることが良くわかりました。




それに

なぜ、足をステップに乗せないといけないか。

これがメカニズム的にはっきり理解できました。

111_201505061340497ea.png

今回のツーリング動画ではありませんが

過去にとった映像から「シッティングで足をほおり出してヒルクライムする」例もあります。

この場合は

出した足をステップに乗せる動作が振り子と同じ原理で車速を殺す

ような動きをするので、足を引っ込められなくなります。


引っ込めないと、ラインの変更は出来ない訳で

直線的なヒルクライムにしか対応できなくなってしまうデメリットが生まれています。



勿論、メカニズム的な指摘だけなので

利点・欠点を理解して使い分ければ

ステップに足を上げなくても、スタンディングでスタートしなくてもよいと思います。


ただ

ソレを前にして、選べるのと選べないのでは全然違いますからね。

辛く苦しい時ほど、身に着けた衣が自分を守ってくれるはず。

みんなの良い所を見つけ出して

自分の引出しを大きく、沢山作ってゆきたいと思います。





112_20150506140558c83.png
<左足ホールド。上体にブレが無いのは、腕の力だろうか。>


111_20150506135808315.png
<右足ホールド。しかしすぐにスタンディングへ移行ために腕の力は不要。YOUスタイルの上位互換と思われる。>

111_20150506141604382.png
<右足ホールド。スタンディングが膝を折って位置が低い。足腰の負担は高いが重いバイクも曲げられる>

さぁ、どれが欲しいんだ。 欲しければ対価(練習)を払え!!




ヒルクライムを終えたら疲れちゃった(^ω^)



真っ暗になる前に、デポ地へ帰り

手早く着替えたら温泉へ!!

顔はもちろん、鼻の穴や耳の穴まで砂だらけでしたが

あっつーーーい温泉でリフレッシュしました。



宴会の様子は・・・写真が無くてごめん!

でも、沢山飲んだし沢山話せたよ~。


ジクリバーさんのおでんと謎の粉が食べられてわたしゃ幸せ者だよ・・・

足しげくFに通っても、途中で高速道路を下りないからねぇ、食べられないのだよ(^^;;;




何話したのか、ダルイ話ばかりしてしまいスミマセン。

今年は色々ありまして、ちょっと愚痴が多くなってしまいました。

楽しい話も出来るよう、これから半年巻き返しますからね!(^O^)/



夜11時ごろなのかな、眠くて眠くて、限界なので寝床に向かう

そういう夜の雰囲気が凄く好きで


やっとたどり着いた

トランポの中で横になり目をつぶると

りんごの木の白髭のオーナーと小さなパグ犬がフシフシ言いながら近づいてきて

 「久しぶり元気だったか」と、

 「どこを走ったんだ」と、

 「今日は冷えるから布団は自由に使ってくれ」と、

昔からの友人のように話しかけてきてくれた風景が思い出されてきて

心にぐっとくるものがありました。



オーナーの顔はもうはっきり思い出せない。けれど忘れない。

オーナーの居るコタツの部屋の実家っぽさとかは忘れない。

キッチン・食堂の使い勝手を覚えてきたところとか忘れない。

調味料や酒が有志で集まってるとことか忘れない。

二階のの本の部屋と誰かが意図的に並べらた本とか忘れない。

いびきがうるさかった奥の部屋とか・・・さとやん のりさんと寝ない。

風呂場のお湯が強い方と弱い方の見分け方とか教えない。



今年初めて泊まったこの場所も、忘れられない場所になるだろうか。

そう思いながら夢も見ずに寝ました。




起床は3:30でした・・・



つづく!!


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

MXの世界だと暫く2スト125と4スト250が競合してた期間があったけど、どっちもラップタイムは変わりないけどスタートで前に出れるのは断然250なんだよね。スプリントでのスタートの差はキツイよ確かに。
アメリカだとこの辺の差をなくそうとレギュレーションを変えて2ストは144CCまでOKになったんだけどね。

オラ、方向性だけは正解なんだけどな~・・・

EDめん | URL | 2015-05-07 (Thu) 18:53 [編集 ]


右足or左足ってところが鋭いねっ(;゜0゜)

そお!!練習あるのみだね

ユー | URL | 2015-05-07 (Thu) 20:58 [編集 ]


>mちんさん
そうなんですか!マジで勉強になります。

そういえばロードレースのmoto-GPでも
4stの方がトラクションが良くて
2stはタイヤマネジメントの関係から落ちていったなぁ。」


>ゆーさん
今週末。ひまならメールして!?

かすにん | URL | 2015-05-07 (Thu) 22:36 [編集 ]


うらやましすぎるぞ~

私の雨乞い、効かなかった。

行きたかった!

また行こうね!

たけオヤジ | URL | 2015-05-07 (Thu) 23:47 [編集 ]


スタンディングでカッコよくヒルクライムをクリアしたいけど
どうしてもハンドルバーにぶら下がるような恰好になっちゃうんだよな~。
むずかしい。

ジクリバー | URL | 2015-05-08 (Fri) 00:29 [編集 ]


Re:

>ジクリバーさん
あれ?ジクさんの一回目はスタンディングよ。それで9割登頂。
二回目のシッティングは6割と言ったところだけれど
単純に乗り方の差ではないよ。
二回目の時にはだいぶ堀進められたからね。
状況判断は難しいです、だから引き出しは多い方がいい。

かすにん | URL | 2015-05-08 (Fri) 06:56 [編集 ]


 

トラックバック