オフロードバイク+++上上

千葉腰痛ツーリング①ワンパンチ

三連休は本気で行く!!


・・・って


大抵の休日は本気で過ごしているのですが(;^ω^)

今週は久々に痛い目にあいました。



かすにんです



私があった痛い目とは・・・タイルのとおり、腰痛です。

WR-Rに乗っていた時に、1度大きな腰痛を抱えましたが

あれから1年以上。

こんな事になるとおもわなんだな。

  111_20141124153557221.png
 <千葉ツーで集まったのは、今月初めの三連休かな!?>

 
 
ガソリン大排気量Egの漢 Vorさんからご連絡があったのは金曜日。

この三連休中日に千葉ツーリングが企画されているとのことで

先日バイク整備をおこなう予定だった私は飛びつきました。


新品ブーツのナラシが出来るかもしれない。



今思えば、

この千葉ツーを・・・いや、T氏の企画するツーリングをなめきった態度

内なる災いを呼び起こしたのだと理解できます。


何度も痛い目を見てるのにね

前回も泣きの代走を頼んでるのにね

おバカちゃんだからすぐ忘れちゃうの(*´Д`)


111_201411241543196eb.png
<千葉名物、濡れ倒木。これは大盛り5連続ですね。>



今回の千葉ツーはこのスタメンで走ります!@スラムダンク

 TLMにのる、Tさん。(※湘北のゴリさん。キャプテン)

 スコルパのTY-S125にのる、てつさん。(※綾南の仙道。まだ慌てるような時間じゃない)

 スコルパのTY-S125にのる、ひろっちさん。(※湘北のリョータ。千葉走りを知っている)

 YAMAHA WR250Fにのる、N野さん(※翔陽 藤島。オールラウンダー)

 黒GASGAS EC250Fにのること、S藤さん(※綾南 池上。ゲロ登りには定評)

 WR250Rに乗るSさんと(※湘北の三井。先生、俺、バイクに乗りたいっす!!)

 WR250Rにのる、Vorさん(※ゴレンジャー のキレンジャー

 KTM125EXCにのる、私。(※綾南 福田。もっと・・・ほめて・・・)




KTMに軽く修理を行ったことと

スプロケを交換したこと。


そして、ブーツを新しく履き替え
て今回の千葉ツーに臨んだのですが

林道に入る前から

1日中日が当たらない道路には水が残っていたので

林道の中はグチョグチョ?

または湿った土質になっているだろう
と想像できました。


ここでちょっと不安になってきたのは

私が新しく購入したブーツは、SCOTTの350で種別はモトクロスブーツだったので

ソールの形状がフラットだという事。
 111_2014112416194511e.png


このソールでは、ガレ場はもちろん倒木にも全くグリップしないし

千葉特有の粘土質の土には・・・まともに起ち上がっていられないと思います。



最近雨が降ったのは20日(木)だったので

まさか今日23日(日)まで湿りが残るとは思いませんでした・・・(; ・`д・´)

ちょっとショック。



111_20141124162807e62.png
<ツルツル滑って大変だ!!>

林道に入ると、千葉ツーらしくケモケモし始めました。

竹や倒木を越えながら、時より障害物としてキック品がら進みますが

頭で理解していて、十分に気を付けながら走っても

着いた地面に枝が1本あろうものなら、ブーツが滑ってしまいます。


        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄





体を温めるだけに入った最初の林道で

3回もSKR(SUTTEN-KORO-RIN)を決め

おっちょこちょい属性をGETしてファン層を広げる私でした・・・。お尻イタイ。

 111_201411241635472a3.png
 <倒木がありすぎると、トラタイヤも意味をなさなくなる。>


今回の千葉ツーリングは、上記のようなコンディションのなか

苔むす岩あり、ツルツル土ありの低ミュー路面との戦いがおおかったのですが

ブーツが滑る事以外、KTMは快調で

フロント12T リア51Tのエンジンの盛り上がりやすさは好印象を持ちました。



半クラッチの使い方が上手では無い私から言わせてもらうと

「回転数が上がるまでの間に、距離が喰われなくなった」というのが

スプロケを交換した事による大きな変化でした。


WR250Rに乗っていた時にスプロケ交換をした際には「力強くなった」と感じ

何度かスプロケの組み合わせを交換する時にも近い表現をしていたと思いますが

KTMでは「力強さ」より「距離」に違いを感じました。



KTM125EXCはレーサーであり

車重と馬力のバランスがトレールのそれとは別物であるがゆえに

私はパワーを出し切る場所や

如何に効率よく必要な力だけを取り出すかを探求している状況にあるので

姿勢を整える間を作りやすくなったのは大きな利点でした。


想像してください

3m先からの登り坂に対して、

坂の途中からスタンディングONLYで発進しなければならないとき

半クラッチ1速維持でスタンディングして登ってゆくときの

ちょい、とステップにたちあがってから半クラを開始するまでの数メートル。

その間を長く持てるようになったと感じました。



 #WR250Rは低速が少ないので
 #エンジン回転数を高く保てる事にスプロケ交換の意味がありますよね。
 #今回のツーリングであればスプロケもタイヤも今のままでOKですが
 #もっと込入った岩場などでは、低速からの発信が出来るのは力強い武器になるので
 #フロント1T落とし、リア2丁高めがベストです。


