オフロードバイク+++上上

ウマイラズ新年ツーリング③

山あり谷ありのウマイラズツーリング

私は、基本逃げ腰の辻褄を合わせるアクセルワーク

のらりくらりと難所を越えてゆきます。



かすにんです


111_201501171010213c6.png

お昼を過ぎたころ、ハイドレーションに残っていた水は1L弱

あと3-4時間なら走りきれるだろうと安心しつつ

冬で良かった・・・夏ならーーー!?(;´∀`)ソウゾウデキナイ と、胸をなでおろします。




私たちが走るルートは

PMになって視界が開けてきたものになりはしましたが


容赦ないやぶ漕ぎ※や  ※後に、CRMさんは「皆が走れば道になると思っていた」と告白している。

途切れなく敷き詰められた根っこに足をすくわれ

木の間ギリギリを通る算段だったラインがぶれて


右!左!と、順番にハンドルが木にぶつかって

私がバイクからロケット発射される失敗もありました。


111_20150117103835ed0.png


もう、へとへとですぅ(/ω\)


他人の心配なんて出来ない状態だけど



21型組はどうかな~ ω・`)チラッ



キテるwwwwキテるwwww 

 
メリハリが無い・・・っつーか

スタンディングする時間が殆どなくなっている近ちゃん。


どっかん

べっこん


根っ子が敷き詰まったシングルトラックに体が降られています。

ああなっては私も走れない。


つまり

他人をウォッチして我が振りモディファイの精神で

プルプル震える足に鞭を入れて立ち上がります。



一つ補足を入れると

上の動画の場所には、フロントホイール2/3程度のへっこみがあって

フロントアップ気味に越えないと、足つきする場所が無い

・・・という所見殺しの場所でした。


動画で笑っている私ですが、現場では涙を流して悩んでたんですよ( *´艸`)



駆け寄りたい気持ちもあるっ


だがっ


スタンドが壊れてバイクが立てられないからねっ!!



ごめんねごめんね~


先を急ぎます。

111_20150117104751292.png


シングルトラックを暫く進んだ先が、新しいヒルクライムの場所になっていました。

近ちゃんよりセローさんが先に来たけど・・・と心を痛める私に

ないない、心配ないから!!と力強いお言葉。


ほっといてヒルクラへチャレンジ★ゴーです。


登る前にルートを確かめると

当日のコンディションもあって、さらりと乾いた砂でまぶされていて馬場良好。

先行したメンバーは、2速・・・もうちょっと上のスピードで行ったようで

視界良好・直登・ロングのパワー系のようでした。





さぁチャレンジ。


距離的にスピードが必要な事は明確なので、試しに2速で入ってみました。

ぐいぐいと中盤まで登ったところで

こりゃ完全勝利だな!という手ごたえを感じました。

そんでもって

速度にすこし余裕があったので1速に変更したら

途端にタイヤが空転&吹け上がってしまって

速度が落ちて停止。




あちゃー(;^ω^)


余計な事をした時にバイクがブレたのか

ギア比をあやまったのか

せっかくのチャンスを逃がしてしまいました。



ただ、解ったことが一つ。

この場所の土は、あまりトラクションしない

より高いスピードを維持する必要がある場所だったということです。
111_20150117111137ef1.png


土が硬いとそうなるのかなぁ

距離が長いとそうなるのかなぁ

砂が混じると?雨が降ると?


パッと見では分からないけれど、走ると解る事は沢山ありますね。

ダメもとでも、チャレンジするって凄く大切です!!


<(^O^)ニカッ>



この場所で午後3時を過ぎた私たちは

夜の準備も(接待組の体力も)考えて、帰路につくことになりました。


私も大賛成

たけオヤジさんはまだまだ走れるけどライトが無いから仕方ないなぁ!って。

KONちゃん無言(*'ω'*)

YOUさんはセローのセル修理に夢中!(;゚Д゚)



でも

みんな笑顔だったから

今回も濃ぃ~いツーリングを楽しめたことが伝わってきました。





怪我もなく、楽しく終えた走り初め。

夜の宴会も長く笑いが絶えませんでした。


111_20150117113846f5a.png

皆様にはいつもご迷惑をおかけしておりますが

今年も宜しくお願い致します。



つづく!!




































<編集後記>
・取材途中、クルーのカメラを妨害するK。
 以外にも酒に弱く、21:30TKO

 111_201501171142250b6.png



・「ガソリンコックを外して・・・」と必死に訴えるFさん。記憶がすり替わっている!?
 やはり走り過ぎが原因だろう。
 111_20150117114835729.png
 <問2:リアブレーキのフルードが漏れたのは?>







・組長について行けるか!? 2015年1月 KTM125EXC KASUNIN



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいアドバイスをいただき
いい体験できました

125excも最後は粘り!?なのは以外です
最後までドカーっと行かないんでしょうか?

近ちゃんは・・・山の中なら不死身のコンボーだと言ってた気がします・・・mちんが・・・

ユー | URL | 2015-01-17 (Sat) 16:32 [編集 ]


ちくしょー!やっぱ撮られてたね!その後、バイクロケット法によりなんとか尾根に乗せることに成功!!

涙を流して笑ってたんじゃないの?

近 | URL | 2015-01-17 (Sat) 18:23 [編集 ]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-01-17 (Sat) 21:01 [編集 ]


>ゆーさん
>こんちゃん

めっちゃ刺激的でちょっと辛いんそんなツーでしたね。
今年も走って、もっと上って行きましょ!!

>いればさん

うっす! 酒の席なので詳しくは覚えてません(^q^)
またポジションとかルート選びとか教えてください!

かすにん | URL | 2015-01-18 (Sun) 21:24 [編集 ]


 

トラックバック