オフロードバイク+++上上

新規車両の算段について

新しいバイクを増車する計画は

今年はじめの事故で霧散しました。




かすにんです。



ここで止まってしまったら、それこそ奴等の思う壺。

今を悲観して、これからの闘いを諦めてはいけません。



そこで、冷静になって現状分析した結果

見えてきた新規車両のプランをまとめました。






最初は自己分析です。

自分が譲れない、増車をするにあたって抱いている夢を

優先順位をつけて並べてみました。



まず、今よりハイパワーな車両がほしい。

これが譲れない条件でした。


次に挙動、バイクからのレスポンスや車両運用に求めるレベルは

レーサーであることを条件にしました。



その後、

先の条件を満たした形で、価格が安価であること。


見るに耐えるデザインであること、

信頼性のあるブランドであること……と続きます。




これら条件を念頭に

候補に上がる車両をリストしてみました。


yz250fx
wr250f(アルミ)
yz250(08年~)
yz450f(13年~)
ktm250exc(12年~)
ktm350exc-f
ktm250exc-f(12年~)
ktm300xc(13年~)
kx250(07年~)

可能性があるもの
yz300e
yz250fx(マイナーバージョンアップ)



さて、品だしが終わったところで

候補同士の比較選別を行います。


最初にkx250とyz250を比較して、kx250の可能性を捨てました。

近くに信頼できる川崎ショップを知らないと言うことと、

ヤマハはエンデューロの世界で愛されており、

パーツが豊富・ノウハウが豊富だからです。



次にwr250fの価格が、新車中古ともに高値で安定しており

他車種と比較したときにアドバンテージがないと、可能性を捨てました。

付け加えるならば、第一条件を満たさない可能性もあるからです。



つぎにyz250とyz300eを比較し、yz250の可能性を捨てました。

考察は、

yz250は5年落ちの中古でも半額を下りません。

ヤフオクですと35+α万円でやり取りされています。

一方yz300eは、新車価格になりますが

yz250fxの価格設定を見ると80万以内と予想されます。

その条件下で、ホイール・前後サス・点火系・フライホイルをエンデューロ用にしたてて来る可能性は非常に高く

中古のyzをエンデューロ用に変えることの、コスト的な意味が無くなってしまいます。

yz250の新車は言わずもかな

今すぐバイクが必要でない限り、yz300e新車のほうが安価という訳です。


脱線しますと、
これからyz250の価格が暴落する可能性もありますから
不良在庫を抱えているひとは売り時を間違わないように。



かなり絞られてきましたが、まだまだ沢山の車両があります。

今後はこれらの中から悩みながら選んで行きたいと思います。



漠然と感じているのは

ktm250exc-fは条件を満たしますが、
他の条件を満たす車両より優先度が下がる。
理由は、パワーアップ感に劣るからです。

yz450fとktm350exc-fは車検と言う壁がマイナス評価。エンジンの関係上、いい出玉があれば問題ないですね。

ktmの2stはリセールも高いから中古の球数が少ないっさ





つづく


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック