オフロードバイク+++上上

リベンジ猿投ツーリング③

3度、4度、だけじゃない。

5度、6度と

繰り返して遊場せてもらいましたが、そろそろ次の場所へ移動することに。



かすにんです


時間はすでに14時。今日のメインディッシュへ向かいます。

それはこの場所


しゃらぽあです。
 111_20150102212532568.png
 <こっちは2の方かな。>

 
 
たけオヤジさんのブログを見て思い出したのは

この場所は

私がしっぽを巻いて逃げた年に、

たけオヤジさんとさとやんさんが雨のチャレンジをつづけたという場所です。

ずっと走りたかった・・・思い入れがあるヒルクライムです。
111_201501022139132c2.png
<もう、何も怖くない>

シャラポアは、

距離や角度は先ほどまで遊んでいたヒルクライムより甘いと思います。

ですが、

中盤まで続く助走の先

バイク3台分ぐらいの幅に広がる岩盤区間が凹凸もないことから

タイヤのグリップが心配になるし

途中で止まった場合にバイクが下まで落ちる事を想像させて

ちょっと緊迫感を感じます。



私が助走区間の取り方をセローさんに教えてもらっていると、

さっそく一人目(RMX250さん)がアタックを開始します!




いやー

スムーズ過ぎて目がしぱしぱしますwww

GoPro2の記録によれば、到着数分で登っちゃっています。

ココは下見も必要ないレベルなんですかね・・・そうですかね・・・そうですか・・・(; ・`д・´)



私は・・・入念な下見と、シャラポア2での路面確認を2回ほど行ったうえで

シャラポアへチャレンジ!!




うぉぉおおおおおお!


登ってる途中に感じるトラクションが逆に怖ぇぇえええ



結果としてはスンナリ行けました。

この岩盤に、VE33が命をかけて食らいついているようで

確かな接地感を感じたことと

1速ホールドが当たっていたようです。(^O^)/ヒャッハー!

もしかして、KTM125EXCは猿投だと1速or2速しか使わないのかもしれませんね。



かすにん氏

嬉々としながら尾根へバイクを駐車し

皆さんの撮影に向かいます。


撮影場所は、最も角度がある場所にしたいと考え移動すると・・・

あれ、角度が急すぎて戻れないwww(ノД`)・゜・。
 111_20150103085235e17.png
 <路面がグリップするぞー!!まことさん・まことさんヨメいけるぞーー>

仕方がないので、木の根を掴みながら降りて

まことさんヨメのチャレンジを応援しますが

見上げた時の高低差に若干ちびるのでした。
111_20150103085559b79.png



そんな私たちの爽やかツーリング満喫中

ご案内頂いている体調さんやセローさん、RMX250さんは

サポートをしながらアタックもしています。


私は自分の事で手いっぱいの状態ですが

ふと振り返ると見事なライディングが繰り返されているので

見ていて凄く勉強になります。



私もチャレンジしましたが、3分の1も登れなかったシャラポア2も

2度の下見をおえた体調に突破されていました。

体調のバイクもRMX250なのですが

エンジン音がピークに入っていない様に聞こえるのが驚きます。

それと、動画を見返して思うのは

登っている途中、ほとんどエンジン音が一定な所ですね。


上の方でバイクを2度ほど曲げているけど、スロットル戻さないのかな?

と思うし

エンジン回転がトルク落ちしないのかな?

とも思います。



振り返ってみると

まことヨメさんが初回のチャレンジが終わり

いよいよ、反省点を踏まえた2度目のチャレンジが開始されるところでした。

まことさんのアドバイスを受け

助走区間も私とほぼ同じ。速度的には2速まで上げて一気に坂を駆け上がります!

  111_20150103091950695.png

路面のミューが高いのか、フロントが浮きそうになりながらもグイグイ登り

エンストすることなく一気に登頂を成功!



いやー、マジですごいです。


自分よりも勢いよく、ガンガン登ってゆく姿に感心するとともに

まことさんアドバイスを私も欲しいなーと思ったり(^^;;

同じKTM125EXC乗りとして誇らしいですね!


