オフロードバイク+++上上

ヤマハYZ250FXと、シェルコSEF-R-SIXDAYS250の試乗テスト②

ヤマハ YZ250FXの動画をみていて

やたらひっどい操作をして、バイクをいじめてるな・・・と思った方。


正解です!!


そして


かすにんです( ・`д・´)シャキーン



気持ちよく乗るのが目的ではありません。

車両の選考ですから、イヤーな操作を繰り返すのです。ええ、はい。






かすにん「おいおい、緑色ってのは良くオイルが漏れるって聞くからな

      そのジャイ子だかシェル子だかのトライアルバイク屋は大丈夫なのかい?


Oさん「・・・緑って、OSSAだろ!? 


 111_20150419202713d07.png
<まきおさん速ーーーい、かっこええ!!。 もちろんついて行けない(怖くて行こうと思えない)>



 
試乗当日までアホな私がOSSAと誤解していましたが



2015 SEF-R-SIXDAYS 250 は、

フランスのトライアルバイクメーカー シェルコで作られたバイクです。

 111_20150419203014d17.png
<青いので、遠目でみるとYZ125。なのに、4st250なんですよ。>


正直、試乗会の本命はYZ250FXであると思っていましたし

シェルコさんというメーカーを良く知らなかったせいか

「ブルタコといい勝負なんだろ?

 セテ! ムーチョ・セテ!! セテ・ジベルナーゥwwww」と思っていました。



しかし


私のこのふざけた幻想がぶち壊されるまで、1分もかかりませんでした

 111_201504192039514c0.png
<バイクを押す時の状態。おわかりいただけるだろうか?>


このバイクは軽い。

オーナーさんや、Oさんがアピールしてくるこのバイクの良さは

同クラスのバイクよりも数キロ単位で軽いボディでした。


確かに、カタログ値的には102kgなので

走行重量的にはYZ250FXより10kg以上軽いことが解りましたが

KTM125EXCとの体感差はないと思っていました。

111_20150419204805954.png


エンジンを停止した状態で、バイクを押した時の抵抗が「スゥッ・・・」


!?


今までに感じたことがない、軽さです。

KTM125EXCとどっこいどっこい・・・差が解りません


私を横から見ていたまきおさん曰く、

「ミニモト押してるようだった。横から見ていて軽さが想像できた。」

だそうです。



エンジンをかけて発進した途端、笑いがこみあげてきました。


欲しい




あ、いや(;´∀`)




この試乗で感じた衝撃を、興奮したままOさんに投げかけると(乱暴な馬鹿だ)

Oさんが冷静に解釈してくれたので

それをお伝えします。



かすにん

 このバイクは全てが近くにあるように感じる。ハンドルとシートとの距離が短くて丁度いい。
 カタログ値は参考にならない、体感でこれは軽い。それにKTMより左右のブレを抑えやすく
 ウッズ中の轍に対してバイクをあわせながら倒しやすい。
 深くバイクを倒し込んでもアクセルひとつでバイクを立てられるのが楽だ。
 エンジンは非常に粘る。YZ250FXのそれよりも優れる。


Oさん

 ハンドルは違うがKTMと大差ない。シート長も大きく変わらない。かすにんが感じているのは
 前後に体重を移動しやすいという事なのではないか。それはシートからシュラウドにかけての広がりが
 KTMよりも細く狭い結果、素早くホールドを維持して加速体制に移れるからバイクの倒しこみに苦労し
 ない、つまり重さを感じにくくなるという事ではないか。ステップの位置も若干後ろにあったり、
 タンクのデザインも倒しこみやすい。これは「車格」のデザインが違うという事。
 小さく纏めるコンセプトでつくられている。たとえば、KTM125EXCとKTM250EXCは別のバイクだ。
 エンジンパワーだけでなく車格が違う。そういった意味の違いに拘りのあるメーカーだ







その後、まきおさんにも試乗の感想をお聞きすると

 乗った瞬間から安心を感じて攻めるられることに完成度を感じる。

 確かに軽く、トルクがある。


というような評価でした。




動画の最後の方で、バイクを虐めてみています。(8:18)

アクセル開度0 3速直結 アイドリング走行状態からのアクセル全開で

問題なく加速しました。




こんなもん乗った事ねーよ
           _
         / 匚\
  ∧_∧  匚    ∥ やってられるか
  (∩・ω∩ |  匚/
  (ノ  ノ 匚 _ /
 ⊂_)_) 彡




WR-Rでも、WR-FでもYZ-FXでもKTM125でも250でもエンストするシチュエーション。

1段上の排気量のトルク感と、1段下の排気量の重量を持つ4st250cc

イメージはこんな感じです。



ちなみに、

Fサス、RサスもWPだけれども、妥協が無くて軽量化された専用品。

サイドスタンドなどもしっかり肉抜きされていて

沢山の努力がかさなって今の性能を実現していることが解るマシンでした。

Tmのような輝きを感じますね。




オーナーさんがレースに出ているそうなので

いつもキッチリとしたメンテナンスをしていらっしゃると思いますし

レースに出る運用が出来るバイクなでしょう。

価格もKTMの4st250SIXDAYSと同額ですが

パワーも軽さも、明らかにSEF-Rの方が上です。言い切れます。


クラッチはKTM250EXC-Fの方が軽いかな。






まだまだ悩む期間ですが

非常にインパクトのある、性能が折り紙付きのバイクが登場しました。


懸念するべきは

私のバイクの使い方ではどうなのか・・・@破壊神



そして「少年よ2st300ccに乗れ」という大志はどうなるのか・・・









ピュアな中年の贅肉心は今日も揺れるのでした。



つづく






※お知らせ
  GASGASは、母体の経営状態が不安定であることから
  今後の製品・パーツの安定供給に懐疑的な面が多く、
  車両検討の前に候補から外れました。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

オイル漏れないとオイルはいってるかどうかわからないでしょ?

tocci | URL | 2015-04-20 (Mon) 21:15 [編集 ]


漏れる割には結構良いオイルなんだよね・・・川崎純正。
フォークオイルとかよく使っていました。

モトクロッサーはメンテサイクルが激しいから
本当川崎の評価が分かるかもね。キタイシテイル

かすにん | URL | 2015-04-21 (Tue) 21:43 [編集 ]


 

トラックバック