モトクロッサー向けトレールとトライアル志向トレール

モトクロス志向タイヤと、トライアル志向タイヤ

この二つの違いが、通れるルートの違いになってる。(+腕の違い)
111_201411241716266f7.png

111_201411241715146e0.png



つるつる岩場を走っている際に、てつさんのTY-S125に乗せて頂けたのですが

タイヤが滑っているのか、どこを通っているのか

ちゃんと伝わってくるバイクでした。


それと、きちんと整備されたトライアルバイクの匂いがしました。(^O^)/

お弟子さん?のS君のWR250Rからはスチームパンクな乗り物の匂いがするというのに・・・


友人のトライアルバイク(モンテッサと緑のやつ)に乗せてもらった時

コンペマシンが持っている「遊びが無い感」をひしひしと感じましたが

TY-S125にはそれがなく

公道用・林道用にチューニングされていることをよく理解できました。


スロットルに対するエンジンの反応がややダルになっていたり

シートがついていたり

ガソリンタンクが選べたり

ステップの位置が高い気がしました、


サスペンションは、KTMと比較して凄く柔らかいとしか解らずでしたけど

アレで40kmちかくスピードを出したら怖いだろうなぁ・・・と想像しますね。(/ω\)ヒャッ




さてさて

ツーリングの方はどんどん山の奥へ。

ツルツル路面と格闘しながら、タイヤのとっかかりを感じながら、順調に進みます。


だんだんと山の尾根に近づいた頃でした。
111_20141124183021de7.png

いつもよりも長めの道路整備が続いたので

先頭にいるTさんへ状況を教えてもらったところ

このルート、最近は知っておらず、道の状況が解らない。

        &

この段階で倒木が片づけられていない所を見ると、
この先も開拓している人がいるとは思えない。


という状況だそうで

確かめながら、林道整備をしながら進んでいる状況でした。




ブーツやらなにやらで

本日の走りには還元できそうにない私でしたが

開拓魂で皆様へお返ししようと意気込むのでした。

111_20141124183419595.png
<倒木多すぎ!!>




少し進んでは、倒木を切り

少し進んでは、土砂崩れの為に戻って別ルートを探したり

千葉ツーも面白いことになってきました!

111_20141124184623ce3.png
111_201411241847167c1.png
111_201411241850532b0.png
111_20141124185200f7d.png



やぶと言うか、倒木漕ぎをひたすら進んだ私たちは

少しだけ開けた盆地に出ました。

続くルートは、斜面を上った先にあり

ぬかるんだ路面を的確にとらえて登るしかない・・・という場所です。


この人数で登ると、後半に回された時に路面が大変なことになるので

念のため迂回ルートを探しますが

どこも斜度があるし木と木の間が狭く、加速が出来そうにありません。


結局本来のルートから登ろうとした時には

列が出来て、5番手あたりになっていました。(ノД`)・゜・。トホホ

111_20141124185744558.png
<見上げる千葉レンジャーたち。>
<モトクロスタイヤ「よろしくニキー  トラタイヤ「くっ・・・>


この場所はあまり掘らずに加速で切り抜けたいのですが

5番目ぐらいになっちゃうとそうもいかないので

先の人が走っていないルートを探しつつ

リアタイヤからトラクションを抜かず走りました。

KTMのVE33なら、クイッっとごく自然に昇れたし

代走したWR250R※+トライアルタイヤ5部山だと道を選べば何とかなりました。


111_201411241907193a1.png
<Sさんの目は、WR-Rを見ていない。帰宅後の、美人視界を常に見ているのだ!!>
 

ってか、久々にWR250Rに乗りましたが

パワーは十分ですね。

バイクの重さも、味わいだと思えばそれ程嫌になりません。

一日中乗っていると癖が付きそうで嫌ですが・・・局地的な代走なら私もまだ走れそうです。


今思えば、WR250R+トライアルタイヤは

エンジンを回さないとパワーが出ないWR-Rなのに

タイヤを空転させてしまうとトラクションを生まないという部分があったので

ある程度アクセルをあおってクラッチを繋いで

一度、タイヤを空転させたあとアクセルを戻した時にタイヤが噛む瞬間

発進時のきっかけに使うと良い

そんなバイクでした。


体格に恵まれて、両足立ちが出来た私の使い方ですが

空転してしまったらスロットルを戻して噛ませるしかない。

空転させないでエンジン回転数を上げるには、スプロケしかない。


この点だけはあっていると思いますよ。



盆地を抜けた私たちは

倒木を倒木を倒木を越えて、

更に倒木の下をくぐってくぐって・・・時より伐採を繰り返しながら

数百メートル1時間ぺーすで前に進みます(;^ω^)


GASGAS S藤さんのリュックをタイラップと針金で裁縫して

女子力の高さをアピールしながら千葉ツーは続きます。


111_20141124192337ddc.png
<キャッキャッ ウフフ>


111_20141124192741ab7.png
<ギャーギャー ワハハ>





そんなアットホームな雰囲気の中

あの衝撃が私を襲いました。






つづく!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

彦一 

頑張ってるじゃねえか!


負けねえ!!



 mフン | URL | 2014-11-24 (Mon) 21:42 [編集 ]


楽しそう(^o^)

白いブーツ姿が見てみたいっすね♪

ユー | URL | 2014-11-25 (Tue) 07:11 [編集 ]


Re:

mちんさんが彦一しってるんかい!
スパンク辺りだとおもってたよ。(^q^)


かすにん | URL | 2014-11-25 (Tue) 18:38 [編集 ]


Re:

ブーツは良いんですわ。これが。
悪いのは走る場所を選ぶ私よ。


ガエルネ買うわ。

マジで。(T-T)

かすにん | URL | 2014-11-25 (Tue) 18:39 [編集 ]


 

トラックバック