オフロードバイク+++上上

ホンダのNボッスクとの乗り比べ

タントの代車が届いてから2日目

代車はホンダのNボックスでした。



かすにんです。


既に40キロほど走ってみたので

タントと比較したレビューを残します。






まず、Nボックスはエンジン音が煩い。

これが最初のイメージです。

アイドルから、加速、巡航

どれをとっても高いエンジン回転数になっているのか

後部座席から ガー という音が続きます。

タイヤかな?

とも思いましたが、違ったようです。



収納はほぼ一緒。

DAIHATSUよりSUZUKIに似た作りでした。

カップホルダーがギミックになっていて飛び出すのがダイハツ。

カップホルダーが見える位置に出ているのがホンダ・スズキでしょうか。


これは一長一短です。

カップホルダーをつかったアクセサリー関係を使うなら

より丈夫なスズキの思想がよいと思います。

吊しの状態で使うなら、ダイハツでしょうか。

うちの母は後者なので、「ホルダー内に埃がたまる(>_<)」とイラついていました。



視界はダントツでタントの方がよいです。

社内も広く、後方確認もしやすいです。


足回り、ハンドリングについては

私と母の意見は分かれました。


きびきびと走るNボックスに対し、ぬべーっと走るタント。

と感じた私ですが

母は、Nボックスは速度が出たときにハンドルが軽すぎる。
(タントは速度が出るとアシスト量がへって重くなる。逆に速度が遅いと軽くなる)

そして、ブレーキなのかサスなのか、
空走距離が制御しにくいといいます。

ゆっくり減速して行くと

途中でコクッとトラクションが抜けるのですが、それが大変気持ち悪いらしいです。



言われてはじめて

トラクション抜けを私も感じました。

たた、直進ではスピードを出して

コーナーではゴンッと減速してまげる私には

許容範囲でした。


想定できる理由は、エンブレの制御の切り替わりみたいなところが

母の運転では

ちょうどコーナーでの減速時に出るのでしょうね。

だらっだら曲がるからでしょうよ。



次にアイドリングストップとかの話ですが

Nボックスはのアイドリングストップからの加速がいいですね。

エンジンの復帰を意識することなくアクセルを踏めます。

ダイハツは1テンポ待たされる気がしましたが、それがない。

走っていて気持ち悪さを感じさせません。



燃費はどうでしょうね

満タン法なら今週末にも判るのでたのしみです。



総合評価はタントの勝ちかな~

スズキのワゴンRっぽい系統で、やや走りがよい。

それだけなんですよね。

決め手がない。




内装をもっと頑張ってトントン弱。

エンジン音が静かになったら、やっと同等ですかね。

なにせNボックスは価格が高いですから。




つづく!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Mボックスは色いよ

ちん | URL | 2015-03-30 (Mon) 22:25 [編集 ]


 

トラックバック