そしてこの瞬間、女性初のシャラポア登頂という記録が生まれるのでした。

猿投の歴史がまた1ページ・・・






その後も一行は山の中を走りつづけました

ケモケモしい森を抜て、根っ子のはった尾根を走りーーたっぷり・どっぷり。
111_2015010309464391b.png
111_201501030945384ff.png
111_201501030944568a5.png


遠征組の2st125三人衆は

午後3時を過ぎると体力が切れてきます。

良い加減にチャレンジすると失敗して、さらにペースが乱れ

一行の後ろを、なんとかついて行く状態に(^^;;;


セローさんとRMX250さんには先行頂き

要所・要所で引き揚げてもらいました。


みなさんも疲れているでしょう、後半に追い打ちかけてすみませぇぇええん(/ω\)
111_2015010309535073d.png
<ヘルパーが付くなんて・・・このツアー(旅行)にしてよかった!(;^ω^)>


16時過ぎに

最終日のキャンブ場所を確認するため林道に降りました。

簡単な下見もおこなって

これは帰路モードだな・・・と感じていたところ

もう一回山の中に入りました。



そこからは、かすにん氏、終始無言。


実は三時ちょっとには2Lの水が無くなっていて

そこから気力を使って食いつていたのです(;´∀`)

その状態からのリスタートにオオゥ・・・まいっていました。

人間、

一番怖いのは、ちょっとした希望ですね。




ま・・・まことさん家には、きちんとライトが付いてるし・・・

そう考えて後ろを振り返らなくなりました(笑
111_20150103100104dbc.png


最終的にはKXが奉納されている場所で17時近くまで遊び

大満足の大洪水で初日を終えることが出来ました。

全員怪我もなく、バイクも小破損で済んだことも本当に良かった。




バイクを片付けながら今日の走行の事を話していると

やっぱりシャラポアを乗り越えた、まことよめさんの走りと

まことさんが8割位まで登った、あのヒルクライムの話が何度も出てきました。

登れても、登れなくても面白い猿投。

また来年もいっしょに走ろうと笑って年末を迎えられそうでした。
111_20150103101505a00.png
<16:30をすぎると、暗くてGoPro2の映像がよくわかりません>



かすにんは、二人と別れた後に温泉へ行き、体をゆっくり休めました。

温泉は凄く混雑していて(午後7時ごろ)、15分ほど駐車場で待たされるほどです。

駐車場の入り口で待たされている間にパラパラと雨が降ってきて、すぐに本降りに変わりました。

これは2日目の走行があるのかな?と思うほどの雨でしたが

個人的には体力回復にダラダラ過ごすのも悪くはないかな・・・と甘い考え(;´∀`)



たけオヤジさんと合流しましたが

雨だった時には水族館へいく~?とか話していました。




どうせ明日は走らないでーーと、こっそり起きていた真夜中(1時30分ごろ)

缶ビールと焼き鳥缶がススムススムwww

暇つぶし用のPSVitaの中で、沖田艦長が「地球か・・・」と言い出したころ

体調からSメールが届きました。



(ぴろ~ん)


かすにん「えっ


体調さん「この雨は明日晴れます。同じ場所に10時ごろ。」




((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



あわわわわ


見てる?


もしかして見られてる?



さ・・・さぼれん!!



たけおやじさんとおぐりさんいは悪いけれど

明日は走る!と心のスケジュールを書き換えて

おトイレを済ませて睡眠モードへ移行しました。





朝六時に目が覚めると

外は小雨で、十分走れそう。


ラジオ体操を終える頃には

その雨もやみました。



さぁ、二日目です。

つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありがとうございました

本日新潟へ戻りました。昨日S山行くチャンスだったのに家族行事であえなく没に・・。年末は企画立案、ヘルプもろもろありがとうございました!遅れる私に要所要所で待ってるあたり、非常に助かりました!

山 | URL | 2015-01-03 (Sat) 22:14 [編集 ]


2日目にシャラポワ向かったんですが
迷子 そしてバイク故障
行けなかったんです。
次回、私も整備してリベンジ望みたい

ま、でもあそこ面白いでしょ
また行きたくなりますよ

たけおやじ | URL | 2015-01-03 (Sat) 23:31 [編集 ]


 

トラックバック